« クーペの車検整備2017 | トップページ | キーレスエントリーを偽造する »

2017年5月 4日 (木)

クーペの車検整備2017その結末

自宅自前リフォームが思ったより大変で全身バキバキになってますがそのネタは又成功したらね。
 でもって我がクーペの車検なんですが実は昨年9月で切れちゃった。
勿論気が付いて無い訳では無くて「やんなきゃね」とは思いつつ気が付いたら年越しの三月になってましたとさ。
 まあ都下とは言え都心部では無いけれど普段生活する分にはクルマが無くても全然困らない環境なんでそうなっちゃうんですけどね。
で~~いつもなら自前ユーザー車検でお得意の「見なかった事にしてぇ」攻撃でサクサク車検を取得するのですがね。
 今回はその道のプロに診て戴いた方が良いかな?と思い徒歩5分以下の超ご近所M自動車さんに整備を委ねました。 

Kimg1229

このM自動車さん、広々としたショールームにはMF10にPD100にUP15にRT55に・・・更にバイクではトーハツのCA2に??え??なんだそりゃ??
ワカル人が判ればそれで良いのです。
でもって実はあれこれ紆余曲折がございましてね・・・・シクシク。
今までの「見なかった事にして」攻撃のツケがイッキに噴出しまして思わぬ出費になっちゃいました。
とは言えM自動車さんがボッたくりで??では全然無くてね、逆に立場が変わればこんな車は絶対車検整備なんて御断りすると思う位あれこれダメ出しされました。
ただ自分の名誉の為に書いておくと何れも決定的な問題では無くどちらかと言うと予防整備的な部位なんですけれど(ブツブツ)。

ただご指摘の課題も有りましてまずFアブソーバがそろそろダメかもね?とか?

Kimg1228

このFアブソーバ―は確か何年か前に自前レストアした時にT県の某オーナーさんからお譲り戴いたJTクラウン用のそれでしてね。
 シリンダ側のフランジを切断して取り付けしたのですが自分的にはかなりオキニだったのですがねぇ・・・・まあエンジンをG180WE怪に換装して重量も増大しているので確かに押さえが効かなくなってるのかな?
 お次はミッションでね、入庫する時に「このミッションオイルは30番だからね、まさかとは思うけど間違っても90番なんか入れないでね」と言うてたら・・・・

Kimg1226

「ミッションケース側のフィラーボルトがナメてますど???」と言われ愕然。
 このミッションはPFジェミニとPA95用の合体ミッションでね、予備部品も有ったんですがまさかドレンボルトのネジ山が潰れるとは全くの想定外でミッションケースは某所にお嫁入りして手元には無く(泣く)。
まあ最悪はヘリサート加工でもして貰うしか無いですね。

んがっ!悪い事だけでは有りませんでね、幸いクーペなオトモダチから中古ながら未だ使えそうなモンローのアブソーバをお譲り戴き近々交換予定です。
サテどんな乗り味に変わるやら?楽しみ楽しみ♪

|

« クーペの車検整備2017 | トップページ | キーレスエントリーを偽造する »

117の事」カテゴリの記事

コメント

いつのまにか更新されていたんですね(汗)
結局懸案のホイールシリンダーは新品で仕上げましたか。
ミッションのフィラーボルトはたぶん新品があると思いますよ、ボルト関係は他車種と共通なのか
予想外に入りますよ。

投稿: カタカタ625 | 2017年5月 6日 (土) 19時01分

うちもフィラー舐めてますが、某アクエリさんで純正より長めのボルトを入れてもらい、無問題です。
純正のボルトはネジ穴に対して少し短いみたいですよ。

投稿: mmdaichi | 2017年5月 6日 (土) 20時50分

ご指摘ショーグン様
>ホイールシリンダーは新品で
 右のシリンダーは二年前に新品交換したのですがねぇ・・・プロ曰く「左右は新品に交換しなきゃダメ!」と言われ素直に従いましたがね・・・・諭吉様が二名少々お亡くなりになりますた(号泣)。
 実はフローリアンバン用の7/8シリンダーシリンダーが手元に有ったのですが互換有りと判ったのは例の呑み会でK工場長に教えて戴いてからでした。

>予想外に入ります
いやマジで有り難いと思うです。
いすゞさんが乗用車を生産しなくなって幾年月?
 ダメモトで手配依頼すると「在庫有りますけど?」と言われ注文した方がカウンター前で腰を抜かす事幾たびか。

投稿: うんちく | 2017年5月 7日 (日) 22時10分

トモダチんこM山さん
>うちもフィラー舐めて
 ヤハシ?ただウチの場合はミッションケース側なんでうが??

>純正のボルトはネジ穴に対して少し短い
 へぇぇ?聞いてはみるもんですな・・・で?そのボルトってホムセンのナマクラボルトじゃダメ???(基本貧乏性)

投稿: うんちく | 2017年5月 7日 (日) 22時13分

で、舐めてるのはドレンボルトかフィラーボルトのどちらの頭ですか?
それともどちらかのミッションケースのねじ山?
ボルトの頭ならボルトを交換して終わりですね。
ということはどちらかのケース側のねじ山ですか。
そんなのこわれるのかなと思いますが、
mmdaichiさんが経験済みなんですね。なるほど。
しかし、どちらもきつく締めすぎですよね。
足でけらないとゆるみません。

投稿: keiji117 | 2017年5月 8日 (月) 20時56分

うちはフィラーのケース側のねじ山です。
アルミなので、やっぱりケース側が削れるんでしょうね。
何のボルトを流用しているのか??ですが。

投稿: mmdaichi | 2017年5月 8日 (月) 23時41分

あと、某アクエリさん?と書きましたが、某K工場長だったかもしれません。
その筋では常識だったりして??

投稿: mmdaichi | 2017年5月 8日 (月) 23時44分

久々の訪問www
オークションで出回っている117クーペ用の
モンローは品番検索かけると解るのですが前後共に
クラウン用です。
取替前の物がクラウン用との事なので同じ?かと

インプレとしては純正スプリングには減衰力が強すぎる傾向が
あり、トヨシマ等の強化サス(出来ればフロントを
カットした状態)でシックリくるのではと思われます。

経験的にミッションオイルについては硬さより極圧性の問題で
エンジンオイルを入れろって言われているのだと思われます。
五速ミッションはトップギアでの高負荷運転でスグにギア鳴りが
するようになるのですが、極圧性に優れたオイルに交換すると
静かなミッションにする事が出来ます。
この極圧性に優れたオイルと言うのが問題でギア鳴りが治まった
=ミッションの状態が良くなったと勘違いしてしまい、再度
トップギアでの高負荷運転を行うとギアが欠けてしまいます(涙
これはミッションを3機ほど駄目にしてしまい気付いた事です。
なので硬さ指定ではなく規格を指定するべきだと思っています。


投稿: 池ヤン | 2017年6月17日 (土) 09時16分

超カメレスゴメンのKeijiさn
>それともどちらかのミッションケースのねじ山?
 要するにミッションケース側でしてね、ブログにも書いた様にヘリサート加工する以外に道は無し(涙)。
 てかその前にミッションを搭載したままヘリサート加工なんて出来る??訳無いし・・・ハテ困った。

投稿: うんちく | 2017年6月19日 (月) 01時23分

こなたも超カメレスゴメンのM山さん
>うちはフィラーのケース側のねじ山
 同じですね、今まであのボルトを緩めたのは三度だけなんですが簡単にねじ山が削れるって???
なんで??

投稿: うんちく | 2017年6月19日 (月) 01時25分

ご指摘ikeやんさん
>前後共にクラウン用です。
現状ではFはクラウン用でRはAE86用なんですがRはそのままポン付けながらFは下部のフランジが長すぎてグラインダーでCutしましたが??これも同じなのかな??

ご指導Ikeやんさん
>トップギアでの高負荷運転を行うとギアが欠けてしまいます
 ゲゲゲゲ??マジ??実は1速でスタートしたら2速に入れ4千回転あたりまで引っ張って更に???5速に入れズボラしてたんですがね??ダメみたく?

投稿: うんちく | 2017年6月19日 (月) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/70459218

この記事へのトラックバック一覧です: クーペの車検整備2017その結末:

« クーペの車検整備2017 | トップページ | キーレスエントリーを偽造する »