« 夏だ!クーラー??だ?? | トップページ | 久々にクーペのクーラーを弄る(頓挫編) »

2016年7月24日 (日)

ハミングがやって来た(その8)

あいや・・・・・四月にこのハミングがやってきて早3ケ月が過ぎ??どうなった??
どうもこうもどうにもならない状態に陥りましてね。
無事エンジンは始動したもののスローが効かない状態でね、チョークを引いている内は良いのですがこれではエンジンが吹けない、とは言えチョークを戻すとエンスト。
 もう明らかにパイロットジェットが詰まっている。
 そこでキャブを分解してクリーナードブ漬け一週間でもダメで更に灯油ドブ漬け1習慣でもダメでサッサと諦め代用のキャブをY!で探すもののナント最高値は中古OH済とは言え3万円近くするのです(誰も買わないけど)。
ならば代用キャブは??でこれ・・・・トホホホ。

Kimg0561_2

これ!「ホンダハミングにカワサキMachⅢの2stエンジンでも積んだか?」みたいな?何故キャブが三個も有るかと言うと・・・・シクシクシク(涙)。
 まず一つは同じホンダのカレン用キャブなんですがね、確かにフランジもボアも同じなんですがオートチョーク。
 しかも電気式では無く機械式でしてナントシリンダヘッドに取り付けた熱交換機からの負圧を利用しておるのです。
 ならばバラして手動チョークに??出来ないのです。(説明略)
 仕方無く又懲りずにホンダさんの同じ事態の原チャリキャブを求めた結果ホンダスカイなるバイクのキャブをGet!???到着して確認した所愕然でしてね、インマニ側のフランジ間隔が2mm程大きいのです・・・・
 でもって又原点に戻り搭載されていたオリジナルキャブをOHすべくおそうじ用ニードルを買い求め(900円)コツコツやる事数日。
けどやっぱりパイロットジェットは貫通せず、フト気がついてアイドルスクリューを外しそこからキャブクリーナーを吹き込んでニードルでツンツン♪それでもダメで今度は何を思ったのやらCRC556(モドキ)をプシュ!で又ツンツン♪と??アレ???それ迄何か当たっていたのが崩れた感触がニードルを通じて感じたのでエアブローをしてPJの穴から透かして見ると?

Kimg0560ジャン♪赤丸で囲ったのでよく判ると思うのですが見事PJの詰まりは解消しあたかもピンホールカメラを通じて眺めているかの如くで道路向かいの木々の緑が拡大されて見えます。

 大喜びで早速組み立て開始!Kimg0562

フロートにOFバルブ付けてキャブ本体にねじで固定し薄く液体パッキンを塗布してはみ出さない様に注意しながらチャンバーと各スクリューを取り付け組み立てはホンの数分で完了。

Kimg0563

ウエスで丁寧に汚れをふき取りハミングに固定します。

Kimg0566

更に撤去していた蓄電池やらケースやらを固定し配管も全てすませ抜き取っていたガソリンをタンクに入れてチョークレバーを引きイザ!エンジンスタート!
ん????あははは実にキック二発で無事エンジンが目覚めましたよ。
 少し空回ししてエンジンが温まった所でチョークを戻しマイナスドライバーでPJとMJのスクリューを適当に調整してとりあえずオシマイ。
 大袈裟やも知れませんがこのハミングのエンジン(キャブ)の事を考えるとイライラし通しでね。更に大枚叩いて買ったキャブは何れもつかえず我乍らのバカさ加減に落ち込みもしましたが結局皮肉な事に元々のキャブで無事生き返りました。




以前やったいすゞ製4サイクルDOHC8バルブ水冷4気筒電子制御燃料噴射方式で

Img_1077

1949ccエンジンに比較すりゃもう玩具みたいなものでバカにしていたのですがね、まさかこれ程難儀するとは。(とは言え単にPJの穴一個の話ですが)
 まあまあ楽しませて戴いたので安い買い物だった??
実はキャブ代金で車両本体の購入金額に迫る勢いだったのですがこれはまあナイショって事で。
 さて自賠責保険でもかけに行ってこよっと。

|

« 夏だ!クーラー??だ?? | トップページ | 久々にクーペのクーラーを弄る(頓挫編) »

ナナハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハミングがやって来た(その8):

« 夏だ!クーラー??だ?? | トップページ | 久々にクーペのクーラーを弄る(頓挫編) »