« やっと終わりか??パイオニアチューナーアンプSX616 | トップページ | ハミングがやってきたその2   »

2016年4月12日 (火)

ハミングがやってきた

我がクーペを見る都度乗る都度思うのですがムキになって117クーペの自前レストアに取り組んでいたのは果たして何処の誰だったのか??ナンテね。
 誰がって自分なんですがね、別にボケて忘れてた訳では無くあの頃は理屈抜きで夢中になりかつ夢中にならないと結論が出ない出せない状況にあった。
つまり簡単に言うと自分で自分を追いつめてたんですね。
 翻って今、別にそんなことをしなくてもとりあえず我がクーペはクランキング半回転で軽くエンジンは息を吹き返すし峠だって低レベルながら自由自在、増してや自前チューン&組み立てのG180WEはパワフルですもんね。
 これではイケ無いと思い又自分を追いつめる為に手を出したこんなモノ。

Img_22810ホンダさんちのハミング??1/4??じゃ無くてNC50なんですがね。
別に思いつきで入手した訳では無く勿論盗んだ物でも無く某オクで落札した約30年以上前に原動機付自転車でね。
 と言うのもクルマでは大袈裟(近い)が歩くには遠いし電車やバスの便も無ければチャリも無い(不便)な所に移動する場合維持費が安くて邪魔にならない乗り物?となるとこれ。
 とは言えプラスチックのハリボテみたいなスクーターは嫌いだし軽快でオシャレな?となるとこれになっちゃってね。
 出品者は都下西部に位置する某ベッドタウンで拙宅からクルマで約40分程、とは言え流石に117クーペでは搭載出来ないので借り物クルマで引き取りに行ってまいりました。
 これが又凄い所でね、住宅地が広がる街並みを過ぎて某秘密基地みたいな所。

Kimg0075

 桃源郷はこの先なんですが個人情報も有るのでその様子は撮影してませんがね、あちこちオタカラバイクだらけ。
 売り主さんから指示されさて積み込み!とあれこれやっては見たもののハンドルが邪魔してどうにもならず敗退。

結局少々の対価を支払い同日の夕方にお届けして戴きました。
 その日はカバーを被せて狭い庭先に置いといて翌日からワクワクドキドキのバラし開始。
 

Kimg0085

錆が酷いフロントやリアのキャリアに劣化し汚れているレグシールドにウィンカーにヘッドライトハウジングは全部外して錆取りします。
 更に定番のマフラーも外してみたのですがお約束通り二本有る固定ねじの内1本は錆で回らず。

Kimg0090

こんな時はサッサと諦めてドリルで揉み取ってしまいます。
 で!正体を現したマフラーは??

Kimg0091

酷く錆てますけど2ストエンジンなので穴が開いている訳でも無く錆取りの後塗装すれば何とか使えそうで一安心。
 ノンビリやって2時間程でこんな感じでバラバラになりました。

Kimg0086

でもって判ったことを備忘録代わりで。
1、蓄電池とエアクリ・ミラー無し
2、予想通りでパワーユニットと前後ホィールは雑な塗装で誤魔化し済
3、エンジンの圧縮は有りキックも降りる
4、メッキ部品はほぼ全滅
5、ブレーキは多少の余裕も有りシューは使えそう
6、タイヤも雑な塗装がかかっているものの残山は8部位でひび割れも無し

他にも色々ありますがまあ予想通りですし対価を考えると良い買い物では?
 実際過去の某オクを調べて見ると新車未登録の当時モノの同車が6桁手前の金額で落札されていた実績も有るので原チャリの中ではモンキーやDAXを除けばかなり人気の有る車種の様です。
 まあクーペのレストアと比較する迄も無い話でムキになっちゃうと楽しみも無くなるのでボチボチと安く?コツコツと取り組みたいと思います。

 

|

« やっと終わりか??パイオニアチューナーアンプSX616 | トップページ | ハミングがやってきたその2   »

ナナハン」カテゴリの記事

コメント

これが噂のハミングですか。
白とブルーの組み合わせが良いですね、磨けば案外と光ってきますよ。
光らない部分はお得意の塗装技術で吹いてあげれば、買い物の足にはちょうど良いでしょうね。

投稿: カタカタ625 | 2016年4月12日 (火) 19時24分

ご指摘かたかた隊長
>白とブルーの組み合わせ
 そ~~なんですよ、クーペはクリムゾンレッドでVF750はトリコロールのキャンディーでしょ?
 又赤じゃヤなんで青を探してました。

>お得意の塗装技術で
 クーペを全塗したのはいにしえの昔、華麗なるガンマンや何処に?
メッキ部はハケ塗りのブラックアウトにしてホィールは総剥離後缶スプレーで銀色に、ウィンカーとエアクリと電池ケースとフェンダーだけはガンでオフホワイトにするかなぁ・・・
と考えているだけで少しだけ幸せな気分になります。
 で~~!レストアが完成したら隊長のモンキーと交換します??ね???ね???ね???え??ヤダ??ケチやなぁ・・・・

投稿: うんちく | 2016年4月12日 (火) 21時36分

最近クーペ弄りネタが少なく思っていましたが、レストアの血が騒ぎ出したようですね。
と言ってもアンプなど音響機器のレストアはバリバリ現役ですけどね(笑)

自分もクーペが安定期に入って、ラビットS601B(1960)のレストアを始めまたので、判るような気がします。
やはりレストアは楽しいですね。頭や体も使って作業に集中してると、嫌な事も忘れて夢中になれます。
部品の調達も大変ですが、問題の解決に苦労すればするほど達成感は大きくなりますからね。

止まれない、うんちくさんのハミング公道復帰を楽しみにしてます。
PS、メッキ類は如何するのか?

投稿: こうたの父 | 2016年4月13日 (水) 22時19分

出遅れました。
>最近クーペ弄りネタが少なく
なんですよね、自分でもよく判らんですがとりあえず走るには何ら問題無いのでつい。
基本的にグータラのダメ人間なんで追い詰められないと何もしないし出来ない奴なんです。

>ラビットS601B(1960)のレストアを始めまた
 ラビですか??ラビねぇ・・・マルマルコロコロのあのラビですよね??実用性には乏しいかも知れませんが是非公道復帰させてやって下さいな。

>ハミング公道復帰を楽しみに
 はいはい、当初は所詮原付チャリとバカにしてたんですがね、バラして見るとこれが又難物でして。
 然るに117とハミングのエンジンは正に究極の対決。
方や水冷4サイクルDOHC4気筒電子制御燃料噴射 VS 空冷2サイクル単気筒VMシングルキャブですからね。
チェンはおろかカムもバルブも無いけどちゃんとエンジンとして成立しているんですからね、何を今更でビックリです。

グサグサのこうたぱぱさん
>メッキ類は如何
 当初は完全に錆もメッキも剥離してリクロームなんて考えてたんですがね、メッキ代は案外安いのですが剥離作業で挫折。
 多分ですがメッキ風味かブラックアウト塗装で誤魔化す事になると思います。

投稿: うんちく | 2016年4月17日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハミングがやってきた:

« やっと終わりか??パイオニアチューナーアンプSX616 | トップページ | ハミングがやってきたその2   »