« ハミングがやってきた(その3) | トップページ | ハミングがやって来た(その5) »

2016年4月24日 (日)

ハミングがやって来た(その4)

やっぱりね、自分でもそんな気がしてたんですが案の定ハミングにハマってしまいました。 折角の日曜だと言うのに朝早くに目が覚めるともうソワソワいそいそでね。
 で!外を見ると無情の雨・・・で~~もやれる事は数多でね。
 入手した後点検をしていて蓄電池が無いのに気がついて6V2AHの電池を探したのですが手持ちは無いし新品を買うと2千円以上もします。 
折角本体を安く買ったのに電池如きで2千円も出せませんでね、あれこれ考えて電池を偽造。
 押入れをゴソゴソやって探し出したるは電解コンデンサで16Vの2200μFを6個に使いかけのユニバーサルボード。

Img_2299

ハミングは電装系が6Vなので耐圧はその√2ですから規格電圧16Vで容量は??イグニッション系が何故かCDIなんであんまり電圧変動が大きいとマズい?と思い2200μFを6個奢り並列で13200μF。
 6個の電解コンデンサをユニバーサルボードに挿入してハンダ付け。

Img_2301

相変わらず下手なハンダ付けですが仕上げにギボシ端子付のケーブルをハンダ付けしてどうやらデケました。

Img_2302

出来れば即エンジン始動?したいのですが未だレストア半ばなんでこれはこれでおしまい。
そんな事をやってたら昼前から晴れて来たので外に出て昨日の作業の続きにかかります。
 今日のメニューは前後ホィールの再塗装がメイン。
オリジナルでは銀色なんですがどうやら売り主さんが黒ペンで塗装してしまってる上に剥離も錆取りもマスキングも何もしないで缶スプレーでシュー??みたいな状態。
リアホィールは昨日外してシンナーで塗装を落としワイヤーブラシで錆取りはしたもののフロントは手付かづでね。最初はコンナ。

Img_2303

酷いでしょ?とりあえず牛乳箱にスタンドを乗せてフロントを浮かせてシャフトを抜き取りホィールを外す。

Img_2306

更にブレーキプレートも外したのですが泥と錆の上からペンキを吹いているのでもうドロドロ状態。
 所が内部はと言うとこれがビックリでしてね。

Img_2304

ブレーキシューは殆ど摩耗無しなんですよ、恐らくですがこれ新車で購入してから殆ど乗られず軒下雨ざらし状態だったのでは??と言うのも2ストバイク整備の常識でまずマフラーに堆積したカーボンを焼くべくブタントーチで炙ったのですが煙さえ出ないので内心「アレェ??」とは思ったんですがね。
けど喜んでいる場合では有りませんで昨日に引き続きシンナーで旧塗装を剥離してマスキングテープで下処理の後シリコンオフで脱脂してさて缶スプレーでしゅーーーーーと。

Img_2307

シクシクシク・・・塗装前に缶スプレーを湯煎して温めたのが逆に災いしたのかな??やたら圧が高くアッと言う間にタレまくり。
 まあ乾燥したら多少マシにはなるとは言うもののチト酷いですね。
 2時間程放置し乾燥を待つ間にハンドルやらグリップやらの錆取りに研磨等を済ませてから装着してみました。

Kimg0115

でもってホィール塗装後のコチラが斜め前からでね。

Kimg0117_2

こちらが後ろ斜めからで残念ながら時間切れでリアホィールは塗装出来ずながら仮でフェンダーも固定してみました。

 最初はたかが原チャリと思ってましたけどこれはこれで面白いでせうね。

残る作業は?樹脂部品は全部割れを補修した後サフを入れて再塗装のつもりでしたがそれやってるとかなり先になりそうなので先送りしまずエンジンの始動を優先しようかな??と考えてます。
 アト頭が痛いのはエアクリとステップとキックアームのラバーが無いんですよね。
 汎用品とかカブ用とか??流用出来る部品を探さなきゃね。

 さて明日も仕事だし寝るかな・・・スヤスヤ♪

 

 

 

|

« ハミングがやってきた(その3) | トップページ | ハミングがやって来た(その5) »

ナナハン」カテゴリの記事

コメント

うんちく輪業の旦那さん、楽しそうですね。
ところで(その3)が二つの記事になっていたんですね、最後の「お」って暗号ですか?

エンジンの稼働が少なそうなのでアタリの車でしたね、

>アト頭が痛いのはエアクリとステップとキックアームのラバーが無いんですよね。
こんなの居酒屋に1回行くと思えばすぐに買えますよ(^_-)-☆

投稿: カタカタ625 | 2016年4月25日 (月) 11時17分

命名?かたかた隊長
>うんちく輪業の旦那
よく考えたら二輪は16歳から乗ってますからね・・・(遠い目)。

ご指摘かたかた隊長
>最後の「お」
 まず通番は・・タハハハ♪好い加減な性格マルダシですな。で~~その「お」なんですがちょい前に書いたP社製アンプの修理ネタでも同じ様な症状が。
 どうもこれココログのバグみたくで修正したら又違うパターンだったりで。

>稼働が少なそうなのでアタリ
 そぉ~~なんですよ、これ2ストエンジンなんで儀式としてマフラー焼きをしたものの幾ら焼いても薄い煙が出る程度でね、あれぇ??とは思ったんですが。
記事の写真にも有る様にブレーキをバラしてビックリでシューそのものは角が取れた程度だしドラム側にも細い傷が多少有る程度で摩耗痕も無い。
 推定ですがこれらの症状からして新車降ろして多少乗りはしたものの二輪によく有る軒先雨ざらし放置プレイだったのでは?と。
その内黄色ナンバーに変更すべくボアアップするのでシリンダの摩耗状態を観察してみますね。
 しかし・・・二輪は楽しいなぁ。

投稿: うんちく | 2016年4月25日 (月) 22時22分

うんちくさん
 面白そうですね。
私もはやくカルマンギア復活作業に戻りたいものですが、未だ雑事
に忙殺されています。そんな雑事に煩わさせられて人生の大事な時間
を無駄にしているんでしょうね。
 でもいつも感心するのは作業が速いですね。あと数日で完成しそう
じゃないですか?あんまり速くやっちゃうと次の獲物がまた欲しくな
っちゃいますよ♪

投稿: 四方山果無 | 2016年4月28日 (木) 06時03分

明日?今日から??10連休なワタシ
相変わらず煩悩テンコ盛りの四方山さん
>カルマンギア復活作業
 え~~あれ?まだ有るんですか??早くやんなきゃね??アゴアシ付ならお手伝い行きますよ。

>人生の大事な時間を無駄に
 無駄か否かは本人じゃなきゃ判りませんから難しい、けど今まで沢山人間やってきましたからもうジコチューで良く無いですか??人様に迷惑かけたり法律やモラルに違反しなきゃ何やろうが自由とか?ね?

>作業が速い
これでもかなり抑え気味なんですよ、だって楽しい時間は早く過ぎて欲しく無いものの楽しいとムキになっちゃってね、2サイクルキャブ仕様の空冷単気筒エンジンVS水冷4サイクル4気筒DOHCのECGI制御エンジン究極の対決だと思いません??このギャップに萌えるのですよ、ワタシやっぱ変なのかな??

投稿: うんちく | 2016年4月29日 (金) 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハミングがやって来た(その4):

« ハミングがやってきた(その3) | トップページ | ハミングがやって来た(その5) »