« リビルトバッテリーに手を出してみる | トップページ | この木何の木?? »

2016年1月11日 (月)

VVV DE V675

このタイトルを見て何の文書(電文)か判る方?ワタシのブログ友達では四方山さん位かな?
序に電鍵も叩けたりしてネ、そりゃワタシもでございますが、ワタシの場合電鍵を叩くと言う感覚は極めて希薄でしてどちらかと言うと触れる?かな?

Img_2101_3

こちらワタシの愛用電鍵?と言うか左はエレキーで右は電鍵なんですが極めて特殊と言うか横振れ電鍵と言うヤツでしてバグキーでも無ければエレキーでも無く、その送り出される符号には独特のクセが有る(短点が短く長点が長い)のでありますよ。
 え「タイトルと何の関係が有るか?」ですと??今回は今までより以上に能書きが長いでっせ。

 好き嫌いに関わらずB29と言えば日本全土を焦土と化した無差別絨毯爆撃に加え広島と長崎に原爆を投下した米陸軍の戦略爆撃機である事をご存じの方も多いかと。
 タイトルのV675はその内広島に原爆を投下したエノラゲイ号に付与されたコールサインでね。
 出撃前に管制塔及び僚機との試験通信を行い周波数の調定を行う時に発信する符号がタイトルのそれ。

455room

こちら拾い物の写真ですがそのB29の通信卓の様子でして空間に制限の有る航空機ながら広々としてますな。
 この写真の中央付近に扇型のダイヤルスケールが装着された無線機らしき物が見えるでしょ?こちらがBC348と言う短波受信機で高周波2段の中間周波3段でカバレッジは200Kc~18Mc(Hzにあらず)のシングルスーパー型。
 航空機用とあって軽量化にも重点が置かれており筐体やシャシー等は大変頑丈なアルミで作られてます。
 で~~実は・・・・・

Img_2081

やっちまいました・・・・・イヤ・・・夜中に酒をチビチビやりながらヤフオクなんぞを眺めているとロクな事は有りませんでね、特にどうしても欲しいと言う訳では無いのですが何故か右手が滑ってつい「入札」ナンテね、勿論出品価格がやたら安い物限定で間違って落ちても払える金額の範囲なんですが。
このBC348で言うと概ねの相場でとりあえず使えるぞレベルだと7万円から10万円程度かな?
 よってお値段もお値段で超格安(相場に比較して)なので「落ちる訳無いしな」と楽観的に構えてたらいつまでたっても誰からも入札は無く次第に滝汗状態に、そして迎えた終札時刻・・・・でチ~~~~ン♪で落札になっちゃいました。(何度やっても懲りて無い)

落ちた物は仕方ないで出品者と連絡を取り到着したのが土曜でしてね、早速状態確認をば開始なんですがあちこちのサイトを調べたものの殆ど英文で日本語で解説されたサイトは少なく、一応コチラが正規の状態。

Sbc3481

ワタシが今回入手したそれと比較するに一見してかなりの改造がなされていることは明白でして覚悟はしてたのですがね、結論から言うと恐らくもうオリジナルには戻せない位の改造で少々ガッカリでした。
筐体自体にもかなり手が加えられておりシャシーを引き出すにも一苦労したのですがね、やっと引っ張りだしてみるとこんな感じでして。

Img_2089

まずシャシー右後方に有るべきダイナモは無くその代わりにAC100Vの電源ユニットが鎮座。
オリジナルは航空機搭載用の為電源入力はDC28Vなのですが真空管式ですから高圧が必要。
 その為にDC28Vのモーターで交流発電機を回し高圧を得ておるのでしてまあこれは改造の中でも定番中の定番ですから良いとして。
決定的と言うか壊滅的なのはその上の中間周波増幅段で明らかにオリジナルとは相違する中間周波トランス群、更に本来有る筈の無いST管が三本林立。
 ちゅーか我乍らシャシーを一見しただけでその構成(ブロックダイヤ)が判ってしまうってのは今の時代もしかして骨董品人間?
 更に余計な真空管の型番だって上から覗いただけで判っちゃう(涙)。

Img_2091

Img_2100

 

80Bに6ZDH3Aに42でしょ?これ?(誰に聞いてる?)
 各々両波整流で検波兼電圧増幅で電力増幅ですよね??(だから誰に聞いてる?)
何故壊滅的かと言うとこの受信機の中間周波数は915Kcでしてちと特殊。
普通は455Kcですしもうチェックする迄も無く今回入手したBC348に使われているのは戦後日本で生産された455Kcのトランスに相違無いかと。
 がっかりしつつシャシー裏をチェックすると??あららら・・・

Img_2095

予想通り大幅な改造がされており更にペーパーコンデンサは殆ど全滅?かと思える程腐ってたりパラフィンが漏れていたりでオリジナルに戻すのは諦めるとしてもこのまま修復するのさえ相当な困難が予想されますし、何より回路図も無い。
 勿論最近の三層スルホール基板じゃ有りませんから現物から回路図を起こす事は出来なく無いけど想像しただけでも恐ろしい程の手間とスキルが。

 

Img_2094

とブツブツ言いながらフト気がついた、使っている部品の特徴からして恐らく昭和20年代後半から30年代前半?今の日本と比べて未だ物も無く有っても恐ろしく高かった時代にこれだけの部品を買い集め、あまつさえ自前で中間周波増幅部を設計し調整しちゃうって??
 その知識もそうですがこの見事な芸術的とも言える空中配線を見るに相当な技術力と経験を持ったOMさんである事は間違いないですね。
 その時代にこれだけの物を自力で作り上げた情熱を思うと無碍に「オリジナルを破壊しやがって」とバラす事は出来ない、アホやも知れませんがその情熱を受け継いで今に蘇らせてやりたいな?ナンテ少しだけ思ってますがどうなりますやら??

 所でこの受信機は本当にB29に搭載されていたのか?更に搭載されていたなら戦時中に日本の空を飛んだのか?製造番号からあれこれ追いかけてみましたが判然とはしませんでした。
 と言うのは数は少ないながら同じく米陸軍のB17にも搭載されていたのですね。

Pdvd_00723089

こちら映画「ドレスデン」のワンシーンなんですがやはりBC348が搭載されている事が判ります。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%B3-%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%97%A5-DVD-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B000V3KN9O
千円なら安いですよね・・・買うかな?(股始まった)
 所でこのBC348と組み合わされて使われてた送信機がこちら。

80ef2b95s

BC375でね

6k6nazhkgbwxujxxk6evnw_10

使用

Img_1784_2

されている真空管はファイナルも源発信もUV211でパラで70W程度出ていたそうですが・・・これでしょ???
なんで集まって来るかなぁ(涙)、ちゅーか勝手に歩いて来た訳じゃ無くてこのタマで真空管アンプを作ろうと思い昨年秋に買ったんですがね、人生そんなもん?

 昭和20年8月6日、エノラゲイは離陸後硫黄島上空を経由し広島を目指し飛行を続け、その途中いつもならテニアンと通信をするのですがこの時は機体後部から垂下式ロングワイヤーアンテナをいつもより長く伸ばしワシントンと直接交信を始めたそうな。
 当時埼玉にあった日本の傍聴班もその通信を傍受しておりいつもと違うその行動に不信を持ちつつ時は経過し・・・・・その後何処で何が起こったか日本人なら誰もがご存じかと。

 その不信な通信を傍受した時の一部始終は我が尊敬する阿川博之先生の著書「暗い波頭」に詳しく書かれておりますので興味の有る方は是非ご購読アレ(廃刊ですけど)。
 嗚呼!久々に長文書いたら疲れちゃった???アレ??嗚呼!新年のご挨拶ね。
 アケオメ♪

 
  追加と言うか訂正です。
先に紹介で映画「ドレスデン」としましたがこれ多分「メンフィスベル」のワンシーンでは無いかと?
 他サイトの記事をそのまま鵜呑みにしてたんですけどね・・・・

https://www.youtube.com/watch?v=nkOjASE-TPo
まあ後からノンビリ検証するか

 

|

« リビルトバッテリーに手を出してみる | トップページ | この木何の木?? »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

うんちくさん
呼ばれました・・・・ね。
私にそんな古い事聞かれてもわかりません。80Aや6ZDH3Aや42なら昔の5球スーパーによく使われていたタマかとおもうのですが。
米軍の受信機はどんなタマがつかわれていたんでしょうね?メタル管でしょうかね。
 でも、これをどう料理するかっていうのは少々悩みますね。オリジナルに忠実に・・・というのは基本的な方向なんでしょうけど、後戻りが出来ない状況のようですね。フロントパネルのバーニアダイヤルだけは、当時のロータリースイッチに戻して、外観のみ楽しむってのが現実的ではないかと・・・。中身を修復しても、昔の放送が聞こえるわけでもないもんね。
で、いくらで落としたの?

投稿: 四方山果無 | 2016年1月11日 (月) 22時10分

あれ~~?四方山さんにレスを入れたつもりが??ココログってIEだとやたらエラーと言うか制限が多いので?かな??

>呼ばれました
すんませんね、この類のネタになると?更に電信になると四方山さん所か今日本に電鍵の叩ける人が何人居るのやら?我々は絶滅危惧種かもですよ?ね?

見得張る四方山さん
>5球スーパーによく使われていた
「知っとるヤンケ」みたいな??でわ!これをMT管に読み替えて下さいな、全問正解なら新世界でクシカツ・・・一本おごりますけど?要らん?

小説家四方山さん
>昔の放送が聞こえるわけでもない
 作品名も作家も失念しましたが・・・既に南海に沈没した日本海軍の潜水艦から発射された電信を受信した天才無線少年がその電波の発信元を求めて旅をする・・・と言う小説を読んだ事が有るんですがね。
 この受信機を目の前にしていると「こいつはもしかしてB29に搭載され当時の日本を爆撃したのかな?その時何処とどんな通信をしていたんだろう?」と思いを馳せるだけでもう満足してたりします。
 と言いつつ補修に必要な部品をリストアップしてますけどね。

投稿: うんちく | 2016年1月13日 (水) 23時25分

>我々は絶滅危惧種かもですよ?ね?
 でも超シンプルな通信方法ってところがいまだに価値を見出せる可能性があるのでは・・・と。
 昔のアメリカ映画で、ベトナム戦争から頭部に甚大な負傷を受けて帰還した兵士がモールス符号
 でもってコミュニケーションを図ろうとする場面がありました。
>これをMT管に読み替えて下さいな、
 へへ、どちらかって言うと、私はST管世代のうんちくさんと違ってMT管世代ですので、トランス式なら
 6BE6、6BA6、6AV6、6AR5、5MK9くらいが標準でしょう。(串かつ楽しみにしております♪)
>電波の発信元を求めて旅をする・・・
 そんな小説だか映画だかを私も聞いたことがあります。物語のイントロダクションとしては面白いですね。
>こいつはもしかしてB29に搭載され
 ホントですね。型番からその来歴がわかれば・・・とても興味深い。ついでにそれがうんちくさんの手元にまで
 届いた道のりがわかればもっと興味深い。分からなくってもそれだけで物語がつくれそうですね。
>補修に必要な部品をリストアップ
 もう補修しなくていいですよ。そいつを目の前に置いてすぐに小説を書き始めましょう。とてもいいファンタ
 ジーになりそうです。あ、出版の際には売り上げの1割は発案料としていただきますので。


投稿: 四方山果無 | 2016年1月15日 (金) 04時28分

夢見る煩悩四方山さん
>いまだに価値を見出せる可能性
 申し訳有りませんがそりゃゼロでしょうね、今や光一本でTbitの世界ですからね。
ただ全く需要の無い1通の試験を受験する人がおりましてね、殆どがアマチュア無線屋さんで単なるウデ試しだとか?
ワタシの頃は電監の職員とサシで送信試験やらされましたもんね、打電する方は額に脂汗なのに試験官はヘッドセットかけながら隣の職員と世間話してるんだもん(怒)。

正解四方山さん?
>6BE6、6BA6、6AV6
 ぶぶ~~!我々お金持ちは5MK9じゃ無くて6X4!ナンチャッて・・・でわ紅ショウガのクシカツね(ケチ)

>手元にまで届いた道のりがわかれば
 そ~~なんですよ、それが気になってあれこれ検証したのですが搭載用マウントの取り付け痕跡が有るのでどうやら爆撃機から降ろされた後日本のアマチュア無線家の手に渡り改造、その後誰かの手が入った痕跡は皆無なんで恐らく昭和30年代あたりに休眠してから今まで何処かの押入れか倉庫の奥深く惰眠を貪っていたのでは?と?
コイツと会話が出来るなら是非来歴を聞いてみたものです(既に受信機が擬人化してる)。

>目の前に置いてすぐに小説を書き始めましょう
 ははは♪文筆業ね、あこがれましたけどね、全然才能有りませんもんね。
ただコイツを目の前にしているとこの受信機をコアにして色々な世界にトリップ出来るのは事実。
暫く眺めて楽しみますかね?

投稿: うんちく | 2016年1月16日 (土) 05時55分

>コイツと会話が出来るなら・・・
 はは、とってもいいですね。どう?その気になってきましたか?
>この受信機をコアにして色々な世界にトリップ出来る・・・
 ますますイイですねー!トリップしてください。そのうちにご近所さんから
 最近、古い機械を見つめてはブツブツ言ってる。いよいよオツムに来たか・・・と思われる
 かも知れませんがね。自分が幸せならばいいのでは。(恍惚の人か?)

 そうそう、思い出しました。NHK-FMの朗読番組、青春グラフィティかなんかで聞いた、”アクアリウムの夜だったか”の中にもこの世でない別の世界から電波に乗って来る声が聞こえるってのがありました。なかなか魅力的なファンタジーです。

投稿: 四方山果無 | 2016年1月16日 (土) 07時50分

オヤ?こちらにも出没四方山さん
>その気になってきましたか?
 まさか、まあ狙うとしても芥川賞でしょうね、直木賞はムリ・・・アホかぃな。

>古い機械を見つめてはブツブツ言ってる
 ゲ???見たな??だからやってませんってば・・・今はね。

>別の世界から電波に乗って
は??「誰じゃワシに電波送ってる奴はぁ」とかですか???エエ病院紹介しますけど??とかね。

投稿: うんちく | 2016年1月16日 (土) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VVV DE V675:

« リビルトバッテリーに手を出してみる | トップページ | この木何の木?? »