« クーペが新聞記事になった | トップページ | VVV DE V675 »

2015年12月26日 (土)

リビルトバッテリーに手を出してみる

クリスマスですな、年末ですな・・・と言うても全然普段と変わらんのですがね。
特にクリスマスはね、一応学生時代に洗礼を受けておる訳で世間様並にプレゼントだの飲み会だの??馬鹿騒ぎはしないのです。
 では何してるか?以前は教会に行って歌歌ったり坊主の説教聞いたりした事も有りましたがね今はもうナンもしない。
 と言う訳で飽きもせずクーペ弄りでも。

蓄電池なんですがクーペに搭載した蓄電池が頻繁に放電する症状が消えず、二年弱その原因が分からずその間3個の蓄電池がご臨終。 
 で!やっとその原因が判明したのですがね・・・・クーペの持病と言うかブレーキペダルについているストップランプのスイッチが摩耗して勝手にランプが点灯してたんですよ。
 原因が分かり修理して電池も新しいのに交換し元気だったんですが先月の事ツインリンクモテギに行った折電動ファンのスイッチがONのままレースを観戦してしまいまた、夕暮れになりクーペに戻り気がついた時は電池は完全放電でご臨終。
 レスキューを呼び無事帰宅後充電したら今の所何ら問題は無いのですがこれでは心もとない。

 と言う訳で貧乏な貧乏性たるワタシとしては高価な高性能蓄電池に手を出す訳にも参らずでね、以前から気になってたリビルトバッテリーに手を出してみました。

Img_5903
エネオスブランドのVLF60でしてサイズはいつもの40Bと同じながら長寿命の大容量。
 普通に新品を買うと6千円位??今回手を出したのはリビルト品の3ケ月補償で送料込の2千円少々。
 で?リビルトってバラしてOHして??ンナ事しませんでね。
多分ですが超音波を直流に重徴して極板に付着したサルフェーションやら不純物を超音波の振動で落としているんだと思います。
外見も綺麗にお掃除して有るしシール類ももっとらしく張り替えてあったりで概ね良好。Img_5899

 端子電圧はと言うと13.6V程で基準電圧が12.5Vですからおそらく出荷前に充電したんでしょうね、まあ良心的と言えます。
 早速手持ちの小型充電器に接続して電流の流れ具合で善し悪しを判断してと。

Img_5902予想に反して2A弱で結構流れてくれますがこれは多分内部抵抗が低いからでは?
と言う事は外見に似て内部もまあ健康な状態では無いかな?とは思いますがね、厳密には外部負荷をかけて放電電流を見るんですがそんなテスターは持ち合わせ無いし、あの試験機ってあんまりやると電池が痛む気がするのでいずれにせよ使いません。

さてリビルトバッテリーに手を出したのは今回が初めてなんでお買い得やら損やらまだわかりませんが外見も綺麗だし補償も有るしこの時点では内部も元気そうなんで期待出来るかな?Img_5900

 まあ敢えてケチを付けると貼り直したシール類がモロに「作り直ししましたケド?」みたいな少々安っぽいシールって所が皮肉にも中古の風情なんですがね。

 まあ負け惜しみじゃ無いけど二千円少々なら損してもあんまり痛くは無いしこれで元気に4~5年位使えたら大儲けですよね。

 しかし貧乏はしとう無いなぁ・・・・




 

|

« クーペが新聞記事になった | トップページ | VVV DE V675 »

117の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/63164886

この記事へのトラックバック一覧です: リビルトバッテリーに手を出してみる:

« クーペが新聞記事になった | トップページ | VVV DE V675 »