« 東京日比谷 秋 | トップページ | デスビのバキュームアドバンサー »

2015年11月 2日 (月)

キリが無いチリの話

敢えてエラソーに言うとですね、聞いた話ばっかでやった事が無い話はナンボでも有る訳でしてね。
 本当の所の話は実際に自分でやって見なきゃ判らない事も有るのでは無いかと??

でもって予想以上にレスを頂戴した我が117クーペのCピラーのチリ合わせなんですが過去の作業記録写真をピックアップしてみました。
先にその作業結果写真なんですがコチラ。

Dscf0098_2

塗装して研ぎ出したあたりの写真なんですがこの時点で既にトランクリッドが少し後ろに出てるのが判ると思います。
下から見るとこんな感じでね。

Img_2047_2


実はこの時点でトランクのガスケットを新品にしていたのですが実はボディー側とガスケットの長さが合わない現象に苛まれてました。
 具体的に言うとガスケットの方が数センチ長くピッタリとあてはめようとするとどうしてもガスケットが余ってしまう。
結局余った部分を全周で緩めに嵌め込み何とかリッドが閉まる様にしたのですがね(この表現判るかなぁ)。
 この時点で既にCピラーに合わせるとリッドの後端が合わない、否!全部純正部品だから合わない訳が無いと今度はボディ側のキャッチ金具を少し下に下げてみたものの今度はかなり力強くリッドを押さえないとキャッチ金具に引っ掛からないのです。
 Cピラーとリッド後端のチリの両方が合う様散々あれこれやったものの遂に疲れ果てCピラーを基準にしてリッド後端のチリは敢えて無視しました。
 その結果??コチラ。

Img_1654

実は更にこの後あれこれリッド側の調整代で前後に移動しては見たもののどうやってもCピラー側とリッド後端の双方でチリを合わせる事が出来ませんでした。
 何故??だってリッド側のヒンジには恐ろしい程の調整代が設けて有るんだもん。

 

Dscf0048

この長穴加工はその証でしてね、ウチのクーペは1977年三月登録の言わば量産丸目最終型なんですがこの時点でさえこの物凄い長穴加工がされてます。
 つまり生産段階でさえこの長穴の何処でチリを合わせるか?正に現場で働く職人さんの腕の見せ所って事では無いのかな??
 あちこちで言いふらしてますけどドアの塗装を総剥離した時に板金ハンマーの痕跡があちこちに有った事実を考慮すると別に珍しくもなんとも無い話ですよね。
 これを真心込めた手作りと称賛すべきか完成度が低い証だと罵るのか??
少なくとも今のクルマには失われた職人技であり、いすゞさんはそんな職人を数多抱えていた自動車メーカーである事は確かだと思います。
 さて明日は休みですが・・・又何故か忙しいので「今日はこれ位にしといたるわ」ってコトで。

|

« 東京日比谷 秋 | トップページ | デスビのバキュームアドバンサー »

117の事」カテゴリの記事

コメント

うんちく板金の工場長お疲れ様です。
これじゃサーベルラインのチリどころの話じゃないでしょう。トランクリッドの上下左右何にも合っていませんよ(汗)
ストリップラバーはHM用は左右分割式で形状も若干違いますよね、四隅の形なんか手が込んでいます。
しかし、塗り立て時は艶があって綺麗だったのですね~

投稿: かたかた625 | 2015年11月 3日 (火) 18時09分

お呼び?かたかた隊長
>うんちく板金の工場長
 え??ワタシ??板金屋だったり鉄工所だったり電気屋だったり忙しいですなワタシ??

>トランクリッドの上下左右何にも合って
少々言葉足らずでして、この後前後左右全然合わないんで車体側のヒンジの固定ボルトを緩めてしまい更にドツボに嵌り結局Cピラー部で合わせた次第。
 要するに当時藤沢工場のラインで組み立てしてた人達は量産ラインとは言いながらそんなチリ合わせをやったって事だけでもう「スンゴイ」の一言。
 自画自賛の誹りを受けようともダメでも一応自分でやって見て初めてその凄さが判った次第。
 聞いた話の羅列はもうそろそろ卒業しなきゃ??なんてエラソーな事を言うてみるワタシ。

>塗り立て時は艶があって綺麗
やった本人が同じ事呟いてました、一応関ペさんにオーダーしたいすゞ純正のクリムゾンレッドを同じレシピで調色して貰った、かつ同じアクリルペイントですもんね。
 更にこの後クリアを吹いて更に1500番で研いで更に??ええ?もうエエて??
又やるかな・・・・全塗装。

投稿: うんちく | 2015年11月 4日 (水) 22時40分

うんちくさん
そこはCピラーじゃなくてトランクに合わせて下さいよ~
トランクリッドなんですから~

固定キャッチの固さは少しだけならバネの強さで調整できます。
(角目は3箇所だったかの調整代があります。丸目もあるかな?)

投稿: 池ヤン | 2015年11月 5日 (木) 13時34分

我がままIkeやんさん
>トランクに合わせて
 え~~~??だってど~~してもCピラーのカーブに合わせたかったんですよ。
クーペの魅力はウエスト部にうねる様に流れるあのラインとサーベルラインから降りて来る微妙な曲線に有ると認識しとりますが??ヤダ??

>固定キャッチの固さは
 実はね、バラす前迄はトランクの閉まりがめちゃ悪くてね、渾身の力を入れてトランクを押さないと閉まらずさりとてキャッチの位置を調整してもダメだったんですがね。
 ズレさえ無視すればCピラーのラインは合うし閉まりは良くなるわで・・・もうやる気無しと言うのは本音ですが。
 いすゞさんの社員さんって皆我慢強いんですねぇ~~。

投稿: うんちく | 2015年11月 5日 (木) 22時39分

要は根本の原因はリッドが閉まらないということですね。
まさかとは思いますが、
トランクのガスケットというかトランクリッドシールの
取り付け方が裏返っているということはないでしょうか。
これは他のクーペで見たことがあって、実際閉まりにくくなってました。
手前のところで見ればわかるのですが、
シール表面が平らになっていれば裏返っています。

投稿: keiji117 | 2015年11月 6日 (金) 21時18分

ご指摘Keijiさん
>取り付け方が裏返っている
 嗚呼!ナルホドね、確かに新品のガスケットを入れた時途中でひっくり返ってた事が有りました。
 ただ閉まりにくいのは購入当初からでしてね、その頃は超メカ音痴で「こんなもん?」位にしか思ってませんでした。
 で!自前レストアでガスケットを新品に交換した時トランクを少し後ろにズラすと軽いタッチで閉まる現象を発見した次第。
 更にそれからが難儀でね、フックにキャッチにヒンジにとチリに関係しそうな部位は全部弄った結果!
無限地獄に陥った次第で(号泣)。

投稿: うんちく | 2015年11月 6日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/62335041

この記事へのトラックバック一覧です: キリが無いチリの話:

« 東京日比谷 秋 | トップページ | デスビのバキュームアドバンサー »