« 久々にクーペと戯れる | トップページ | クーペが新聞記事になった »

2015年11月24日 (火)

流石にキレました

晩秋の候、更に三連休ともあらばどこぞに小旅行でも??それが出来ないと言うか金が無いと言うか。
兎に角人ごみと行列が大嫌いな損な性分でしてこれだけはもう治らないと思うてますがね。
 と言いつつ実は今月の初旬にはこんなトコから・・・・

Img_5757

ぶ~~~んと少しだけ飛んであちこち行ってこんな物食ってたり。

Img_5773

かと思うとその翌週はまいクーペに乗って片道3時間半でこんなトコで朝から夕方迄レースを観戦してね。

Img_5827


まあ身内が某社のチームでメカニックやってるんで出かけた訳ですが帰りにはバッテリー上がりをやらかしてしまいレスキューさんのお世話になるハメに陥り帰宅したのは夜10時と言うお粗末さでして。
 素直に反省し原因の一つでも有った直結の電動ファン回路を修正するついでにあれこれ現れていたマイナーな不具合事項をイッキに片づけるべしという訳でこの三連休はクーペの整備三昧(懺悔)と言うコトに相成りました。
 で!先のネタでヘッドライトとナビと蓄電池の充電をやったのですがね。
お次は突然動かなくなったキーレスエントリーを何とかします。
犯人はこれでしてね。

Photo

写真は購入当時のそれなんですがもう箱からしてアヤシサぷんぷんでとてもじゃ有りませんが事前検証しないで取り付けなんか出来ない。
 特にケーブル類なんですが触った瞬間判るその硬さと言うか手触り?

Dscf0040

更に分岐部の配線処理の仕方が又アヤシイので絶縁処理を剥がしてみたのですが明らかな芋ハンダ。
 芋と言うかハンダが芯線に染みこんでいないんですね。
と再度皮むきをしてハンダを入れた所ナント芯線がハンダを弾くんですよ・・・もう昔の事ですが忘れもしないこの驚き。
 とまあなんとかハンダする場所を変えてかつ得意の見なかった攻撃で撃退して取り付けたもののやはり当時の危惧が的中。
 で!もう疑う所は分岐部のハンダ部ですな。

Img_1981

こちら運転席のルーバーの上あたりにブラ下がっている剥き出しの分岐配線部なんですが最初パッと見には熱収縮チューブに守られていたのに軽く引っ張ってみると見事に「ズボ」と抜けました。
 ワタシの名誉の為に言うておきますがハンダごて握ってウン十年、たかがケーブルを三本ハンダツケする位で失敗する程ヤワじゃ有りませんでね、これ明らかに芯線にハンダがしみ込んでいないんですな。
 要するに新品の段階で既に銅線が錆びて(酸化)していると言うコトなんですな。
 けど一応フラックス迄動員してトライしたもののやはりダメでしてね、この日は作業を諦めご近所ホムセンに行って国産のビニールケーブルを買い求めました。
 で!作業再開で右ドアの内張りを剥がし位置がズレていたアクチェーターの修正も行い無事作業終了♪???は?

Img_1978

いやいや、サラッと書くつもりでしたがドア内部にアクセスするって事は要するに内貼りを剥がし、更に防水シートも剥がして?それを剥がすにはあの悪魔の様なブチルテープとの格闘がね・・・・はぁ。
 でもって早速動作試験をした所が何故が助手席側がウンともスーとも言わない。
 愕然としつつ仕方無いので助手席側も内貼りを剥がし防水シートを剥がしあれこれデジボルで電圧を計測するもゼロ??あれ??導通は?とコントローラー側と助手席側で見ると??導通無し・・・・ナンデヤネン??
ここからが地獄の二丁目でしてね、助手席の足元に有るECUを撤去し更にその裏側の内張りを剥がし更に防水シートを剥がし・・・・
 結局助手席側の内張りに挟まったケーブルが見事に切れてました。
 確かに内貼りに挟まれてますけどね、合皮で保護されているとも言える訳でなんでこんな所でビニル線が切れるかなぁ??
 とまあどうやらこれも全部修理してと・・・お次は気分次第で時々動作しない困ったETCなんですがね、これがもう冷や汗物で下手すると料金所では後ろからクラクションの嵐にもなりかねない、とは言え正直に「ETCが壊れちゃって」と有人ゲートに行くと「んじゃETC割引無しね」てな事になっちゃう。
 やっと重い腰を上げてその原因を追及・・・・あらら・・・こんな。

Img_1965

発見当初は微細な被覆破れ程度だったのですが折り曲げて見るとこんな状態に、辛うじて芯線がギリ繋がっている程度。
 実はこれも中古で買った(500円位)のジャンク品でして電源ケーブルはあちこちで裂けていたし、同軸ケーブルもかなりアヤシイとは思ったものの目視上では大した事も無いと思い電源ケーブルだけ補修したのですがね。
 とは言え新品のアンテナだけ買う訳にも参らずで修理修理。

Img_1968

要するに同軸ケーブルをハンダツケで直しちゃえって事なんですがこれ本来やってはイケません。
電波が漏れると言うかノイズを貰う恐れがあるので本来はコネクタを介して継ぐんですがね、確かに手持ち部品の中には同軸コネクタは山程あれどまさか8D2V用のN接栓を使う訳にも行かずでね。
 でゴソゴソやってデケました。

Img_1970

流石にこちらはキーレスキットのアヤシイ中華品質では無いので誠に綺麗にハンダが乗りましたけどね。
生憎ETCの電波が無いので動作試験は出来ませんがマズこれで安心して料金所が通過できる筈です。
 さて??あら??もう朝やんか・・・仕事行かなきゃ・・・・

|

« 久々にクーペと戯れる | トップページ | クーペが新聞記事になった »

117の事」カテゴリの記事

コメント

 あら、次の記事にキーレスエントリーのお話があったんですね。おっしゃるとおり、とてもラフな作り方ですね。さすが、人件費が安いだけにそれに見合った品質ってとこでしょうね。
 前の記事のコメントで書きましたが、コイツが遠因となって時計までこわれ、毎回のバッテリー接続のためにボンネット開ける面倒くささもあり、先日ヤフオクで特大リレーを落札して付けてやろうと思ったのですが、なんだかバカバカしくなって来ちゃいました。最近はもう元に戻そうかなと・・・
 実は、それどころか、最近アイドルアップが元に戻らず、常時2000回転のオートクルーズ状態になり、エアレギュレータを交換したものの、今度はアイドルアップが効かなくなり、まさに泥沼状態です。新品のエアレギュレータに交換すれば何ら悩む事もないのにね。”貧すりゃ鈍す”ということでしょうね。

投稿: 四方山果無 | 2015年12月 1日 (火) 02時40分

諦め四方山さん
>安易だけにそれに見合った品質ってとこでしょうね。
 確かにね、けどそれを勘案してもあまりにもひどいと言うかな?皮剥きもしないケーブルの芯線にハンダが乗らないと言うのはもう呆れてしまいます。

>なんだかバカバカしくなって来ちゃいました
 はは♪確かにね、例えて言うとヘッドライトが暗い→リレー→又暗いHID→又暗い→コンバーター壊れた→LED化→リレー焼ける・・・・誰か止めてくれーーなんですよ。
 要するに原点に立ち返り反射板を掃除してレンズも掃除してコネクタを磨いたら直っちゃったみたいな?
調子が悪いからと言って下手にアフターパーツに頼るとドンドンドツボに嵌りオマケにショップの餌食になると。
 だから未だにワタシは点火系はケタリング式のままでせっかく買ったMSDは御蔵入りしてます。
 これ誰もがハマる泥沼ですよね・・・自重を込めて。

投稿: うんちく | 2015年12月 3日 (木) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/62652453

この記事へのトラックバック一覧です: 流石にキレました:

« 久々にクーペと戯れる | トップページ | クーペが新聞記事になった »