« 電動ファン追加におけるヒステリシス的制御の考察Ⅱ | トップページ | パンドラの箱を開けて見る »

2015年10月 4日 (日)

クーペを冷やすのだぁぁⅤ

よく通番を間違えてましてね、重複したり後戻りしたりでね、ははは♪
今日も今日とてカプリングファンを諦め押し込み+吸い込みの電動ファン化を目指してまずは昨日作成した金具を介してサーモコントローラーを取り付けと。

 

Img_1812

余り物の鉄板チョキチョキの切った張ったの結晶塗装を施した金具にサーモコントローラーを固定と。
 まあやった本人が言うのもナンですが結構見栄えがすると思いません?
 で?何処につけるかと言うとあれこれ勘案してコンビネーションリレーの固定ボルトに共締めします。

Img_1813

で~~問題はセンサーの固定場所でしてね、定番はラジエータコアの隙間に差し込んでインシュロックで固定するとか??それじゃ余りにも雑だしファンの風を受けるのでダメ!??と?なると何処??でアッパーホースの金属部、つまりサーモの出口のスグ上にステンバンドで固定しようと・・・したのですが何処を探しても適合しそうなステンバンドが無いし今更ホムセンに走るのは面倒だし。
 更に皆さまからのお知恵拝借でオーバーヒートの原因はどうやらカプリングファンのフルードカプリングに原因有りらしいと言う結論に。
 勿論手持ちの予備が有れば即交換なんですが手持ちのそれは常温でもカチカチに固まってる明らかな不良品で・・・まあ先は慌てずボチボチ行くとしてせっかく購入した電動ファンは暫く物置の肥やしになりそうです。

なんて愚痴を溢していたら「宅急便で~~~す」で某所からやって来ましたクーペのタイロッドエンド左右とリレーロッド。

Img_1807

ブーツは破れ内部からドロドロのグリスがダラーァ~~ンですし、何より何層にも重ねられたシャシブラが厚く積もっておりましてね、知ってる人が見てもこれ絶対ゴミにしか見えない(失礼)。
 んが!これがダメになると車検は勿論危なくて走れやしないのですよ。
 これは我がクーペの過去の整備中の写真なんですがね。

Dscf0017

まず左アウターのボールジョイントにガタが有りましてね、これじゃイケナイとボールジョイントを外そうと手持ちのベアリングプーラーで挑戦したものの掛け代が少なく敗退。 
ならばと合わせハンマーでガツンでこちらは何とかはずれましたが物凄い時間と労力を食われました。
 で?外してどうする??確か当時は未だ純正部品が出たと思うのですが値段を聞いてビックリ仰天。
 あれこれツテを辿りIkeやんさんからPA96用のアウターを譲り受けどうやら無事交換、但しこれって表向きは互換無しなんですけどね。
 因みにインナーは全く互換がありませんので要注意。
更にリレーロッドはと言うと当時はこんな感じでね・・・・酷い。

Dscf0020

ただガタは有ったものの大したものでは無くこれは秘儀「グリス煮込み」で無事解消、多分グリスが固化してたんでは無いかと思います。
 で!何れの原因も共通してると推察しておりまして、ボールジョイント以外もグリスポイントと言うポイントには全てシャシグリが使われてたんです。
 元々このクーペは某地方のいすゞの代理店さんが新車で販売し下取りで戻って来た所をワタシが入手した訳で結局以来シャシグリが使われ続け??
確かにグリスアップをすると先にシャシグリが出て来て後からモリブデングリスが出て来る事が有りましたからね。
 代理店だから安心かと言うといい加減なもんですよね。

 そんな不安感もありましたので今回のタイロッドエンド及びリレーロッドの確保は今後の安心につながります。
 但し確り給脂をしていれば半永久的に壊れる事は無いのでは?とは思ってまして。
 とは言えこのまま物置に押し込む訳にも行かずお掃除をしてあげなきゃ。

Img_1808

樹脂のお皿に灯油を満たし使い古しの歯ブラシでガシガシ洗い倒し油気が無くなった所で今度はドリルにホィールブラシを装着しブ厚いシャシブラを根こそぎ剥がしてやります。

Img_1809

とは言えこんな状態ですからね、シャシブラ自体はボディーの塗装を剥がすのとは相違し割と簡単にはがれるんですがいかんせん厚みが有りそう簡単にも参らず。
でやっとここまで綺麗になりました。

Img_1811

更にシンナーを含ませたペーパータオルで脱脂をしてからハケ塗りで錆び止め代わりに黒ペンをペタペタ。

Img_1814

軽く乾いた所でグリスニップルが折れてネジが内部に残っていたリレーロッドからエキストラクターを使って残ったネジを取り出し。
更に手持ちの新品のブーツを仮フィットさせてみたんですがバッチリ♪

Img_1816

まあお世辞にも新品みたいとは言えないけれど到着直後の状態と比較すると雲泥の差では無いかと?
 ただ気になるのはゴリ感は無いもののボールジョイントの動きがかなり固いのが有ったりでね、これは多分グリスが固化しているからでは?と思いグリスニップルを外した穴からCRCを吹き込んでおきました。
来週あたりに再度新しいグリスを入れるかそれでもダメなら又「秘儀グリス煮込み」でもやりますかね。
 と!ここ迄やっていながら今更なんですがもしかしたらこの部品は自分のクーペじゃ無くて誰かの困ったちゃんクーペに使われるのでは無いかな??なんて思ってます。
 まあ半日少々の手間でしたけどこうやって「代わりが無い部品の確保」にみんなが精進すればきっとこの先何十年もクーペが生き残ってくれると思ってます。

|

« 電動ファン追加におけるヒステリシス的制御の考察Ⅱ | トップページ | パンドラの箱を開けて見る »

117の事」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
無事に届きましたね、これを1セット持っていると安心出来ますからね♪
忘れていましたが、使う時にボールジョイントのボルトとナットの溝さらいをやってください。
プーラーをメルセデスの強さでやったので山に歪みがあるかもしれませんので。

投稿: かたかた625 | 2015年10月 5日 (月) 08時11分

??
電動ファン化は取りやめ?
カップリングファンならそこら辺に
ゴロゴロ転がっていると思われます(藁

投稿: 池ヤン | 2015年10月 7日 (水) 16時46分

その節はドーモのかたかたさん
《安心出来ますからね
正にね、しかもキリが無いと来てますもんね。
ボールジョイントはそう言う意味ではランクが高いと思います。
ただグリスアップさえしっかりしておけば相当長持ちだとは思うのですけど。
ただ角目の無給脂タイプはかなり怪しい。皮肉な話しでこれからどちらがさきにくたばるかと言うと多分角目でしょうね。

投稿: うんちく | 2015年10月 8日 (木) 15時02分

毎度ご厄介になってるIKEやんさん
《そこらへんにゴロゴロ

は?ゴロゴロでつか?
でわ!すりすりすりすりすりスリすりスリスリスリ🎵
スリスリし過ぎて指紋が消えたので後ほどDMします。さて仕事とぉ〜〜

投稿: うんちく | 2015年10月 8日 (木) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/61902087

この記事へのトラックバック一覧です: クーペを冷やすのだぁぁⅤ:

« 電動ファン追加におけるヒステリシス的制御の考察Ⅱ | トップページ | パンドラの箱を開けて見る »