« ATA12 いすゞG180WE型DOHCエンジン用デストリビューター互換部品 | トップページ | キリが無いチリの話 »

2015年10月30日 (金)

東京日比谷 秋

暑い暑いと騒いでいたらアッと言う間に秋になっちゃいましたね。
そんな秋の休日、本来なら寝床でグータラしてりゃ良いのにノコノコお出かけ。
目指すは日比谷公園近隣の帝国ホテルでしてね。
モーターショーのイベントで日本に存在する自動車会社の社長が自ら自車を代表する?(好きな?)クルマのハンドルを握り銀座一帯をパレード走行するとの事で行って参りました。
 さて興味が有るクルマは数多有れどまずこれね。

Hond0547

セリカGT fourと言えばCサインツなんですがこれサインツがデビューした時のそれとは違いますよね??
 ドライブするは??アキオちゃんかと思いきや全然知らない人でしたけどこの後意外な所で目の前に登場するとしっかり自らステアリングを握り走行してましたけどね。
 お次は??はやりこれですよね。

Hond0550

例のアレですが上野の博物館で見たアレでしてね、何故か不思議な事に「アレって車検取れてたのね??」なんて妙に感心したりして。
 で~~、今頃話題の某ML他で議論沸騰のアノ部分をにじり寄りで接写。

Hond0551

まあ特に上野で見た時と変わりは無く、かつ我がクーペとは年式もグレードも相違するので「まあドーデモ良いか」なんて冷たい独り言を吐きつつリアも確り接写。

Hond0553

で~~!先に書いたアキオちゃんは何をしてたかと言うとですな、コンナ。

Hond0556

我が117クーペの前に鎮座する日野コンテッサクーペに興味深々らしくためつすがめつ結構長い間あれこれ眺めてましたよ、流石アキオちゃんですな。
 願わくば羽村工場で再生産なんて?ね?出来ませんかね??
 この後あれこれセレモニーが有り一斉にパレードへと出発したのですがね。
 何を今更で気になったこのショット。

Hond0554

うちのクーペはこのモデルの後の量産丸目なので敢えて断言しませんけどこれって相当チリがずれてませんか??これで良いの??
誠におこがましい話ながら我が手でレストアした117クーペの同部位はこんな状態なんですけど??

Img_3458

自分で言うのもナンですがやはり正しいチリはこうじゃ無くてはイケ無いのでは??
 このネタは又後日・・・・・

と言う訳で別スレにしようと思ってたのですがこうたぱぱさんとかたかた隊長が語ってくれたので追加でこれ!

Img_3458_2

こちらも我がクーペのリアビューなんですが斜め後ろから見てもトランクりっどが飛び出しているのが判るでしょ??
 これCピラーで完全にチリを合わせるとトランクリッドの後端がボディーから飛び出すですよ。
 元々のは写真が無いのですが両方適当な所で納めてたのでどちらもチリが完全には合って無かった状態で工場出荷されたと思われます。
 量産でもこの程度ですからね・・・・HMたるやどの程度やら??アヤシイものです。

|

« ATA12 いすゞG180WE型DOHCエンジン用デストリビューター互換部品 | トップページ | キリが無いチリの話 »

117の事」カテゴリの記事

コメント

偵察任務お疲れ様でした。
タイトルが違っているような気がします? ”東京新橋 秋”のほうがしっくりしますね(笑)

>まあ特に上野で見た時と変わりは無く
フロントエプロンの金網が黒に変わっていますよ、他にも細かい部分が・・
ピラーカバーはベース車の物が使えなかった時点でアウトです、アノ部分は裏のパネルの合わせ方が(汗)
しかし、コンテッサクーペ良いですね♪  

投稿: かたかた625 | 2015年10月30日 (金) 10時28分

>このネタは又後日・・・・・

いやいや、書いたら、コメントしちゃいます。

Cピラーのチリの部分ですが、カタカタさんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/katakata625/35202502.html
117クーペの備蓄品の写真で確認しました。
メーカー製レストア号とも、同じ様に、見えますので、オリジナルなHMの仕上がりのようの思っていましたが、
カタカタさんのはベース車のものでは無いのでしたっけ?

当時HM117は他社では有りえないほど素晴らしい造りで、量産型になって失った、凝った造り、質、仕上がりはありますが、
天下のいすゞさんですよ、この頃の5年の歳月で進歩した箇所が無いなんて、有りえません。

量産型になって、コストダウンのマイナス面だけが囁かれますが、細かな収まりが向上したと考えていいと思います。
自分クーペもトランクモールチリがCピラー上面のチリに綺麗につき合わされています。

しかし、HMテールのライト回りは変えないでほしかった・・・あとあそこと・・ブツブツ。

投稿: こうたの父 | 2015年10月30日 (金) 17時59分

うんちく様、お借りします。

こうたの父さんへ
私のブログの写真が出てきたので補足説明しますが、私のPA90はピラーパネルはもとよりトランクステーやボルトも一度も工具を掛けていない新車時のままです。
藤沢工場内で私の車と見比べて担当スタッフは安堵していましたよ、合う合わないは運任せみたいなところもこの車の持ち味でしょうか?

投稿: かたかた625 | 2015年10月30日 (金) 19時54分

うんちく様、同じくお借りします。

カタカタ様、ご無沙汰しています、いつもお世話になっています。
確かに以前新車購入からの経緯もお聞きしていましたので、ベース車?でしたが、写真では差の確認が少し難しかったようです。
レストア車がのモール突合せが間隔のズレ(失礼、量産型がそろっているので)が大きすぎたのですね。
カタカタ号のここのデザインがHMオリジナルで、量産車は変更かもしれませんね。

投稿: こうたの父 | 2015年10月30日 (金) 21時38分

ジョジャーロさんがこんなデザインするかな?なんて疑問がわいてきます。

投稿: 四方山果無 | 2015年10月30日 (金) 23時21分

ツッコミ隊長かたかたさん
> ”東京新橋 秋”
え??更に追加で「おやぢ天国」ってトコですかね??願わくばそうしたかったのですが願い叶わずってトコですな。

>他にも細かい部分が
 え?兎に角人が多くてね、一番邪魔なのが赤いジャケットを着用したスタッフだったりする。
ちゅーかそもそもオリジナルが何かサパリ??

イキナリ最終回??かたかたさん
>ベース車の物が使えなかった時点でアウト
 モシモシ??20時10分に黄門様がインロー出す様な事言うたらあきませんがな。
 あ~~じゃね~~~のこ~~~じゃね~~~で??「ナルホド!」が無いとねぇ・・・・

投稿: うんちく | 2015年10月31日 (土) 10時35分

そう来なくちゃのこうたパパさん
>オリジナルなHMの仕上がり
 そ~~そ~~!かたかたさんがイキナリ印籠だっちゃったからもう遅いけど「何がHM本来の姿か」なんて薀蓄をコィてやっと「そっか~~Cピラーはサーベルラインと現物合わせして生産」云々かんぬんでね。
 で?

>量産型になって失った、凝った造り、質、仕上がりはありますが
 結局HM=手作り=丁寧な作り=最高の仕上がり??と言う図式は全てにはあてはまらない場合も有るって事では無いかと思ってます。
 まあ欧州系の古いクルマなんて純正部品を取り寄せしても全然合わないなんて珍しくありません
からね、そう言う意味では正にイタリアンカロッツェリアですな。

>HMテールのライト回りは変えないでほしかった
 GMと提携した時にアメリカへの輸出も考慮したディザインに変更したとか??リアサイドのレフレクタも同じ理由とか??(ととりあえず撒き餌をばら撒くわし)
因みにウチのクーペは再度レフレクタの穴が錆びで倍位に広がったので塞いでしまいましたが別に車検には全然影響無いですからね、ありゃデマですよ。

投稿: うんちく | 2015年10月31日 (土) 10時45分

再登場黄門様隊長
>私のPA90はピラーパネルはもとよりトランクステーやボルトも一度も工具を掛けていない
 よく有る話なんですが買った時からそのままなんでそれが純正オリジナルだと信じていたら実は何時の間にやら全然違う年式の部品に交換されていた。
ナンテね、ワンオーナーでも有り得る話ですから中古で買ったクーペだと本当の所何処までがオリジナルかアヤシイものですね。

>合う合わないは運任せみたいなところ
 実は通信機もそんな所が有りましてね、工場に居た頃よく聞いたのが「作品と製品と商品」はどう違うか??
 まあ今のクルマを基準にすると117クーペの作りは殆ど「作品」に近いかと思いますよ。

投稿: うんちく | 2015年10月31日 (土) 10時51分

再登場こうたぱぱさん
>レストア車がのモール突合せが間隔のズレ
 実は上野の御山で見た時はリアとフロントのスカートの合わせ目ばっか見てたんでCピラーには全然気がついていないのです。
 よって日比谷で見たCピラーのズレを見てビックリではっきり言うと「こりゃズレなんてレベルじゃ無いよね??」と呟いてました。
 で?量産になってからはピッタリかと言うと・・・・実はウチのクーペはCピラーぶでチリを合わせたツケがトランクリッドの後端に出てましてね、5mm位トランクが飛び出してます。

投稿: うんちく | 2015年10月31日 (土) 10時55分

四方山さん
>ジョジャーロさんがこんなデザインするかな?
 しないしない、しない代わりに多分パテが山程使われていたんじゃ無いかな?
 イングリッシュホィールなんかで地金からキッチリチリを出すイギリス式と違いイタリアンカロッツェリアってなんでもハンマーイッチョで叩きだしですからね。
 そもそもアメリカ人以上にアバウトだしね。

投稿: うんちく | 2015年10月31日 (土) 10時58分


チリがあっているあっていないと言うのは表現が正しいのかは置いといて
第13回東京モーターショーでの117SPORTではサーベルライン下部のライン
とトランクモールのラインが揃っているように見えますが第14回東京モーターショー
での117SPORT揃っていなうにも見えます。
生産試作車の第15回東京モーターショーの117coupeは手持ちの資料では確認出来ないのですが
篠山紀信さんの写真では揃っていないように見えます

ちなみにワタシが身近に接している数台のハンドメイドもここのラインは
揃っていません。

投稿: 池ヤン | 2015年10月31日 (土) 17時51分

うんちく様へ

気になるので現物で検証してみましたよ

http://blogs.yahoo.co.jp/katakata625/35391314.html

これじゃ組み立て現場は大変だったと思いますよ

投稿: かたかた625 | 2015年10月31日 (土) 19時55分

量産丸目49年末の登録のmyクーペです。
参考に
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-geyun2kxt5kg4z527o7knzvcvm-1001&uniqid=f0edf43c-4908-4bc6-a88f-7f9a67ad4995

投稿: こうたの父 | 2015年10月31日 (土) 22時14分

ご指摘黄門隊長様
>組み立て現場は大変
 いやぁ~~、詳しくは隊長んちのブログに記しますが確かにね。
当時クーペに関わった方の多くがハンドメードと言う言い方に嫌悪感?を持たれていたと言う話は聞いた事が有るんですがナルホドねぇ・・・
 となると??これ又多分禁断ネタだとは思うのですがH県K市のFBさんで塗装した例のHMクーペは??もしかして別に問題無かったのでは??とね??え??「それは言わない約束でしょう~~」みたいな??コソコソ・・・・スタコラ

投稿: うんちく | 2015年11月 1日 (日) 02時20分

お宝持ちのこうたパパさん
>量産丸目49年末の登録
 あれぇ~~?同じ量産丸目とは言えウチより3年古いクーペではチリが合ってる??ナンデ?
で!フト思い出したのですがHMのボンネット中央部に有る特有の膨らみ・・・あれって個体によっては平なHMも存在するんですよね・・・ナンデ?と思いきや左右のチリが合わないので中央部を膨らませて帳尻を合したのとタマタマ合ったのとの違いだとか??謎が多いと言うよりも生産都度チリを合わせていたと言うのが正解では??
 てな余計な「聞いた話」ばっか羅列しているとその内どこやらからツッコミが入りそうなので「今日はこの位にしといたるわ」って事で・・・スタコラ。

投稿: うんちく | 2015年11月 1日 (日) 02時32分

横から失礼します。
いま、角目の全塗装後で、モールを外した状態でボディを磨いています。
それでモールがないとよくわかるのですが、
モールの付く部分がボディ、トランクともに1段低くなっていて、
その低くなっているプレスラインが1本のラインになるようにすると、
トランクとボディ各部のチリがあってきます。
モールはそのあと付けることになり、
サーベルラインは少し下にかぶさり、
トランクのモールはかぶさりませんから
モールの下のキリの高さはトランク部分が高くなるのが自然だと思います。

あとは程度の問題と思いますが、
トランクリッドがボディからでているほうが
モールの高さが違っているより違和感ある気がします。

自分の場合、トランクの取り付けに結構時間がかかりました。
というのは、トランクのチリ合わせを間違うと、
トランクを開ける時に
モール同士がぶつかることにもなったからです。

だからトランクの取り付けは結構微妙だし、
ボディ側で調整してある可能性もあるので、
他車のトランクをそのままポンづけで
鉄板間の隙間や高さなどのチリがばっちり合うということは、
ボンネット同様角目でも出来にくいと思います。

投稿: keiji117 | 2015年11月 1日 (日) 20時59分

オヒサのKeijiさん
>横から失礼します
 え??天下のKeijiさんが横からなんて・・・そう言わず前から後ろから何処からでもドーゾドーゾ?みたいな?

>モールの付く部分がボディ、トランクともに1段低くなっていて
ですね、ウチのも全塗装するにあたりモール類は全て撤去してつぶさに検証し似た様な事で感心したものですが。

>トランクリッドがボディからでているほうが
 クーペの自前整備を始めた頃はまさか自宅の庭で自前全塗装するなんて全然考えていなかったのでこのクーペがラインオフした頃の正しい姿を撮影した写真が無いのですよ。
 で~~!ご指摘通りで再組み立てするにあたりあれこれチリ合わせをしたもののどうやってもCピラーのラインとトランクリッドの後端の両方を合わせる事が出来ず「ならばどちらが優先?」の結果Cピラーを基準にチリを合わせました。
 せめてリッドを外す前にヒンジのボルト部にポンチマークでも入れておけば良かったんですがね。

 で~~?予想以上にレスも頂戴したのでトランクリッド部のチリ合わせ作業の様子をこの後本日日付でUpします。
 
やっぱクーペ薀蓄話はこうで無くっちゃねぇ~~。

投稿: うんちく | 2015年11月 2日 (月) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/62276503

この記事へのトラックバック一覧です: 東京日比谷 秋:

« ATA12 いすゞG180WE型DOHCエンジン用デストリビューター互換部品 | トップページ | キリが無いチリの話 »