« Hand made coupeを偽造する♪(そのⅡ) | トップページ | ギターアンプを修理する »

2015年9月24日 (木)

クーペを冷やすのだぁぁⅢ

又起きちゃいましてね、近頃体内時計が狂いまくりでしてこまったものです。
 でもって未だやってる我がクーペのオーバーヒート対策なんですが珍しく昨日は断続的ながらあれこれやってました。
 しかしナンデどーでも良い風な?でもやんなきゃならない用事がこれだけ湧いて来るかなぁ?って位つまらん事で時間を食われてます。
 で??今回の一連の作業は元々PA95XCの丸目四灯最終型の車体に推定77年式角目用G180WEエンジンを無理やり詰め込んだ事に起因しておるのと理解してますがね。
 やってる本人も全然認識して無くて同じG型エンジンでカムが一本多いだけ?なんて安易に始めた作業なんですがこれがもう大違いでして。
 そのまま搭載するとプーリーがラジエータに激突する事が判りあれこれ工夫しお助けも戴き無事搭載。

Img_0332

所がこれだとファンが大き過ぎてシュラウドに干渉する事が判明し無謀な事にファンの先端を切断しちゃったんですがね・・・・・結局夏の暑い日にゃクーラーなんぞを入れると即オーバーヒート。
 素直に反省しオリジナル(では無いらしい事Ikeやんさんのご指摘で判明)のファンを取り付けては見たもののXC用のシュラウドでは干渉するので推定HM用と思しきシュラウドを加工し何とか作業終了だったのですが・・・
 書いている方が疲れてきたので現状なんですが昨日は新しく改造したシュラウドでさえ塞ぎきれない隙間を全部ゴムシートで埋めるべくゴソゴソしてました。

Img_1767

これは中央部分と右側(エアクリ側)の隙間をゴムシートで埋めた所で、更にラジエータとシュラウドの隙間はコの字型の汎用ゴムシートで埋めてと。
 残るのはラジエータ前方左右の隙間と左側の隙間。

Img_1769

最初は安易に両面テープで張り付けしてみたものの見事かつ簡単にはがれてしまい結局薄い鉄板を加工しタッピングビスで固定する事になりました。

Img_1773

これ簡単に書いちゃうですけどイチイチサイズを計測し手持ちの鉄板を金切ハサミでチョキチョキして金具を制作し防錆処理の塗装のと・・・・物凄い時間がかかりましたけどまあどうやら隙間と言う隙間は全部ゴムシートで塞いで完成。

時は既に3時過ぎ、外気温はウッドデッキに置いている温度計で29度。
 イグニッションONで我が手でボアアップ&組み立てしたG180WEはくランキング半回転で咆哮を上げたのですが??水温や如何に??
 クーラー全開でアイドリングは少し弄り1200回転前後で約10分間程だったのですがね・・・こんな状態。

Img_1771

とりあえず80度少々でしたけどね・・・・多分炎天下の渋滞路でクーラーを全開にしたら多分ダメだろうと思います。
 残された原因たるや??フト気がついたんですがエンジンブロックはG180WEながらピストンはG200WE、更にインジェクターは??これが又G180WEのマンマ、つまり噴射量が少ないので希薄燃焼になって無いの?
 そう考え手持ちのインジェクタを確認したもののP番号が打刻されていないのでどれが後期型のインジェクタやら??

Img_5630

単純にオーバーヒートって簡単に見えて実はとても奥深い話なんでせうね。 何を今更ですがクルマを設計する技術者ってホント頭が良い人たちなんだなって思うです。 

 

|

« Hand made coupeを偽造する♪(そのⅡ) | トップページ | ギターアンプを修理する »

117の事」カテゴリの記事

コメント

なかなか難しいですね。
アッパーホース側での水温を計ってみると
原因が絞れるのかもです。

ハンドメイドはパーツリスト上でファンガード
となっています。
筒状でシュラウド状にはなっていないんです。

投稿: 池ヤン | 2015年9月24日 (木) 17時39分

とりあえず、こだわりがあるなら別ですが、クーラーと連動している電動ファンを目いっぱい大きくしたらいいのでは?
アイドリングだと回転数も低いですし、カップリングのファンだけでは、厳しいみたいですので。

投稿: mmdaichi | 2015年9月24日 (木) 23時46分

ご指南Ikeやんさん
>アッパーホース側での水温を計って
 むふふふ♪実は同じ事を考え秋葉原のジャンク屋でサーミスタタイプの電子式隔測温度計を購入して来たんですが・・・ハテ何処にセンサーを付ける??で頓挫でつ。
(イロイロやってるでしょ??)

>筒状でシュラウド状にはなっていない
 ですねぇ、前ネタでホンダのS6なんかも誠に簡素と言うかな「無いと寂しいからつけてみました」レベルなんですよ。
 翻ってサイキンクルマも同じで電動ファンが華奢な金具で取り付けられているだけでどれがシュラウド??とつい聞きたくなる状態。
 思うにシュラウドってあんまり効果無いんでは??と睨んでますけど??

投稿: うんちく | 2015年9月25日 (金) 03時54分

M山さんも有り難きご指南
>こだわりがあるなら別ですが、クーラーと連動している電動ファンを目いっぱい大きく
 ですよね、コンデンサの前に既に装着されている電動ファンは汎用の超薄型三十センチファンでしてこれでもスペースがギリギリで一度バラして押し込んでグリルの中で組み立てした次第でして。
 とならばやはり吸い込み??でカプリングファンは諦めてツイン電動ファンにしようと思ったんですがプーリとラジエータの間隙は5センチ程、マージンを考えると随一おべんちゅ様の電動ファンが付きそうだと・・・で?毎度の結末で中古でさえ天文学的な値段に腰が抜けましたとさ(涙)。

>こだわりがあるなら
 ダイジョブです、金とやる気とこだわりの無さでは誰にも負けませんから??てか??勝ってどうする??みたいな??
 はて・・・・

投稿: うんちく | 2015年9月25日 (金) 04時06分

うんちくさん
>P番号が打刻されていないのでどれが後期型のインジェクタやら??
インジェクタは'78以降はG180WEもG200WEも同じようですね。ECUが異なるようです。
'76.5以降'78は8-94209-725-1(G180WET)、'78以降は8-94212-186-1(G180WE)
で、'79以降は8-94215-835-0(G200WE)とのこと。

投稿: 四方山果無 | 2015年9月25日 (金) 07時02分

連投ご指南四方山さん
>ECUが異なるようです
 触媒が異なりO2センサーがエキマニに付く様になった時点で変わってますね。
けどどうやら基本的なシーケンスは同じらしいのですがピンアサインが全然相違するのでポン付けはムリポみたくです。
 所で謎のECUが存在するんですよ・・・・これ何ですかね??
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g158372616
 アナログECUと言うと聞こえは良いですが簡単に言うと巨大コンパレータな訳でしてそんなに細かい制御が出来る筈は無いんでせうがね??興味深々。

投稿: うんちく | 2015年9月26日 (土) 04時49分

>所で謎のECUが存在するんですよ・・・・これ何ですかね??
WAってあるので、これはジェミニのG180WA搭載車のものじゃないですか?

投稿: 四方山果無 | 2015年9月26日 (土) 08時57分

ご指摘四方山さん
>G180WA搭載車
 なんだかそれがオリジナルでも無いみたいな?ラリースペシャルがあーたらこーたらの講釈があったりでね。
噴射時間が長いとかなんですかねぇ??ちと欲しかったりしますけどね。
いかん・・・右手が・・・・ペシっ!

投稿: うんちく | 2015年9月26日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/61743131

この記事へのトラックバック一覧です: クーペを冷やすのだぁぁⅢ:

« Hand made coupeを偽造する♪(そのⅡ) | トップページ | ギターアンプを修理する »