« Hand made coupeを偽造する♪ | トップページ | クーペを冷やすのだぁぁⅢ »

2015年9月12日 (土)

Hand made coupeを偽造する♪(そのⅡ)

タイトルを見た方の中にはもしかして「オイオイ!例のオーバーヒート対策はどないなってるねん」と思ったのでは??え??興味ない??だよね。
 まあオーバーヒート対策なんですが連綿とやってはいたのですが意外な結果が。
 フト思いたちアンダーガードも外してせっかく作ったファンシュラウドも外し、ファンだけはPA96用の未改造ファンのまま未だ夏の残像が残る中クーラー全開で態々渋滞路に嵌りに行った結果・・・・・殆ど同じですた(涙)。
但し何もしない時よりはかなり温度の上昇は抑えられているのでPA96用のファンが相応に効果が有ったのは体感出来るんですがね・・・・万策尽きました。
 後はオイルクーラー位かな??どちら様かノウハウをご教示賜り度m(._.)m

 さてオーバーヒート対策も飽きたのでハンドメードクーペのインパネ偽造の続きです。
 前回はとりあえず突板を張り付けした所で終わったのですがね、更に作業を進め穴と言う穴は全部開けました。

Img_5580

これが案外厄介でして、樹脂に木目を印刷したモドキシールならサクサク切れるものの幾ら突板とは言えナチュラルウッドですからそう簡単には行かないのです。
 まず大き目の穴はカッターナイフで十字に切り更に切れ目を入れて大雑把に丸い形に切り取る。
 更に今度はヤスリを持ち出してベース金具の円周に合わせて慎重に削り取るとどうやらこうやらで綺麗な○に切れました。
 更に鉄製のベースパネルはかなり錆が進行していたので錆転換剤を塗布し乾いた所で600番のペーパーでさび落としと全体のお掃除を済ませシンナーで洗浄しクリアを吹いて錆止め。

Img_5581

少々面倒なのはこのスイッチ穴でして回り止めの為に○では無くカマボコ状に加工されてましてね、これが無ければリーマーを使えば綺麗な○になるのですが。
 で!ここで一旦手を休め毎度おなじみジョイフルぽんたに走りニスを探します。
 ハテ何にするかな?と思い最初は一番安いハケ塗り用のニスに手を伸ばしかけたもののよく考えるとこれだけでは足りず当然仕上げ用のクリアニスも必要、で!オネダンはと言うと両方合わせて1300円少々で更にハケも要るし。
 で!結局クリア仕上げ不要と謳っている缶スプレー(1300円少々)で色は一番薄いメープルに。
 帰宅しテストピースに塗装してみたのですがね、最初は材料節約で手持ちのニスと比較したのですが。

Img_5589

下が手持ちのチーク用で水性、上が今回購入した油性のメープル。
もう断然メープルですよね。
でもって新聞チラシを地面に敷いてその上にパネルを置いてイザ♪

Img_5591

毎度おなじみ大失敗でして(涙)。
 我ながら「よくこの程度の腕でクーペ一台自前全塗装したよなぁ」と感心する位に下手(自爆)。
 敢えて言い訳をしますとね、この日は朝から風が強くしかも断続的に吹き荒れる状態でして。
 そんな僅かな風の止まった瞬間を狙いスプレーしたのですが何故かボタンを押した瞬間に風が吹く悪循環。
結局1時間の間に二度重ね塗りをしたものの一部流れてダマになるわ表面はオレンジピール状態に。
 ただこの写真は塗装直後でこの後乾燥した状態ではかなりマシにはなりましたけどね。 
まあ何れ明日は1000番から2000番のペーパーで研磨して更にクリアを厚く吹いて更に研磨すりゃそれなりに見られる状態になるのでは??と??アマイ??
 ものの次いででウィンカーインジケータも塗装しました。
 しかもこちらはオリジナルを無視してDOHCのヘッドカバーと同じ結晶塗装にしてみました(どうせパネル自体が偽物だしね)。
 サンドペーパーでガシガシ磨いてと。

Img_5585

ランプホルダーは錆止めをしてからクリアを吹いてオシマイ。
インジケータのフレームはレンズ部にテッィシュをつまようじで押し込んで裏側はマスキングテープで養生しシリコンオフで脱脂してから結晶塗装スプレーをぷしゅ~~~~♪

Img_5592

最初は漆黒の黒でツヤツヤだったものが日光浴をさせると暫くして皺が出初めてコチラはマズマズの仕上がりでした♪
 さて明日は気合入れてサンディングして艶出しして更にクリアを吹いて更に艶出ししてと。
 目指せPA90のインパネ♪(既に諦めてますけどね)。

 



|

« Hand made coupeを偽造する♪ | トップページ | クーペを冷やすのだぁぁⅢ »

117の事」カテゴリの記事

コメント

予想していたよりも上手く出来ましたね~
PA60位の出来ですかね、これで筆を使って模様を入れたらPA70位まで行きそうですね(笑)
合格点がとれたらタイプ1のリアデフォッガ-S/Wをあげますから、ハングル文字のスイッチは止めて
それを使ってください。

投稿: かたかた625 | 2015年9月14日 (月) 18時51分

お世辞上手なかたかた隊長
>上手く出来ました
 ですか??やった本人はイライラの自己嫌悪でしてね、左側はマアマアなんですが時計が付く部位は斜めでして最初から判ってるんですがニスを塗布するとタレちゃって。
まあ何事もアバウトな性格なんでね「素人塗装の極意は厚く塗って厚く研ぐ」が基本と心得ておりまする。

>ハングル文字のスイッチは止めて
 むふふふふ♪隊長ともあろうお方がアンマイですな。
あの左から四番目の穴には正しくは何が付くか?正しくは??じつはワタシも知らないのですが恐らくいすゞオリジナルとしてはメクラ蓋が正解では??
一番多いのはハザードスイッチとか言いますけどね・・・HMの年式とハザードの法制化の整合性を考えると??・・・おっと!
これは次回飲み会のネタって事で。
てな訳で四番目の穴は塞いでしまいますた。
本来のクーペはスイッチ穴は三個だけ~~~??なんてね。
 

投稿: うんちく | 2015年9月14日 (月) 22時45分

こんばんは。

>あの左から四番目の穴には正しくは何が付くか?正しくは??じつはワタシも知らないのですが恐らくいすゞオリジナルとしてはメクラ蓋が正解では??

あそこにはハングルS/Wが付くのが正解だと思いますよ。
フロントバンパーにフォグ用の穴あきのバンパーが用意されていました、もちろんメクラ蓋されていましたがね、私のところで現物のバンパーを保管していますよ。
フォグ用のハーネスもエンジンルームまで来ていますから・・

ハザードの法制化が騒がれ出したのが発売から半年後くらいからだったので、急遽配線を変更してダッシュ左下のチョークノブの隣にさりげなくハザードノブを追加しました。

投稿: かたかた625 | 2015年9月14日 (月) 23時57分

無粋な隊長さん
>チョークノブの隣にさりげなくハザードノブを追加
 ででで・・・ですからそれ言うたら酒のツマミが一つ減るや無いですかぁ(涙)。
 テレビドラマも同じでイキナリ20時5分に水戸黄門ご老公が印籠出したらおもろ無いですやん。
 ツマミはツマミでもノブが一つ減るなら良いのですけれど(笑)。

投稿: うんちく | 2015年9月15日 (火) 00時09分

こんばんわ。
万策尽きたとのこと、冷却側が充分とすれば、発熱側はどうでしょうか。
アイドリング中の点火時期が遅いとか、空燃比が濃いとか、エンジンをいたずらに発熱させてないですか?

あとはうんちくさんのほうが専門?と思いますが、コンプレッサーの効率ですかね。最近は軽自動車でも、真夏でも寒いぐらいクーラー効いて水温ピタリですが、あれって、なんでなんでしょうかね~?

投稿: mmdaichi | 2015年9月16日 (水) 22時17分

サーモスタットを外してみるのも手かと
水流の確保の為です
改善される様でしたらサーモスタットの
形状を工夫すると水温低下出来るかも


旧池ヤン号で試したのですがアンダーカバーは
付けておいた方が水温降下にはイイです
シュラウドについては色んな考えがありますね
外した方が冷えるって方もいらっしゃいます
↑は117coupeでの話です


投稿: 池ヤン | 2015年9月16日 (水) 22時52分

流石同病M山さん
>エンジンをいたずらに発熱させてないですか?
 まず天下時期は疑ったんですがドンピシャ(そう言えばタイミングライト拝借御礼)。
 で?空燃比でつか??ナニそれ??みたいな??ウチクーペはドノーマルでしてECUもドアナログなんで弄るも何もね??オリジナル状態で空燃比って変更出来る??(所詮このレベルですからワタシ)

投稿: うんちく | 2015年9月17日 (木) 03時22分

流石ikeやんさん
>サーモスタットを外してみる
結局そこに行きますか・・・・むちゃくちゃ以前の話でオンボロホンダS600(非660)に乗ってた頃夏場はサーモを外すのが当たり前でね。
ならば設計段階でちゃんと検証して無いの?てな話になりますが我がクーペの場合は既に「有り得ないバージョン」になってるので何が本当の原因なのやら??
 とりあえず次の連休でサーモはずししてみますね。(これが又面倒で・・・)

投稿: うんちく | 2015年9月17日 (木) 03時27分

敢えてこちらに反応
>↑は117coupeでの話です
 クーペ以外にネタ有りませんやん??ね??

>シュラウドについては色んな考え
 それを突き詰めると空力の世界に入り込んじゃう訳でね、マジで糸をペタペタ張り付けて空気の流れを検証??なんて考えてましたよ。
 
ただね、これは又後日のネタにしますけど極めて単純に1800SOHC用のラジエータに2000DOHCエンジンを繋いだツケが全部回ってるんじゃ無いかと??
 パワー自体推定で20馬力程度上がってますもんね、所謂「エネルギー不変の法則」ですかね?

投稿: うんちく | 2015年9月17日 (木) 03時33分

えっ、まだ水温が下がらなかったの? 
冷却は水とオイルなので切り分けが必要でしょうね。

てっとり早く水からやるのであれば熱交換器の性能が100%発揮できているのか?または熱交換器の能力以上に発熱しているのか?
ラジエーターコアに付いた垢、サーモスタットは全開しているのか、ウオーターポンプの吐出性能の低下は、カップリングは完全にロックされるのか、エンジンのウオータージャケットに詰まりは無いか、クーラント濃度は・・・

エンジン側の異常発熱の可能性は、ECUを積んだ噴射エンジンなので混合気は無視して点火時期やオイルジャケットの詰まりくらいですかね。
サーモを外してカップリングを縛ってみれば見えてきそうですね。
頑張ってください!
考えられますが


投稿: かたかた625 | 2015年9月18日 (金) 19時21分

ご教示かたかた隊長
>冷却は水とオイルなので
 なのでもうオイルクーラー位しか思いつかないのであります~~~。
と思ってあれこれ調べたですがおいそれと買える金額では無いので逡巡しきり。

>ウオーターポンプの吐出性能の低下
はいはい!実は私もそれを疑っておるのですが組み込む時の写真を見る分にはウオポンのブレードに何ら異常も無く、さりとて自然摩耗する筈も無く??けどもう疑うとすればウオポン位しか残って無いんですよ。
 アトは作業の都度クーラントを抜くので溢した分だけ水を補給する関係で段々薄まってキャビテーションでも起こしてるかな??
ナンテね??嗚呼!キリが無い(涙)

 と??あれこれ調べてみると社外品なら諭吉様1名以下で入手可能なんですがね、これでダメだったらもう夏場は乗らない以外に無いかなぁ??と??

投稿: うんちく | 2015年9月19日 (土) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/61581875

この記事へのトラックバック一覧です: Hand made coupeを偽造する♪(そのⅡ):

« Hand made coupeを偽造する♪ | トップページ | クーペを冷やすのだぁぁⅢ »