« ビールでワイワイ♪ | トップページ | クーペを冷やすのだぁぁ(その2) »

2015年8月 8日 (土)

クーペを冷やすのだぁぁ

まあ幾ら言うても何も変わりはしませんがね、あちゅいですな。
 人様があちゅいならクルマだってあちゅい、増してや齢40年に迫ろうと言う我がクーペにとってはこの暑さは天敵。
 元々G180Zの1817ccエンジンを搭載していたXCにDOHCのG180WEを無理やり詰め込んだ上にボアアップ迄しちゃって排気量は1949ccにしているので尚更暑い。
 真冬はそうでも有りませんが炎天下に渋滞で更にクーラー(エアコンじゃ無い)を入れると瞬く間に水温はドンドン上昇しとてもじゃ有りませんがこの時期はもう乗る気にもなりません。
 そもそもがこの車体にG200WE相当の改造エンジンを載せる事自体が無謀なの?
確かにG200WE搭載車はと言うとラジエータも大きいしファンも大きいしそもそもシュラウドのサイズも構造も違うので無謀と言えば無謀ですけど今更G180Zに戻す訳にも行かず。
これはちょいと珍しい?左からHM用で中央が量産丸目用で右端は角目PA96オートマ用のラジエータを三個並べてみたのですがもうその違いたるや歴然。
Dscf0210  勿論それは当初から承知しておりましてね、大枚叩いてオリジナルのラジエータはコア増しならぬ水路増しで完全OH済なんですが。
 で?どうしたか??シュラウドにファンが収まらない以上シュラウドを大きくするかファンを小さくするかしか選択肢は有りませんよね。
 でやっちゃった♪
Img_0338 余りにも安易??けどそもそもオリジナルで適合するシュラウドなんて存在しないし一から手作りするとなると大変な手間になりますもんね。
 能書きがやたら長くてすんません、でもって結局それが間違いだったのでは?と言うのが今の結論。

ならばどうする??先の例え通りファンはオリジナルに戻してシュラウドを大きくする以外には無いのですよ。
  で?その前にファンを切っちゃった以上元に戻す訳には行きませんよね。
で~~も!ちゃんと予備のファンが有るのでつ。Img_5450
 左がPA96用(多分)で右がPA95角目用(多分)上がPA95丸目SOHC用のファン(しかし何でも持ってるなぁ・・・)。
 この内丸目用のそれは固定ボルトの位置がもう全然違うのでボツ。
てな訳で今回は下段左のファンを使おうと点検した所??アレ??カプリングが完全に固着しちゃってます。
 けどダイジョブ!はずしたばかりのカプリングは元気なんでこれを使って???アレ??
Img_5451 重ね合わせてみるとそもそもカプリングの径が違うのですよ。
 けどまあ取り付けボルトの位置が同じだから??アレ?Img_5454
パッと見で判る位PA96用の方が遠い(外にある)のです。
 これには愕然としましたね、ハテどうする??
どうするもこうするもいすゞさんに走った所でパーツなんぞ出る筈も無くなんとか遣り繰りする以外には無し。
 で?工具箱から取り出したのは?丸ヤスリ♪
これでボルト穴を長穴加工して強引に付けちゃえと言う暴挙に出たのであります。
 このクソ暑いのにヤスリでゴリゴリ削る事約1時間、どうやら固定出来る所迄加工出来たので綺麗に洗浄してから防錆用にクリアを軽く拭いて出来上がりと。Img_5470
 写真で見るとモトサヤみたくなってますが実はセンターコアの径は適合するもののコア部が二段構造になっててファンとコアは完全に密着して無いのですけどね・・・これは見なかった事にしてと。
 早速仮取り付けして見たのですがヤハリ。
Img_5459 もう見事と言うしか?笑うしか無い位にファンはラジエーターのアッパーコアさえ超えて飛び出してます。Img_5477
 で??ドーすんのオマエ??
ハテ???とか言うてね、実は事前の仮フィッティングで何とかなる??レベルなんですが目算はございましてね。
 これこれ!Img_5467 しっかし何でも置いてるなぁと我ながら感心するのですがね、このサビサビのゴミはと言うとHM PA90用と聞いているファンシュラウドでして、こんな物普通は捨てますよね?
 で~~と!ホィールブラシをドリルに付けて、更にサンディングブロックにペーパーを付けてシャカシャカ錆取する事約1時間、灯油とクリーナーで洗浄してから缶スプレーで塗装してみました。
Img_1647 まあ綺麗とは言えませんし増してやこの暑さで少し泡が吹いてぶつぶつは出ましたけど普段目にする所では無いので気にしないと。
塗装が乾いた所で早速仮フィッティングしてみたのですがまあこんなもんでして。
Img_1652  豪快に隙間だらけですけどもともとこのシュラウドも上部に厚めのゴムシートが付けられている位ですからこんなもんでしょう?
一応幅は適合しますから上部の隙間はホムセンで切り売りのゴムシートでも手に入れて切り貼りする以外に無いですね。
 それより困ったのは下側でしてかなりの寸足らずな上にボルト穴がもう全然違う、更にそもそもそのボルト位置には本来ミミが出てて固定する様になってるのでハテどうしたものやら?
 まあ又明日考えますけど手持ちのブリキ板でも加工して延長するしか無いでしょうね。
 けど悪い事ばかりじゃ無くてこのPA90用のシュラウドだとPA96用のファンとほぼ同心円で固定出来るのと更にファンとラジエータの間隙は1Cm程度で激突はしないし遠くも無く事実上これ以上詰められ無い位接近しておりシュラウドさえしっかり作れば空気漏れも無いだろうと?それ位キッチリ詰まりました。
 久々に朝から猛暑の中ツナギ着用で切った張ったの大騒ぎでしたがね、ここまで来ると明日が楽しみですなぁ~~~
 幾分夕暮れには早いのですが喉もカラカラなのでビール♪と行きたい所でしたが未だ片づけが終わって無いのでこれでカンパイ♪Img_1648
 近頃これに凝ってましてね、美味しいのにスッキリで後味爽快。
甘さ控えめで炭酸でシャッキリしますよ~~~。
 でわ又明日お会いしましょ~~~~~~。

|

« ビールでワイワイ♪ | トップページ | クーペを冷やすのだぁぁ(その2) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

うんちく師匠熱中症は大丈夫ですかsun
ファン固定ボルトの位置を変えて回転バランスはチェックしましたか?
このシュラウドはPA90用とは違いますが、このほうが良さそうですね。
ところでうんちく号にはエンジンのアンダーカバーは付いていないんですか、カバーが無いと低速走行時に
ファンの効果が激減しますよ。
量産型にはアンダーカバーが無いのでしょうか?

投稿: かたかた625 | 2015年8月 9日 (日) 13時59分

有難うございますのかたかた隊長
>熱中症は大丈夫ですか
 ご心配おばおかけしておりますが・・・・実は熱中症対策はお仕事の一部でして先月は厚労省の対策セミナーに出席した位でね、100%ダイジョブです。

>回転バランスはチェック
 流石お気づきで?長穴加工をすると決めた瞬間「同心円になる?」とは思ったのですが選択肢も無いのでとりあえず加工してからノギスでフランジ部で長さを計測し距離的には同じにしたのですがね。
 このファンは例の「不等ピッチファン」とか言う代物らしく元々偏心して作ってあるのでは?と??厄介でせう。

>PA90用とは違いますが
 え?そうなんだ?前の持ち主からは確かそんな話を聞いた気が・・・いい加減なもんですな。

>カバーが無いと低速走行時にファンの効果が激減しますよ
 はいはい!エアショートね、元エアコン屋さん(モグリの)なんで結構悩まされました、特に室外機は置き場所によってよく有る話でね、ド素人のエアコン屋は安易に「故障です」なんて新品を売りつけたりして。ちゃんとエアショート防止のルーバーってメーカーさんから発売されてるのを知らない自称プロが居たり。
 で?はいはい、アンダーカバーはクーラーントを抜く時に外しただけでつ。
シュラウド自体はボルト4本抜けば外れるんですがこれを外そうとするとアッパーホースを外さなきゃと、アッパーホースを外すにはクーラント抜かなきゃ、クーラント抜くにはアンダーカバーを外さなきゃ・・・・ナンデヤネン(怒)。

投稿: うんちく | 2015年8月10日 (月) 05時02分

今更ですが写真を見てみると96用のファンじゃ無いようです
96用はツインカム、シングルカム用共に7枚羽です

投稿: 池ヤン | 2015年9月23日 (水) 16時44分

ご指摘Ikeやんさん
>96用のファンじゃ無い
 え~~~??そうなんですか??可変ピッチ??みたいな話でよく冷えるとは聞いていたのですがねえ・・・・流石にもう手持ちは有りませんでして。
そもそもウチのクーペって一体何なんだかもうサパリ判らんグチャグチャ仕様になっちゃって(涙)。
 と言いつつとりあえず今日はシュラウドを取り付け隙間と言う隙間は全部ゴム板で塞いじゃいました。
 結果?外気温30度でクーラー全開の10分アイドリングで80度少々かな??多分やっぱダメぽな??オイルクーラーしか無いかなぁと?

投稿: うんちく | 2015年9月23日 (水) 17時53分

調べてみますと6枚羽はG180SS用みたいです
ターンフローのシングルカムですね

G200用だと冷えるのかな?

投稿: 池ヤン | 2015年9月24日 (木) 20時49分

ご指摘Ikeやんさん
>180SS用みたい
 え~~~???SOHCの??G180Z用よりも大きいし不等ピッチなんでてっきり高年式車両用かな?と思ってたんですがねぇ???ハテ??
 実際エンジンを起動してシュラウドから出て来る風量たるや相当なもんでしてね、しかも先っちょをカットしたファンに比べても直線的に風が流れているのがよく判るんで少々期待してたんですがね。
 まさかこれだけ拗れるとは夢にも思いませんでしたよ・・・・困った。
 

投稿: うんちく | 2015年9月24日 (木) 21時44分

丸目初期のカタログで見つけて現車確認しました
G180SS用です
ピアッツァを含めてG200用では無いです
ピアッツァのG200用のファンをクーペに装着したら
返って水温が上昇したって話も聞きます

'79以降の角目用ラジエターに変装するのも視野に
入れたほうが良いのかも
丸目では装着されているコンデンサー前のファンが
角目では装着されなくなったからです

投稿: 池ヤン | 2015年9月26日 (土) 07時25分

まいどお世話になりますのIkeさんさん
>79以降の角目用ラジエターに変装するのも
 そぉ~~なんですよ、今回のエンジン換装に伴いラジエータもG200WE用を準備したのですがね、厚みが全然違ってて半分位シュラウドに入った所でアウト。
 入れるとなるとかなりの改造をしないとムリポなんですよ~~

 てな訳でカプリングファンは諦め吸い込みの電動ファンを物色中でつ(疲労)

投稿: | 2015年9月26日 (土) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/61089667

この記事へのトラックバック一覧です: クーペを冷やすのだぁぁ:

« ビールでワイワイ♪ | トップページ | クーペを冷やすのだぁぁ(その2) »