« いすゞな新年会無事終了の御礼 | トップページ | 大瀧さんはやっぱ永遠ですよね »

2015年2月 8日 (日)

珍品無線機を修理する

あちこちで標榜しておりますがね、ワタシ元々純粋培養の文科系でして技術的なコトは素人。
 ただサラリーマンをやってる内に勝手に通信系技術屋さんにされちゃっただけなんです。
とは言え元「自称天才無線少年」だった訳で今でもシツコクかつコツコツとそれらしき遊びはしておるのでありますが。
 そんな訳で拙ブログをごらんの皆様方勘違いしない様にね、決してプロじゃ無いから何でも直しちゃう訳では無いし増してやこれで生計をたてている訳でも無いのであんまり気軽に依頼しないで下さいネ。(面白がってはいますけど)
 そんな繋がりも有り時々メーカーさんも面倒見ない(古過ぎ・倒産・部品無)電子機器の修理を依頼されるコトが有ります。
 最近のネタでは117クーペのタコメーターなんかもそのクチでしていすゞさんもヤザキさんも修理自体を受付せず、街の自動車屋さんでも無理だもんね。
 さて今回お預かりした無線機はコリンズはおろかドレークに春日無線にJRCに??なんぞメじゃ無い超レアアイテムの松下電器さん製リニアアンプでRJX-L610。
 リニアアンプと言うと572Bを4パラとか4CXのチムニー管パラで入力2Kw超えとか?と思うのですがナントこの品は最大出力10WPEP・・・と誠にトホホなアンプでして。
012
一応前回お預かりした同じく松下電器製の6m帯SSBトランシーバーのオプションで販売されていたらしいのですがその姿は勿論存在さえ知りませんでした。
 だし元々本体で5W出ている訳でそれを10Wにして何になる??と言うツッコミは無しにしてと??
 オーナーさんの弁によると通電&送信してもアンプしない、つまり5Wのままだとの事。
 症状からしてどうやらリレー??かな?と思いとりあえず分解して目視点検。
Img_1611 前のRJX本体のネタでも書いてましたがこちらもやはりベークライト基盤でしてね、思わず「ポケットラジオかっ」と呟いちゃいました。
 これもメーカーポリシーとでも言うのですかね?同じ無線機でも家電屋さに作らせるとこうなっちゃう。
まあ部品実装密度は極度に低いのでラクチンと言えばラクチンなんですがね。
 さてパッと見にはおかしな所も無く数個使われているケミコンの液漏れも無くハテ??
と!よ~~く見るとこちら。Img_16121
 ファイナルに使われている三菱さん製の2SC1969のランド(ハンダ)がCBE共々一部溶けて無くなってました。
 恐らく無負荷で送信したか或いは高SWRのアンテナで運用したか?
 更に最悪のケースはリレーが切り替わらず無負荷になったか?
 それも想定しトランジスタとリレーを探したもののトランジスタは入手可能なれどリレーはどうにもならず代替も無く。
 一応オーナーさんには石を交換してもダメな場合が有るが??と話をしダメモトでOKになり早速部品手配完了。
 次行ってみよ~~!
お次はICOM(旧井上無線)さん製のIC351、オールモードのUHFトランシーバーでして電源が入らないと言うかフューズが飛んでしまうとの事。
 症状からして推定するに平滑回路のケミコンか整流用ダイオードのパンクだろうと?
 これまた早速分解してみました。
011 問題の電源ユニットは筐体後部の底に位置しており裏蓋をはずし更に電源ユニットを固定しているアルミ製のフレームも外し取り出しました電源ユニット。
010 こなたスイッチング電源になっている所からしてハヤリ一番怪しいのはケミコン?かと思ったのですが液漏れも無いし実装状態ながら容量計で静電容量を計測するも悪い値では無い。 
ならばシリコンブリッジが飛んだ??これ又デジボルであたるものの異常無し。
あらら??実は比較的簡単に原因は判るだろうと考えていたのでガックリです。
 気を取り直し回路図を探した所思わぬ所で発見!
 冷静に回路図を眺めていると電源トランスのプライマリ側にサージアレスタが入っている事に気がつきました。
 これなら手持ちのアレスタが有るので「壊しても平気だし」と思い半田ごてを取り出し基盤から外してデジボルで導通を取るも??異常無し。
完全に頓挫してしまいましたがシツコイのが基本のワタシとしては諦めきれずハテ??
「嗚呼!トランスの検査忘れてた」と気がつきデジボルでプライマリー側の導通を見ると???ははは・・・・コイルがトランス内部でショートしているらしく抵抗値がめまぐるしく変わり計測不可能。
 もしアナログテスターが有れば多分指針が左右にピコピコ振れまくりだったと思います。
やっと原因が判りサテ修理??トランスはどうする??メーカーさんに問い合わせをする迄も無く「そんなもん有る訳無いやろアホ」と言われるのが関の山。
 汎用のトランスで使えそうなのを探すが専門メーカーで巻きなおしして貰う??
テは幾らでも有りますがお代は幾ら?になると余程歴史的価値の高い無線機でも無い限り現実の話では無く・・・・さてあれこれ考えてサテどうしたと思います??
 それはまあ上手く行ってからのお話で。

|

« いすゞな新年会無事終了の御礼 | トップページ | 大瀧さんはやっぱ永遠ですよね »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

うんちくさん
 それだけのスキルがあれば十分商売できるんじゃないですか?
私も後数年で毎日が日曜状態になるんで一緒に商売しませんか?
私は営業にまわりますので・・・。

 トランスいくらか手持ちがありますので電圧と寸法を言って
もらえれば探しますよ。

投稿: 四方山果無 | 2015年2月10日 (火) 11時34分

ただの変態おやぢかと思っていたら本当は凄い方なのですね!

投稿: TN | 2015年2月10日 (火) 20時30分

ご指摘四方山さん
>十分商売できる
 確かにメーカーさんが面倒を見なくなった電子機器の修理って結構需要が有るんですよね。
 ただもの凄いスキルと経験と知識と根気と・・・部品のストックが必要で、確かにそんなメーカーさんでも拒否する物を修理する専門の業者さんもいる様ですが問題数多。
 ワタシもこれが飯の種になったら結構阿漕な事を言い出すと思います。
 所詮暇潰しのレベルなんですよ。

>トランスいくらか手持ちがありますので
 有難うございます、秋葉原にジャンク屋さんが沢山有った頃なら足を棒にして歩けばHITしたのでしょうけどね。
 その手間を時間工賃に掛けると??飛んでも無い費用が発生する・・・でも私は素人???ハテ??請求出来ない金をかける訳には行かない。
 要するに毎回そうなのですが素人とプロの狭間で揺れ動くのです。
 ワタシは胸を張ってかかった費用を請求出来るレベルでは有りませんからね。

投稿: うんちく | 2015年2月11日 (水) 19時06分

トンでもTNさん
>本当は凄い方
 ででででで・・・ですから素人なんですってば。
 タマタマ上手く行ったケースに恵まれただけの話なのですよ。
 「出来ない理由を並べたく無い」って損な性格も災いしてますけどね。
 所で近々その辺でチョイとやります??
恵比寿で溜め込んだアルコールもそろそろ抜けそうでね・・・

投稿: うんちく | 2015年2月11日 (水) 19時09分

スタンダードFT-203 スケルチ、ボリウム不良が3台ありますが修理依頼をおねがいできますか。

投稿: 山領綱春 | 2018年8月22日 (水) 10時28分

ic575送信出力不良

投稿: 近藤良文 | 2018年10月 8日 (月) 10時29分

ic575の送信ができず 送信LEDも点灯しません

投稿: 近藤良文 | 2018年10月 8日 (月) 10時34分

投稿に気がつくのが遅れ大変失礼致しました、修理対応ご希望との事ですが当方文中にも記しております様に純粋培養文科系で簿記二級算盤三級のていたらくです。
 又何処から聞いてこられるやら古い無線機にオーディオアンプに果てはタコメーターにカークロックにと有難い事にご依頼を沢山請けておりしかも滞貨気味でご迷惑をおかけしておる次第。
単なるバリーオーム不良なら何とかなるかも知れませんが果たして何時出来上がるやら??
 それでもよろしければとりあえず拝見するだけはさせて戴きますので再度ご検討下さいませ。

投稿: うんちく | 2018年10月 8日 (月) 12時02分

すみません。CollinsのKWM-380が故障して困っています。
修理って可能ですか??
故障内容は全てのバンド(たぶん)で約400Khzくらいずれて周波数カウンターに表示します。
サービスマニュアルなど資料関係は揃っていますが、それなりの技術が私にはありません。
修理して頂けるようなら概算でどれくらい費用がかかりそうか教えて頂けると助かります。
(見てみないとわからないかもしれませんが・・・)
ご検討をお願いします。

投稿: Collins | 2018年12月 3日 (月) 12時50分

そう言えばこちらのブログも病を得てから放置気味ですね。
>コリンズさん
 態々ご来訪戴き恐縮です、コリンズのしかもKWM380ですか??ぎょぇぇぇぇ、KWM2は何度か入手を試みましたが見事玉砕ですし380となると突撃前に玉砕する高根の花。
 そんなお宝の修理なんてとても恐ろしくてお請け出来ないです(涙)、ただ症状からするとVFOか原発か中間周波(455Khz?)が狂っているのでは無いかと??だとすると調整だけで追い込めるかな?最悪原発の水晶?の交換になる可能性は有りますけど水晶片なら余程特殊な仕様では無い限り〇千円でオーダー出来ますからね。
 ただ自前でやるとなると最低限周波数カウンターは必須でミリバルとシンクロスコープが有れば尚ヨシですけどね。
てな訳で当方では対応出来ませんが知り合いにプロみたいな素人が居ますので紹介位は出来るかも。
 因みに正式に業者に依頼すると多分レバレート6千円位×実所要工数は取られると思いますよ。

投稿: うんちく | 2018年12月 3日 (月) 13時33分

ミッキ-MK-566Eをアドニスマイク、ヤエスFTM-350で
使用したいのですが、配線の変換などは出来ませんか?
お値段、修理日数等ざっくりで宜しいので相談に乗って頂けたら幸いです。

投稿: 金井 直人 | 2019年7月15日 (月) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍品無線機を修理する:

« いすゞな新年会無事終了の御礼 | トップページ | 大瀧さんはやっぱ永遠ですよね »