« 古(いにしえ)の無線機を修理する(作業完了編) | トップページ | カエルの子は蛙? »

2014年11月15日 (土)

例のアレ見てきますた。

近頃はクーペネタも枯渇しててちと寂しいのですがやるコトが無いと言うかやる気が無いと言うか?
 劣化が目立つ塗装は錆び取りをしてハンダとパテで埋めてサフ入れて研いで赤の色留めで白吹いて・・・それっきり(爆)。
 まあ「ハシリに関係の無い事だし」と自己弁護しときます。

 さてタイトル、多分拙ブログをご覧の方ならタイトルを見ただけで「嗚呼!アレね」となるとは思いますけどね、行ってきますた国立科学博物館。
http://www.kahaku.go.jp/event/2014/11dendo/
 我がいすゞ117クーペが栄えあるヒョウショウジョーを頂戴する事になりました。
 とは言えワタシのクーペじゃ無くて(アタリマエダッチューノ)いすゞさん渾身のレストアをされた所期の所謂HandmadeのPA90なんですけどね。

とっぷり陽の暮れた18時過ぎ上野の国立科学博物館に無事到着。Hond0290
入り口で620円の入場券を買い中に入って早速ガイドのおねぃちゃんに「いすゞのクルマが展示されていると思うんですけど?」と質問した所???
 え?は?と煮え切らない様子で隣に座っていたおねぃちゃん2号とヒソヒソ話してやっと「新館の二階です」と教えてくれました。
 旧館の廊下を抜けて右に曲がりエスカレータで又上に上がり・・・やっと到着でご対面。
Hond0297_2
展示場の一番奥の角に展示されていたのですがね、まあ当たり前ながらクーペの周囲はちゃんと仕切られており「絶対にお手を触れない様に~~~!それは法律で固く固く禁じられ??」とは誰も言いませんけどね、当然車内もエンジンルームも覗くことさえ叶いません。
 とは言え舐める様にしてあちこちパチパチシャッターを切りまくりしまつ。
Hond0291 Hond0292 Hond0296
 とまあここでつぶさに観察してアラ探ししなきゃなんですがね、生憎いすゞさん渾身のレストアだけに下手な事書くとツッコミの嵐になりかね無いのでフト気がついた「あれ?」は全部割愛してと。
 興味を引いたのはまずコレでしてね。Hond0319
ウィンカーの筐体は誠に初期型のそれで珍しいのは置いといてと、ヘッドライトのレンズカットなんですがね。
 暗くてよく見えないのですがどうやら当時モノ(まあ当たり前ですが)のシールドビーム。
それ自体はタマに解体屋さんやY!等で見かけるのですが何とも不思議なレンズカットパターンでして中心部の下あたりが狭い面積で平らなレンズ状になってるんですね、どんな配光パターンなんだかゼヒ点灯して見たいものです。
 更に特徴有るサイドマーカーなんですがね、勿論HM特有のアレなんですがよーく見ると?Hond0317 メッキ部に細かいプツプツが浮き出てますな。Hond0295
アトね、少々大袈裟やも知れませんが「画竜点睛を欠く」でして・・・
 よく見ると「ポチリレベル」ながら塗装が浮いてますね、形からすると錆びが浮いて塗装を押し上げたみたく見えましたけど??ナンデだろ??
 それ以外ではホィールキャップなんですがこりゃもうビックリと言うか全くの新品にしか見えないめちゃキレイな状態。
Hond0301  今回車室内を直接覗く事が出来なかったのですが実は?と言うかもしかして?私が小指の頭の半分位は手を出したアレがこのクーペの車内某所に取付けられている鴨?とは思ったのですが暗くてよく判りませんでした。
更に出来ればFフェンダーから手突っ込んでフルクラムピンのブーツは溶けて無いか?とか叶うならもっと粗探ししたかったのですけれど何れも誠に残念ですた。
車体以外には自動車殿堂の歴史やクーペの紹介パネル等もありましたがまあ全体的には期待した割には誠にアッサリしたものと言うのが本音。
 敢えて珍しい?と言うかな?ここならではの展示物がコチラ。
Hond0315 御大と宮川さんのメッセージが展示されてましたです。

 さてクーペ以外では同じ展示場にもメカニカルな展示物がございましてね、コチラ。Hond0313 かの有名な零式艦上戦闘機なのですが・・・・・ラバウル工廠であちこち合体して副座に改造されておりまして、九段に展示されているアレと比較すると結構悲しい状態かな?
 更にその左隣にはジェットエンジンが展示されており「お!1945年製造のネ20か?」と思いきや?まさかね、アレは多分今でも瑞穂の某所に有ると思います。
 アト車関係では黎明期に製造されたオートモ号とそのエンジンなんぞも展示されてます。Hond0309
 尚、同じフロアには車関係だけでは無く超初期の大型直流発電機とか真空管式のコンピューターとか旋盤とかが展示されておりますのでメカ好きにとっては興味深々かとは思いますがボリューム的にはイマイチかな?
 特に計算機の展示では元我社の世界初半導体式電卓の展示はおろか紹介さえされていないのにC社製のリレー式計算機が展示されているってなんかオカシク無い??Hond0314 ナンテね。
 それ以外でも日本独自の進化を遂げたワープロに至っては展示も説明も何も無いのですよね、その辺を知る我々としては誠に片手落ちだな?と思います。
 で?ワタシ上野に何しに行ったんでしたっけ?(自爆)

|

« 古(いにしえ)の無線機を修理する(作業完了編) | トップページ | カエルの子は蛙? »

117の事」カテゴリの記事

コメント

うんちくさん
 実は前の木曜日、会議で東京に行っていました。”アレ”のコト
もあり、声をかけたらおつきあいしていただけるかな・・・?とも
思ったのですが、体調不良もあり帰って来ちゃいました。
 この日は冠雪した富士山がとってもきれいでそれが見れたことが
唯一救いでした。
 さて、このクルマ、私にとってはとても気分よく見られるもので
はなく、自分がそんな風に思うような状況に陥ってしまったのが残
念でなりません。
 日頃は煩悩の塊のようにうんちくさんからイジられている私です
が、その私がもう勘弁して・・・と思うほどに”欲”にまみれた背
景があるのです。こんなコトを詳しく書いても面白くないばかりか
気分が悪くなると思うので書きませんけどね。
 117クーペはとても美しくて魅力的なクルマです。オーナーとな
る人はみんなその魅力に恥じない人であってほしいというのは無理
な望みかもしれませんね。

 あ、そうそう、来週の20日(木)も東京出張です。この日の仕事
は少々早く終わりそうです。もしお時間があればおつきあいくださ
いませんか?

投稿: 四方山果無 | 2014年11月15日 (土) 00時41分

速攻四方山さん
>自分がそんな風に思うような状況に陥ってしまったのが残
念でなりません
 突然ネタが変わるやも知れませんがクルマとワンコって同じだな?と思うコトしきり。
 だってオーナー(飼い主)によって幸不幸が決まってしまうけどクルマ(ワンコ)に罪は無いと?

>その魅力に恥じない人であってほしい
確かにネ、良かれと思い部品を提供したりお手伝いしたつもりが逆恨みを食ったり単に利用されてただけだったりした事も有るので同様に警戒したりします。
 悲しいコトですが現実なのですね。

>来週の20日(木)も東京出張です
 クルマネタに無線ネタにオーディオネタで大いに盛り上がりたい所ですが・・・どんなに頑張っても19時位ですが・・・詳細はDMで!

投稿: うんちく | 2014年11月15日 (土) 00時57分

うんちくさん
 夜更かしは身体にわるいですよっ!

>クルマ(ワンコ)に罪は無いと?
そうですね。罪は無い。アレもきっと美しく輝いているでしょう。

>悲しいコトですが現実なのですね。
いつまでもギラギラと脂ぎって貪欲な人こそ長生き出来るのでしょう。
少しは周りのことを思いやる気持ちが持てれば心豊かになれると思うのですがね。

投稿: 四方山果無 | 2014年11月15日 (土) 01時15分

連投四方山さん
>罪は無い。アレもきっと美しく輝いているでしょう
 わはは♪いよいよ四方山さんとチャット状態になってきましたなぁ、こんな長文駄文のブログによくお付き合い戴き感謝感謝でございますよ。
 まあまあご指摘通りでしてネ、単にクーペ好きどうしなら利害無くお付き合いしたいものですが現実は厳しいでつ。

>いつまでもギラギラと脂ぎって貪欲な人こそ長生き
もうじき選挙らしいですが都度思うのはサラリーマンならとっくに現役リタイヤしてノンビリ老後を過ごしていてもおかしく無い自称エライ先生が選挙になるとやたら卑屈になり必死で票をかき集めようとしてる。
 本音で「不幸な人達やなぁ」と思いますよ。
 そりゃ金も物も大事ですけどもっと大事な何かを忘れて無いかな?なんてね。

>少しは周りのことを思いやる気持ちが持てれば
 それ大切なんですがね・・・一度騙されたり利用されたりすると人間不信に陥っちゃう。
 程度問題ですが警戒しなきゃイケ無いのも悲しい現実。
 あ!でも基本的には「騙すより騙された方が良い」とは思ってますけどね。

投稿: うんちく | 2014年11月15日 (土) 09時55分

斥候隊長どの、写真有難うございます。
これが例のブツですか、一番最初に目についたのがロープロファイルタイヤです。
当時の標準装備でサイズは645-14だったと思います。まだラジアル構造のタイヤが日本に無かった頃の
最高級タイヤでした。
あの頃の記憶を振り返るとこのタイヤがPA90には合っていました、私は山が減って交換時にミシュランXASに替えてしまったら車への負担が大きくなってしまい可哀想なくらいでした。

ところで焼肉屋さんの写真がありませんね~
新橋のホルモンでしたか(笑)
詳しくは某MLにて・・・

投稿: かたかた625 | 2014年11月15日 (土) 17時46分

同病?オーナーかたかたさん
>写真有難う
 「スカート捲りせよ」(爆)との隊長命令だったのでペンタデジイチでは無くファインダー可変式のキャノンS2にしようと思ったのですがネ、お出かけ前に点検したら電池がタコでして、デジ一であのアングルは辛いと言うかハズいと言うか(滝汗)、かつ「ISUZU」のブルゾンを着用していたので周りの人がどう思ったやら??

>このタイヤがPA90には合っていました
単なる好みの問題なのですけれど90に限らずクーペがシャコタン極太タイヤになってると正直言うて「可愛そう」って思っちゃう。
 ボールジョイントやギアレシオの変化は有れステアリングの基本構造は一貫してましたからね。
 そんな訳で「何時かは」と思いつつFスプリングもカットしない儘です(面倒とも言う)。

>焼肉屋さんの写真
 当日は一応20時迄玄関先に居ましたけど予想通り誰も来ない(自爆)なんで駅前の腐れ居酒屋で軽く呑んで帰りますた。
 次回は又恵比寿サーキット耐久6時間自虐大会やりましょうね、あれおもろかった(自爆)。

投稿: うんちく | 2014年11月16日 (日) 02時52分

1945年製のネ20...見たい見たい見たい見たい見たい...ふぅ~~疲れた。
でも、見たいなあ。

投稿: ナツパパ | 2014年11月16日 (日) 20時27分

マニアック夏パパさん
>1945年製のネ20...見たい見たい
 オヒサです、で?アレ見たい??
今何処に有るのか正確に認識してませんけど多分拙宅から車で10分位の所に有ると?
 ワタシは職場が例の工業会の会員だった事も有り某展示会の折ネ20が搬入される所を目撃して・・少しスリスリ♪させて貰いますた。
 オマケでスミソニアンで展示されているのも眺めてたりでね(自慢タラタラ)。
 ただあそこに保管されているネ20に装着されているセルモーターは接収後にアメリカ製が取り付けられており誠に忸怩たる想いでしたけど。
 このネタになると止まらないので「今日はこれ位にしといたるわ」。

投稿: うんちく | 2014年11月17日 (月) 01時58分

付き合えませんで申し訳有りません。

軽く飲んで帰りましたか、
う~むそんなら行けたやないか~、
ちゃうちゃう行ったら絶対のまされる~て(突然関西弁風)

このくーぺは以前話題になったノスヒロに載ったやつですよね~。
実物はより素晴らしいのでしょうね。メッキの輝きがいい。
それとホイールキャップは新たに作ったそうですよ?

気になる点がひとつ。
四枚目に写真が気になりますが、まさかのOILキャッチトレイではないですよね~、そんな事ないですよね~。

投稿: こうたの父 | 2014年11月17日 (月) 21時41分

うんちくさん。
あなたがレストアした例の物が、コンソールに納まっていますよ。


投稿: リバー | 2014年11月23日 (日) 20時30分

亀レス御免のこうたパパさん
>行ったら絶対のまされる
 そりゃ逆でんがなまんがな♪

>まさかのOILキャッチトレイではないですよね
一応国立博物館の室内ですからね、一滴たりともオモラシが有ってはならない。
 お皿の位置からするとボールジョイント辺りでは無いかな?
 グリスを確り充填すると少し動かすだけでリリーフ穴からグリスがモリモり出て来ますからね。
 まあいすゞのブルゾン着用でペンタのデジイチ構え、床に寝転んで撮影しているバカな観客が居た位ですからフロアは綺麗にしなくちゃね(自爆)。

投稿: うんちく | 2014年11月24日 (月) 20時45分

おヒサのりばーさん
>コンソールに納まっています
 そうでつか♪そりゃ良かった♪♪
電気的な部品は互換品を探す余地は有れ、機構部品は殆どお手上げでしてね、アノ部品が変形していて何とかしたいとは思ったのですが・・・まさか石膏で型抜きしてポリエステル樹脂で作る訳にも参らずお恥ずかしい限り。
 まあとりあえず道具として使えはするのでお見逃し賜り度m(._.)m

投稿: うんちく | 2014年11月24日 (月) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/57990611

この記事へのトラックバック一覧です: 例のアレ見てきますた。:

« 古(いにしえ)の無線機を修理する(作業完了編) | トップページ | カエルの子は蛙? »