« 久々にクーペの車検整備をするその10((やっと終わりかな?編)) | トップページ | 人様のクーペを下見する »

2014年9月19日 (金)

久々にクーペの車検整備をするその11(完結編?)

Img_3931_2

あれこれ色々やんなきゃイケ無い事でジタバタしておるのですが延々とやってましたマイクーペのユーザー車検は無事八王子陸運事務所に持ち込み検査を終えて余裕の合格となりました。
  ただいつもの通りでノーテンキ状態だったかと言うとそうでも有りませんでね。
 ライトの照度不足でバルブの交換やらハーネス端子の磨きやらでどうやらT自動車さんでの事前検査はクリアしたものの不安なのでついライトを点灯したままにして帰宅後暫く放置。
それに気がついてセルを回すも当然ウンもスーも言わず。
 慌てて押入れから充電器を取り出して充電したものの折角新品で購入したボッシュブランドの蓄電池(実は韓国製の安物)が果たして蘇るのか?
 そんな不安を抱えR16を疾走しお伺いしました八王子陸運事務所。
 書類手続きはもう慣れたものでサクサクと終了し指定された第三レーンに並ぶのですが事前検査に来た係官はと言うととても若い人でした。
 前回G180ZからG180WEに換装し検査を受けた時の係官は確かVF750の車検でもあれこれお世話(ご指摘)になった超ベテランでしてエンジンブロックの鋳込み(G180)が何処に有るのか質問され即座に返答出来ずオロオロだったのですがね・・・・今回の検査官は質問すら無かったもののシャシー番号の打刻位置は当然確り見られました。
 検査自体は何ら問題無く全ての検査項目で一発合格♪
ただね、冷や汗だったのは蓄電池の放電に加えオーバーヒートでして今回も生憎と言うか運が悪いと言うか前に並んだ二台のクルマが何れも光軸検査で不合格となり延々待つハメに。
 そうしている間に水温計は上昇し90度を超える状態。
 ボンネットを開いて風を入れてエンジンを冷やしイライラしたものの結局何の問題も無く検査は終了しはしたものの久々に緊張したユーザー車検ですた。
Img_3932 車検を終え車検証の発行を待つ間喫煙所からパチリ♪
某クーペマニアにも同時送信しましたがIosの更新をした影響でLINEが使えず送信不能でした。
 え?「ナンデボンネットが開いているの?」ですと??はははは・・・はぁ・・・涙。

と!追加でPAPA様からリクエストでドラシャ分解後のシール塗布位置です。

 ガスケットの類が無いのでつい忘れ勝ちですけどね、忘れるとデフオイルを撒き散らすハメになるやも。

Photo 使った液体シールはエンジンのヘッドガスケットからウオポンから兎に角何でもこれを使ってますが全く漏れ無しのオールマイティー超優秀液体ガスケット・・・んが!ブランド名失念。

 ジョイフルポンタの工具売り場で確か800円位ですた。

|

« 久々にクーペの車検整備をするその10((やっと終わりかな?編)) | トップページ | 人様のクーペを下見する »

117の事」カテゴリの記事

コメント

いや~ん(//∇//(//∇//(//∇//)

社会の窓が開いてますよ~~。

クーペの・・・ クスクス♪

投稿: らびぴょん | 2014年9月23日 (火) 23時59分

♪タラッタラッタラッタ兎のぱんつ~~♪のらび嬢ご指摘
>社会の窓が開いて
 え??あ??イカン!巨大マツタケがポロリ♪
は?ちゃうやんか(怒)。
 近頃やたらおやぢ化してませんか?
捨てたらあかんでぇ~~~。(何を?)

投稿: うんちく | 2014年9月26日 (金) 03時29分

水温の90度は全く問題ありません。
加圧していますから、110度までOKです。しかし、それ以上の温度はオーバーヒートとなります。オーバーヒートを起こす前には、エンジンがギクシャクしだしますから分かります。

AUDIは、常時の市街地走行では110度まで上げて、燃焼効率を最大としていますが、運転者に不安を与えないためメーターの指示値は90度のままです。高速道路は90度としています。走行速度で可変させています。

これに似たことは現在の車ではあたり前となっていて、水温計が無く、青か赤表示だけとなっています。

気にしないことです。

投稿: リバー | 2014年9月28日 (日) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/57424485

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にクーペの車検整備をするその11(完結編?):

« 久々にクーペの車検整備をするその10((やっと終わりかな?編)) | トップページ | 人様のクーペを下見する »