« 久々にクーペの車検整備をするその5(伏兵に慌てる編) | トップページ | 久々にクーペの車検整備をするその7(1/10mmの攻防編) »

2014年9月 1日 (月)

久々にクーペの車検整備をするその6(触媒到着編)

あいや草臥れました、こんなの自慢にも何にもならんのですがクーペは勿論会社のオトモダチやご近所さんや更にそんな人達の紹介(依頼)で今まで何台ユーザー車検代行をやってきたやら?
 中には業者さんから断られた酷いクルマ迄背負い込んだコトも有り何れも不合格無し(同日内は何度も有)でして少々バカにしてたみたくで猛反省。

さて今回ご近所モータースさんで事前検査をして貰った所触媒付近からの排気漏れと左リアブレーキの制動力不足を指摘されました。
 左リアはとりあえずホィールシリンダを全分解しリペアキットでOHの後フルードを入れ替えエア抜きをして済ませたのですが問題は触媒からの排気漏れ。
 又もや触媒を下ろし目視点検するも何ら異常無くハテ??
このまま搭載しても駄目なのは当然なので何処から漏れているのか検査しなきゃなりません。
 あれこれ考える事30分程で行動に移ります。Img_1537
一昨年に捨てたFF石油温風器の床置きパネルを金切りハサミでチョキチョキして四角い板を二枚切り出し、四隅の穴は触媒のフランジボルトに合わせてドリルで穴を開け、更に一枚だけ真ん中にも穴を開けてジャンク箱に転がってたネジ山付きのパイプを押し込み周囲はボンドで埋めてと。
Img_1539 勘の良い方ならもう判るでしょう?要するに触媒の前後フランジをこの板で塞いでコンプレッサから圧縮空気を送り込み何処から漏れているか検証しようと言う訳です。
 で?判ったコトは?実はこれペレット触媒なので筐体の下部に抜き取り用の穴が有りそれを塞いでいるボルトとの間の隙間から微妙に漏れているのを発見。
でもフト思った「排気ガスの排圧位であんな音が出る?」とね。
 でもまあ漏れているのは漏れているのでサッサと諦めて耐熱パテを塗りこみ耐熱塗料で仕上げして再度搭載。
 結果?ブルブルと言う音は陰を潜めたものの何となく五月蝿い気もする?
でもまあこれでOK!と判定し昼過ぎからは灯油を満たした容器を片手に下回りの洗浄を、特にエンジンとミッションは例え酷い漏れが無くても油汚れが溜まりますので念入りにね。Img_1553
 半分遊びながらそんなコトをやっててこれでヨシ!で再度エンジンを起動して見ると時間の経過と共に又もや耳障りな騒音が段々大きくなってきており明らかに又別の場所が破れたかパテがはがれたか?でこの日の作業は諦めました(涙)。

 途中経過省略。
 結局翌日又触媒を下ろし点検しパテ埋めして搭載したら暫くは静かだったのですが又ボロボロと言いだす始末で又触媒を降ろしてパテ埋めして搭載したら更に別の所から漏れて・・・ワナワナシクシク。
 結局三日間で触媒を三度積み下ろしするハメになり結局駄目ですた。

 所で触媒を搭載する時は重いので油圧ジャッキにあて板をかませてから持ち上げるのですがこれって何となく戦闘機に爆弾を搭載している空母搭乗員の気分になっちゃうんですけど?不謹慎?

とまあこの触媒は諦めてと!誠に有り難いコトに某ML経由でいすゞトモダチのS水さんから情報を頂戴し同じくクーペトモダチのO田さんより中古良品の触媒をお送り戴きました。
 Img_1563
このバカ丁寧なビニールのラッピングは正にS水さんの仕業かと?
 ニコニコしながら梱包を解きまず新旧二個を並べてみましたが当然そっくりそのまま。Img_1564
 意外なコトに結構錆びているのと排気側のフランジ付け根に3センチ四方のクラックが見られたので念の為に錆び取り後耐熱パテで丁寧に埋めてからハロゲンライトで強制硬化させておきました(これ大事)。
Img_1576 硬化を確認してから再度耐熱塗料をヌリヌリしていざ搭載!
 流石にもう慣れたもので20分程で搭載を完了しいざイグニッションオン♪
お陰様で不整脈の如き騒音を発していた我がクーペはやっと元の静かさを取り戻すコトが出来ました。
この間昼食を挟んで2時間少々ですからね、流石に同じコトばっかやってりゃ慣れると言うもの。
 再発しないコトを確認してから遮熱板を固定しウマから降ろして向かうは徒歩3分程のT自動車さんなのですが、遮熱板固定ボルトを入れた直後から雨脚が強くなり暫し待機。
 やっと雨脚も弱まったのでクーペを引っ張り出して検査ラインに持ち込んだのですが・・・・号泣
 見事完結かと思いきや涙の豪雨でした。
詳細は又次回に!

|

« 久々にクーペの車検整備をするその5(伏兵に慌てる編) | トップページ | 久々にクーペの車検整備をするその7(1/10mmの攻防編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

僕が「これは将来、絶対必要になる」と思って確保していた触媒が役にたちましたね。
温度センサー(?)は必ずつないでいないと車検に受からなかったような。
いざとなれば別の車種の触媒でも、とにかく触媒が付いていれば、車検はなんとかなると聞いたことがあります。

投稿: kanican | 2014年9月 3日 (水) 19時57分

おひさの蟹さん
>絶対必要になる」と思って確保
ぎょ?あれ元蟹さんちの触媒だったのですが?そりゃ失礼&有難うございました。
 ウチの触媒なんですが筐体の問題では無く「棚落ち」つまりペレットを収容する部屋の仕切りも破れていると思います。
 しかし流石に蟹さんですねぇ、で?未だお宝隠し持ってませんか(詮索)。

>とにかく触媒が付いていれば、車検はなんとかなる
 ワタシはやってませんがECGI車なら触媒降ろしてアダプタでストレートにしてもCOとHCの規制値はクリア出来るそうです。
 但し目視検査で落とされますけどね。

何れにせよクーペ繋がりは有り難いですね、ワタシも誰かの役に立つコトしなきゃ。

投稿: うんちく | 2014年9月 4日 (木) 12時53分

熱望、涙の号泣編!

投稿: TN | 2014年9月 4日 (木) 20時29分

ドSなTNさん
>熱望、涙の号泣編!
 まあ「他人の不幸は蜜の味」とか言いますからね~~同感でんがな(爆)。

 てな訳で他人の不幸第一弾をうぷしました。
未だ第二段と第三弾が有りますので乞うご期待!
 所で浮浪利庵用と称する3/4インチサイズのブレーキシリンダブーツが一台分余ってますけど?お一つ如何で?

投稿: うんちく | 2014年9月 4日 (木) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/57250812

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にクーペの車検整備をするその6(触媒到着編):

« 久々にクーペの車検整備をするその5(伏兵に慌てる編) | トップページ | 久々にクーペの車検整備をするその7(1/10mmの攻防編) »