« 久々にクーペの車検整備をするその6(触媒到着編) | トップページ | 久々にクーペの車検整備をするその8(右ブレーキの怪編) »

2014年9月 4日 (木)

久々にクーペの車検整備をするその7(1/10mmの攻防編)

既に自己反省で散々懺悔してますけどね、流石に今回は参りました。
 あっちを直すとこっちが壊れ、こっちを直すとあっちが壊れのイタチごっこでしてね。
 先に投稿した触媒の爆音なんぞはその好例なのですが又もや勃発でサーモスタットです。
既に社外品ながら適合品たる径54mmのサーモスタットに自家製のガスケットを装着して「むふふ♪これでオーバーヒートともオサラバじゃ」と思ってました。Photo
 純正品と比較して見ると空気抜きの穴位置が少々違いますがまあ規定温度でバルブが開けばそれでOKなんで全然気にしない。
 サーモハウジングを取り外し自家製ガスケットに液体ガスケットをヌリヌリしてボルト二本を締めたら完成!
 ただこれからが又厄介でサーモハウジングの奥側のボルトを締めるには水マニを一旦外さなきゃならないのですがね。
 Img_1505 まあこれも過去に何度もやって来たのでコツを掴むと早いもので大体30分程度で固定完了!

の!つもりが・・・・

ご近所整備工場の試験ラインに入れてブレーキの試験をしたら依然として左リアブレーキの効きが弱くおやじさん曰く「これじゃ確実に検査に落ちるね」との診断。
 洗浄は済ませたし目視上でライニングの残量は充分だしシリンダーはOHしたし???
暗い気持ちで水温計を見るとナント100度以上を示してます。
フトボンネットを見ると隙間から水蒸気が・・・・・慌ててボンネットを開いたら見事交換したばかりの筈のサーモ付近から水が漏れてます(涙)。
 なんで??トボトボと自宅に帰り目視で点検するも異常無し!でも漏れてる。
 サッサッと諦め又水マニと二次空気マニと遮熱板を外してサーモハウジングのボルトを緩めて点検するも異常無し。Img_1564
 もしかして自家製ガスケットの加工不良?とも思い点検するもやはり異常無し?なのに何故漏れる?
ふと気がつきハウジング下とサーモの勘Img_1558 合状態を見ると僅かにサーモが浮き上がっているのに気がつきました。

早速サーモの径をノギスで計測すると約54.5mm少々。
で?ハウジングの径は?ナント!54.4mmと約1/10mm程ハウジングの方が小さいこの事実。Img_1560
 逆ならOKなのですがハウジング側の方が小さいと言うコトは座グリにサーモが収まらず隙間が出来てしまいます。
 つまり冷却水はこの1/10mmから出来た隙間から漏れていたのですな。
ただどちらが悪いのか?言下には判断出来ません、何故ならば寸法に絶対値は無く必ずと言って良い程「公差」と言うものが有るのでせう。
この例で言うと基準径54mmで公差はプラマイ何ミリ迄ならOKか?
勿論製造上の問題が無いとは言いませんがハウジング側もサーモ側も金(砂)型で加工されている筈ですから作る都度公差が違うなんて事は有り得ない。

とまあ理屈を言うておっても仕方無いしスペアは無いしでどうしたと思います?
 ここら辺りがプロと素人の違いでして、ワタシ素人で時間単金はタダですからね、工具箱から鑢を取り出してサーモの外周部を削り出しました(爆)。
 ノンビリとベランダで日向ぼっこしながらヤスリで削る事30分で加工も終わり、今回はセオリーに従いハウジング上下の部品はオイルストーンでしっかり研磨してツルツル状態に加工。Img_1563
更にガスケットを装着して液体ガスケットを塗布しハウジングを固定して水マニも固定してと・・・・完成♪

 とまあ多分これで当分オーバーヒートとも無縁になるとは思うのですが困ったのが左リアブレーキ。
Img_1570  小手先の誤魔化しや手抜きは一切排除し左リアブレーキを全分解・清掃・リペア!Img_1576
次回のネタに譲りますがこれはかなり厄介かな?と
 Img_1573

|

« 久々にクーペの車検整備をするその6(触媒到着編) | トップページ | 久々にクーペの車検整備をするその8(右ブレーキの怪編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

うーん、新品部品も信用できないとなると・・・。
困ったものですね。
それから、赤のLLCを使っておられるんですね。

投稿: keiji117 | 2014年9月 6日 (土) 00時17分

その節はドーモのKeijiさん
>新品部品も信用できない
 つい先程ワンコ散歩をしてたら検査をお願いしたT自動車のシャチョさんと遭遇。
 サーモの件を話したら「そんなの聞いた事も無いね~~」との意外な返事が。
 一応ハウジング側の座グリも綺麗に清掃しても適合しなかったので加工公差の問題である事は確かなんですがね。
 とは言え時間工賃タダなんでヤスリで削れば済む話な訳ですがプロの世界ではやはりそうは行かないでしょうね。

>赤のLLCを使って
 よく見てますねぇ、車体が赤なのでLLCも赤??は嘘でアイちゃんに赤を入れたのでそのついでです。
 別に色による違いは無い?ですよね??ね?

投稿: うんちく | 2014年9月 6日 (土) 11時11分

お疲れ様です。次々とまあ良く出ますね~
ドラムブレーキの片輪だけに制動不足の不具合があるのなら、左右ともにドラムやシューを新品にすれば直りそうですね(笑)
1度光明丹でも使って編摩耗の有無を調べたほうが良さそうですね。
ペダルを強く踏み過ぎて油圧系統を壊さないようにお気をつけくださいませ。

投稿: かたかた625 | 2014年9月 6日 (土) 16時04分

かたかたさん
>次々とまあ良く出ますね
 ですね、ただワタシも「車検整備だろ?」みたいな感覚でちょいとバカにしてたです(猛省)。

>右ともにドラムやシューを新品にすれば
 既にブログねたで投稿したので重複は避けますが先週金曜に無事PA90用のリビルト品を格安で確保♪
 なのに到着は今週の金曜あたりとは・・・やる気有るかなぁ?なんて愚痴ってます。
 北区に有る業者さんで焼き直しなら即納だったのですが安さに負けました、貧乏はしとう無い。

投稿: うんちく | 2014年9月 7日 (日) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/57278065

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にクーペの車検整備をするその7(1/10mmの攻防編):

« 久々にクーペの車検整備をするその6(触媒到着編) | トップページ | 久々にクーペの車検整備をするその8(右ブレーキの怪編) »