« 爆音マフラーを修理する | トップページ | カーペットの敷き直し »

2014年5月 3日 (土)

久々にアンプを作る

日本全国GWとあらば皆様お出かけで忙しい?ワタシ?生憎人ごみと行列と冷えたビールが大嫌いな損な性分に加え貧乏とあらば態々そんな嫌な時期に大枚叩いて遠出する事も無く御近所で慎ましく過ごしております。
 で!先月から合間を見てボチボチやってたアンプ作り。
 契機はと言うと中古ながらやっとデスクを購入し無線機やらパソコンを置いたもののスピーカーのおき場所が無いと言うか勿体無い。
 そこであれこれ考えてPC専用のアンプを作りそれでコレを鳴らしてやろうと言う魂胆。

Img_0516

シャープオプトニカCP-3型でして38センチウーファを160リットルエンクロージャに収めツィーターには音響レンズ装備で出力音圧レベル98dBと言うスペックでしてパソコンマニアは数多おれどパソコンサウンドでこのクラスのスピーカーを鳴らしてる人は少数派でしょう。
 ではアンプは?と言うとイチイチプリメインアンプを経由していたのでは手間が大変なのでならば手作り!と言う事で最初に買ったのはこんな。

Img_1627

某社で発売しているキットなのですがナントSDカードよりも小さくてそれでいて3W×3Wの出力が有るのです。
 送料を含めてもワンコインで買えたので早速製作なのですがね、これ厄介な事にケミコン以外て全て表面実装の上に抵抗とコンデンサはチップ部品。
つまりクシャミは勿論鼻息さえ御法度でしてね、下手すると部品の殆どが吹き飛んで行方不明になっちゃう。
 息を潜めハンダ付けに集中する事約1時間経過の時点で残る部品はチップコン2個。
 飛散防止で袋に保管していた最後2個の部品を取り出しさてハンダ付けと思った瞬間押さえきれないクシャミが出て・・・・哀れチップコンは吹き飛びまして何処に行ったやら(涙)。
 探す気力も無くこのアンプは完成寸前でゴミ箱に直行。
 それでも完全に諦めた訳では無く今度はチップ部品の無いキットをと言う事で其の筋のマニアなら知らない人とて居ない秋月さんで4.8W×にステレオアンプキットを入手。
 こちらは流石にクシャミ位で吹き飛ぶ部品も無く手馴れたもので1時間もしないウチに無事完成♪ただ完成とは言っても基盤むき出しでは使えないし何よりスイッチ一つでこの手作りアンプとプリメインアンプを切り替えるいわば「スピーカー切り替え回路内蔵」にしたいのです。
 そこでジャンク箱をひっくり返して金属ケースやらロータリースイッチやら電源スイッチ等を取り出しケース加工をします。

Img_1609

部品のサイズを計測し頭の中でイメージし鉛筆でマーキング・ドリルで穴あけしヤスリで切り口を整え、ケース加工を終えたらそれぞれ部品を取り付けて各々が干渉しないか確認した後配線開始。
 今回のスイッチは使い古しのアルプス製1-4-2でそんなに難しい訳でも無いものの実際に配線して見ると頭が混乱して参りますので簡単な回路図を書いてと・・・これ

Img_1630

ただ書いた本人が言うのもナニですが全然参考にならなかったですけどね。

Img_1616

更にマズいのは本来回路別にケーブルは色分けするのですがそんなに沢山のケーブルが手持ちで有る訳じゃ無いのでやってるウチにどれがどれやらイチイチ確認しないと間違えそうで結構難儀しました。
 それも終わりスイッチをケースに収めデジボルで導通確認を済ませた時点でほぼ半日かかっちゃいました。

Img_1623

でもってアンプ兼スピーカー切り替えスイッチボックス♪
前面パネルはこんな感じで、Img_1626
背面はこんな感じでしてマア素人が暇潰しで作ったので無骨さは否めませんがこんなもんでしょう。

Img_1625

特にスピーカーの端子盤には気を遣いましてね、ネジ留めタイプにしてます。
よく使われている指先で押してケーブルを押し込むタイプははっきり言うて音質の劣化を招きかねないですから。
さて苦節丸一日かかってアンプ組み立てにケース加工に配線にと済ませ電源とスピーカーと音源(PC)を接続して緊張の一瞬!

Img_1628

大好きな大瀧さんのサウンドがスピーカーから無事流れ出しました。
 気になる音質ですがね、作った本人の自己満足を差し引いても極めて良い音質、敢えてケチを付けると流石に低域の抜けが悪いのと楽器どうしの分離感に欠けるきらいはありますが700円+ジャンク部品の組み合わせである事を考えると極めて優秀。

 それと合計8W足らずで音は聞こえるの?と思われるやも知れませんがそれは流石に出力音圧レベル98dBの我がスピーカーにかかるとボリューム半分で煩い位の出力を得る事が出来ます。
 これにグライコで補正をかけてやると更に音質が向上するのではと?思います。
 但し!今回使った組み立てキットですがキットとは言いつつ実態は「必要な部品の詰め合わせ」みたいな代物でして基礎知識の無い方が手を出すとかなり厄介かも知れません。

 意外な音の良さに気を良くしたワタシは暫し大瀧さん三昧であれこれ検索していたらCM特集をハケン♪

 

こちらのCMに出て来る美女の内何人の名前を言う事が出来ますか??
全部の名前が言えたら「おやぢ大賞」認定、更に全員の3サイズが言えたら「エロおやぢ大賞」進呈します。
ワタシ??吹雪ジュンなんて名前さえ知らないから失格ですな(爆)。
 所で「君は天然色」って一体何本のCMソングに使われたのやら・・・凄いですね。
 そ~~そ~~それとラストテイクでオリジナルメンバーのはっぴいえんどが出演してますがこれ又動く大瀧さんが拝める貴重な影像ですな。
 でわ!お出かけです。

|

« 爆音マフラーを修理する | トップページ | カーペットの敷き直し »

趣味」カテゴリの記事

コメント

うんちくさん
 手先が起用ですね~!半日でアンプを自作してしまうなんて。
私は先日来、膨大なカセットテープを利用出来る環境をどのように
構築するかについて頭をなやませております。
 私の時代はカセットテープ全盛期であり、音楽ソースの大半がカ
セットテープなのです。
 ところが、手持ちのカセットデッキはすでに壊れ、117クーペ
のカーステのドライブはどなたかに譲り、ラジカセはいまいちだし・・。
 息子のこわれたミニコンポがあったので、これを首里して使って
いますが、とにかくカセットのワウフラが悪い!ヤフオクで探すか・・・。
 それにしてもすごいスピーカですね。どんな音が出るのか聞いて
みたいものです。
 もうこの歳になると、以前にくらべ、随分聞き取れる周波数が狭
まっているのではないかと思います。いまさら音がどうのこうのとは
言っても詮無いことなのですが、若かりし頃の憧れというものは歳を
とっても拘ってしまうところです。(これも煩悩なのでしょうね。)

投稿: 四方山果無 | 2014年5月 5日 (月) 16時09分

煩悩大賞四方山さん
>手先が起用ですね~!
 有難うございます、まあ器用は器用なんですが器用貧乏でして・・・ド素人では無いけど人様から対価を頂戴出来る程でも無く。

>膨大なカセットテープを利用出来る環境をどのように構築するか
 はは♪ウチと同じですね、暇とヤル気が有れば全てデーター化してDVDにでも落とせば保管にも再生にも困らないのですがねぇ。
 実はウチにもCカセにVHSにミカン箱4箱位のテープメディアが有して捨てるに捨られずです。

>随分聞き取れる周波数が狭まっている
 御意なのですがね、実はチョイと前に軽い眩暈を覚え心配になり耳鼻科に行って精密聴力検査をしたらナント高域の聴力が戻ってました、で?ナンデ??ハテ?

>音がどうのこうのとは言っても詮無い
 ですね、先の検査で先生と話をしていたのですが実は視力よりも聴力の方が先に劣化するそうで単に気がつかないだけらしいです。

>若かりし頃の憧れというものは
 無線機にクルマにバイクに楽器に・・・昔欲しくても買えなかった物が今欲しい病なんです。
だから買うのは実用性の無いガラクタばっか、でもそれで喜んで可愛いものですよ。

投稿: うんちく | 2014年5月 5日 (月) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々にアンプを作る:

« 爆音マフラーを修理する | トップページ | カーペットの敷き直し »