« 嗚呼!春や春 | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その24(カーペットが溶ける編) »

2014年3月30日 (日)

ICレギュレータ内蔵オルタ

何となく自覚しておるのですがね、G180WE改DOHC1947ccのエンジンを自力で組み立てた時点で燃え尽きたかな?ナンテ思ってます。

 

Dscf0041

勿論未だやり残した事は沢山ございましてね、そろそろ劣化してきた塗装やら電動パワステやフルクラムピンのOHやらネタは数多なのですが。
 当面気になっているのがオルタネータでして旧車整備の定番たる大型オルタへの換装で既にデミオ用の70Aオルタを積み込んではいるもののエキマニに極めて近いので内蔵のICレギュレータがパンクするのではとハラハラ。
 今日は事実上の消費税引き上げ最終日ともあらば夕方からクーペを走らせガソリン満タンにして来た次いでにナビの画面を切り替えて電圧を観測してました。

Img_2944

試験をする以上最悪の状態を想定しヘッドライトを四灯にフォグランプ(110W)の全てを点灯し更にブレーキを踏みアイドリング状態に追い込んでみたら一瞬電圧は12.6V迄低下したものの次の瞬間には13V迄回復。

Img_2950

逆にこの状態で電圧が上がり過ぎると蓄電池が死んでいる可能性が高いのでこの電圧ならとりあえずオルタも電池も元気なのかな?と一安心しました。
さて寝るか・・・・パタっ♪

|

« 嗚呼!春や春 | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その24(カーペットが溶ける編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

そういえば私も117クーペはご無沙汰でした(汗)
この記事を読んでいて
>フルクラムピンの・・・という所で、昔に聞いたような名前だが、はてこれは何だったっけ?状態でした。
ビールのつまみみたいな名前だがソーセージの一種かなくらいの感じでした!(^^)!
暖かくなってきたので少しはやらないと・・・

投稿: カタカタ | 2014年3月31日 (月) 19時26分

ノンベのかたかたさん
>ビールのつまみみたいな名前だがソーセージの一種
 ダブルウシュボーンサスの要ですがな、あれこれクーペは拝見してますが未だフルクラムピン両端のブーツが健在だった実例を知りません。
 有りがたいコトにブーツとブッシュは未だいすゞさんからリリースされているので新品パーツで確保してあるのですがね。
 いすゞ車の駆け込み寺たるB工場長にお聞きした所「一番やりたくない部位」だとか?
 何でも自分でやるぞ派のワタシも流石に躊躇しちょります。

投稿: うんちく | 2014年3月31日 (月) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/55580919

この記事へのトラックバック一覧です: ICレギュレータ内蔵オルタ:

« 嗚呼!春や春 | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その24(カーペットが溶ける編) »