« ハテ?このクルマは何でしょう?(マジで判らん編) | トップページ | ちょいと »

2013年12月 1日 (日)

嗚呼!117クーペ公道復帰後その22(フロントパイプを固定する編)

元々SOHCエンジン搭載の117クーペXCにDOHCエンジンを載せたので思わぬ所で「アレェェェ?」なんて事に遭遇します。
 その一つがエキマニから触媒マフラー迄のフロントパイプの固定なのですがね。
同じG180型エンジンとは言えSOHCとDOHCではセルモーターの位置が左右逆なんでフロントパイプの固定方法も違うですよ。
 え?「そんなん当たり前やん」ですと?確かに・・・それ所か換装作業に着手する寸前迄補機類も何も全部共通で違うのはヘッドだけってレベルでしたもんね。(それでも何とかしちゃったから素人は恐ろしい♪)
 今日作業をしたフロントパイプの固定金具もそれでしてね、本来ベルハウジングとエンジンの接合部に有る金具が合わないのです。
 よってエキマニから触媒迄の間には一切固定されておらずこのままでは触媒のフランジに相当なストレスがかかるのでは?と運転していても気が気では有りませんでした。
 幸い某所にお住まいの某氏がそれをお持ちとの事で我がクーペに乗り引取って参りました、これ♪1
勿論新品では有りませんが今やいすゞさんでも製造廃止となっていますし自前で製作するにもこの厚みではどうにもなりません。
持ち帰り後使い古しのドンブリ鉢にサンエスK1を入れ更に熱湯を注ぎ2日間1_2 程ゆったり垢落としをして戴き流石にシャシブラの黒は落ちませんが凡そ綺麗になった所で耐熱塗料でお化粧直し。

Photo

使ったのは毎度お馴染みのオキツモ社製耐熱ペイントなんですがこれって塗装しても簡単にヒラヒラ風に舞って剥がれてしまうのですよね。
 ならば他の耐熱ペイントでも?と思うのですがホムセン辺りではこれ以外刷毛塗り出来る耐熱ペイントって無いんですけど??
 ペンキの乾燥が終われば早速取り付けでして久々にクーペをジャッキアップ。
 勿論Fタイヤの後部にリジットラックをかけて万が一の落下防止に備えますがあんまり良い気分じゃ無いですよね。

Dscf0001

ヘルマンヘッセじゃあるまいし「車輪の下」ならぬ「クーペの下」じゃ死んでも死に切れません。
 目指すは車体左側のベルハウジングとエンジンとフロントパイプが交錯する部位なのですがリジットラックが邪魔をして体が半分しか入りません。

2

左手を伸ばし予め用意したレンチとボルトと仮組した金具を固定しにかかるのですがね。

3

スティフナを固定しているボルトを一旦外して仮組した金具を固定し、更にジャンク箱の中から取り出したM10の短めのボルトを空いてた穴に差込固定。
 ただ左手一本しか使えないのでボルトナットの組み合わせでは両方をレンチで回す訳にも行かず四苦八苦、結局空回りするナット側はスパナを嵌めてからテープでミッション側に固定しておいてラチェットで回しどうやら完了。
 で?あれれ??Uボルトが???確かかなり以前にドンピシャサイズのUボルトを専門店で仕入れてきた筈なのですが何処を探しても見当たらず(涙)、安い物だし探す暇で買いに行った方が早いと諦めました。
 この日の午前中は思わぬガンの目詰まりで半分ゆず肌になったボンネットの研ぎをやっていてこの作業は昼過ぎから開始したのですが結局時計を見ると三時過ぎ。
 何が一番時間がかかったかって言うと実はその行方不明のUボルトを探すのに1時間程かかってました。
 この時期日没は4時半頃ですから又研ぎを再開するには遅すぎるでリフトアップしたついでに下回りとボディー左側の点検をしたのですがね。
こちら数年前に下回りの再塗装する前の助手席側真下裏のパネル。

Dscf0092

 広く全面的に錆が浮いておりこのまま放置していたら多分今頃底抜けになっていたでしょうね。
 これをホィールブラシで錆を落とした後テロソン社製の「錆封じ」を塗布し普通のアクリルの黒で刷毛塗りしただけだったのですが数年経過した今日点検した所こんな感じでした。

2_2

どうもこの防錆塗料は評価が酷く分かれるらしいのですがワタシの経験から言うと極めて信頼するに足りる防錆塗料と言えます。
 実はこの作業後フト左ドア下部を見て愕然。

1_3

細い錆と言うかパテ割れが発生しているのは認識していたものの大した事無いし見なかったコトに・・・でよ~く見ると相当酷い。
 まあ既に純正アクリルは1Kg注文してあるので気楽と言えば気楽なのですがとりあえずスクライバーで塗装を剥がして見るとパックリ♪

Dscf0003

この部位は握り拳2個分位のバカ穴が開き鉄板でパッチを作り電機溶接とハンダ接合で埋めた後某NT社製の錆転換剤で防錆したつもりが見事に錆が再発しパテを持ち上げてました。

 

Dscf0005

ただ犯人はこの防錆剤だけかと?言うとそうでも無いみたくで信じられ無い事にパッチの接合部に出来た隙間にシリコンを充填していたのですねぇ~~??え?「誰がやった??え??ワタシ??しし・・・知りませんが」とは言えワタシ以外に犯人はおりませんよね、知らないと言う事は恐ろしいと言うか素人は何を始めるやらサパリと言うか。
 素直に反省してしっかりシリコンを除去してハンダで隙間を埋める事にします。

|

« ハテ?このクルマは何でしょう?(マジで判らん編) | トップページ | ちょいと »

117の事」カテゴリの記事

コメント

もしかして温泉のように湯気の出ている器はワンコの餌箱では…((^_^;)

触媒でマフラーが重くなったので抑えが必要なんですねHMにはありませんから

>某NT社製の錆転換剤で防錆したつもりが
錆転換は防錆にはなりませんよ~、防錆は空気をシャットアウトしないと広がっていきますね
アスファルト系が長持ちして効果抜群なんですが再修理が必要になった時が面倒です、
パテにも防錆機能を持たせたものがあります。

投稿: かたかた625 | 2013年12月 3日 (火) 12時26分

記憶力抜群のかたかたさん
>ワンコの餌箱では
 うひゃひゃひゃ♪よく覚えてましたねぇ~~、で~~も今はステンレス製でストッパー付きの高級品に代えましたよ~~。

>HMにはありませんから
 無粋な遺物ですよね、聞いた話ですがECGIの場合触媒の中身を抜いても排ガス検査は合格するそうな、ついでに二次空気の吸入口に鉛ダンゴ押し込んでもダイジョウブなそうな(ワタシやってませんからネ)、そもそも車検では正しいNOX値が判らないってのが問題なのでは?と?(責任転嫁するわし)

>防錆は空気をシャットアウトしないと
 人も車も酸化しますからね、ウレタンの防錆力が高いのはアクリルと違い硬化過程でシンナーの蒸発が無いので無孔質になるから(薀蓄炸裂)なのですがねぇ・・・オリジナルアクリルの上にウレタンを塗ると??悲惨な事になると聞いてます。
 ちゅーか!ウレタン塗装の質感がイマイチってのも有るんですけどね。
まあ質感云々以前に柚子肌丸出し素人塗装じゃ話にもなりませんが(自省)。

投稿: うんちく | 2013年12月 4日 (水) 01時59分

うんちくさん

>ヘルマンヘッセじゃあるまいし「車輪の下」・・・

 懐かしいですね。私も高校生の時に読みました、落合恵子だか誰かが
深夜放送(これも死語か?)で紹介していたので・・・。
 まるでシャイな私のことを小説にしているのではと思いつつ感激しておりました。

 サンエスK1ってすごく綺麗になるんですね!いっそ車ごとどっぷり浸けたら・・・なんて。

投稿: 四方山果無 | 2013年12月 5日 (木) 09時18分

元文学少年だった四方山さん
>私も高校生の時に読みました
 ほぉ?そりゃ又変わった高校生だコト、ワタシですか?
当時は赤貧洗うが如しでしたが何故かハードカバーの全集モノが本棚にギッシリ!
 週間の漫画本を買う金が無く他に読む本も無いので何となく読んでたのですがお陰でモーパッサンだのツルゲーネフだの武者小路さんだの掘辰雄さんだの阿部公房だの・・・ゲップ♪
 漫画→軽薄→金持ち→プチプル&文学→貧乏→プロレタリアート→蟹工船→尾崎さんと言う誤った図式が未だに頭の中に残っているのはその後遺症でつ(とりあえず自爆)。

記憶力抜群四方山さん
>シャイな私のことを小説にしているの
 読んだ割にはどんなストーリーだったか??ハテ??よく覚えてますね(驚愕)。
 そんなお袋が買い込んだ本でよく覚えているのは??主婦の友かな?(更に自爆)
え?「何で読んだ?」・・・はぃ!オカズに使わせて貰ったりで、ぎゃははははは♪ゲラゲラゲラ♪・・・シクシク(涙)。

>すごく綺麗になるんですね
 粉末で保管に困らないし安いしよく落ちるですがマジックリンと良い勝負かなぁ?
 
所で一連の膨大な本は全部お袋の趣味だったのですがね、食い物に困る生活していたのにナンデ高価な本を買う金が有ったのか?今頃気がつきました。
 

投稿: うんちく | 2013年12月 6日 (金) 10時09分

>食い物に困る生活していたのにナンデ高価な本を買う金が有ったのか?今頃気がつきました。

そんな話は良く聞きます、某関西大手電器メーカーの某社長(2代目)も給料の殆どが「本」になっていて、車は持ってない、家もボロボロとかなり質素な生活をされていたそうです。日々精進と知識に対して貪欲だったのでしょうか?子供なんてあるモノを適当に食わしておけば勝手に育つ、戦前派の親を持つと子供は堪りませんね、はな垂れ小僧が多かったのも欠食が原因だったのでしょうかね。これで兄弟が多いと更に生存競争が厳しく、末っ子とかにやたら貧乏性になる奴が多かったのもそのせいなのかな?(笑)

投稿: neri e bianchi | 2013年12月 7日 (土) 04時50分

T川さん
>某関西大手電器メーカーの某社長
 ん?誰だろ?M電気かS電気か我が古巣のSH社位ですよね?SH社二代目のSAさんは結構立派なご自宅にお住まいで確か米のCAにお乗りだった筈??思うにS電気のIUさんかな?

正鵠を射るT川さん
>子供なんてあるモノを適当に食わしておけば勝手に育つ
 きゃははは♪その通り!何処の話だったか「教室の冷房が壊れたから勉強出来ない」とか聞いて仰天、冷房所か暖房も有りませんでしたヨ私の世代は。
 出来ない理由並べて何もやんないのは最初からやる気が無いだけですよね。
 よくエンジェル係数とか言いますが金かけりゃ良いってもんじゃ無いと!??ね?

え~~??
>末っ子とかにやたら貧乏性になる奴が多かった
 長男は親父の初仕事だしお世継ぎで大事、末っ子は人生最後の作品で可愛い。
 然るに次男は??ドーデモ良い!で!私次男ですけど?
 因みに上二人は三流学校卒ですが末っ子は誰でも知ってる東京の私立卒です・・・イジイジ(涙)

まあ栄養失調にならん様に最低限の食い物与えてりゃどうにかなるものですよ。
これ正論!

 

投稿: うんちく | 2013年12月 9日 (月) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/54116621

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!117クーペ公道復帰後その22(フロントパイプを固定する編):

« ハテ?このクルマは何でしょう?(マジで判らん編) | トップページ | ちょいと »