« ぼ~~ねんかい | トップページ | 恐怖の素人板金その27(華麗なるマンガン登場編) »

2013年11月24日 (日)

恐怖の素人板金その26(いよいよ上塗り?編)

相変わらず遅々として進まぬクーペの塗装作業。
まあプロじゃ無いし増してや野吹きで塗装となるとお天気が悪いとダメだし良すぎてもダメだし風が吹いてもダメだし寒くても暑くてもダメでしてね。
 まあ素人だから良いのですが。

 はてあれこれ点検しパテや塗装の剥離をチェックしサフにパテを使い埋めた後研ぎを入れました。

Dscf0001

悩んだのがボンネットでしてね、細かい傷は見なかった事にして深い塗装の欠けだけ修正して部分塗装と思ってたのですがあちこちやってる間にかなり広い範囲で修正を余儀なくされました。
 必要に応じてサフだけにラッカーパテにポリパテで埋めて研いでフェザーエッジ状態にしたもののこのまま部分塗装すると斑になる??
 と思いボンネットを全塗装すべく400番~800番で全体に研ぎ(足付け)をします。
 赤色なのに白く見えるのは仕上げに吹いたクリア成分がペーパーで剥がれたのでそう見えるだけですね。
 更にパテ割れが目立つ左端奥部は厚めにサフを入れて慎重に研ぎ白で下塗り。

Dscf0005

別に赤から白に変更したいからでは無く赤は「トマリ」が悪いので下塗りは白を吹いておきます。
 面積も狭いのでまあ気軽なもので???と思ったらボツボツとペイントが弾かれてます(涙)。
 塗装前にはしっかりシリコンオフで脱脂して更に綺麗なタオルで拭いてもう一度シリコンオフで脱脂したのに??なんで??
 どうやらシリコンオフが完全に乾いて無くて反応した様です、一応目視で艶が消えたのは確認したつもりだったのですが大失敗。
仕方無いので乾燥を待って180番から400番~800番で再度研いで弾き跡を消しました。

Dscf0008

この時点で既に午後3時前、日没は4時半過ぎですので今日の塗装は諦める事に。
 残された右Fフェンダー下部と右ドアにも白のペイントを施しましたがボンネット部で懲りていたのでシリコンオフで脱脂後入念に乾燥を確認し吹いたのでほぼ研ぎ無しでもOK程度の仕上がりになりました。

Dscf0006

プロが吹くと仕上げ研ぎなんて殆ど要らないらしいですが所詮素人ですもんね、これなら上出来の部類かと?
 今日の塗装を諦め逆に時間が余ったので気のつかない部位に不具合は無いかと思い点検して見ると??有りました(涙)。

 よ~く見ると塗装が1Cm×2Cm程浮いてます。

Dscf0004

流石に見なかったコトにも出来ずサッサと諦めてマイナスドライバーでザクザク塗装とパテを剥がし180番~400番で広めに研磨してフェザーエッジになった所でラッカーパテを入れて又研いで800番で仕上げサフを刷毛塗りして又研いでおしまい。

前回の投稿でも書いてましたけど塗装作業って言うのは本当に労働集約的な仕事で如何に便利な道具や材料が出現しようとも手抜きすると一発で結果に現れます。 
 削って研いで埋めて研いで吹いて研いで又吹いて研いでこの繰り返し、でも光輝く塗面が得られた時の満足感たるやエンジン整備のそれに近いものが有ります。
 やっぱ楽ばっかしてると深い達成感は得られないと思うのですが??HOW??  

 

|

« ぼ~~ねんかい | トップページ | 恐怖の素人板金その27(華麗なるマンガン登場編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

だいぶ進みましたね、もう一息ですね。
塗装は料理と同じで、どれだけ心を込められるかで出来栄えが変わりますから下ごしらえは念入りに・・・

投稿: かたかた625 | 2013年11月25日 (月) 13時52分

昔、真鍮のHO鉄道模型キットを作っていた頃の事を思い出しました。綺麗に出来るには才能と努力が必要で半田付けに最低1年以上、塗装に最低3年以上と某模型屋の主人に言われました、塗装って奥が深くて難しいです。基本的には似てますねぇ、でも大きさが全然違いますがwww

投稿: neri e bianchi | 2013年11月25日 (月) 21時12分

ご指摘かたかたさん
>どれだけ心を込められるかで出来栄えが変わります
 塗装の極意を集約するとそう言う事ですね、ただ幾ら心を込めてもウデが無きゃねぇ。
 場数を踏まなきゃダメなのですが覚えた頃には終わってて又やる頃には忘れてるの繰り返し(涙)。

投稿: うんちく | 2013年11月26日 (火) 10時00分

なんでもやるT川さん
>HO鉄道模型キットを作っていた
 HOゲージなんて死語ですやん、増してやOゲージなんてマニアでも「何ソレ?」。
 ただNゲージが出た頃は逆に「何これ??」でその存在感の無さに驚いたものですが。
 実はガキの頃じいぃちゃんにメルクリンのOゲージセットを買って貰った事が有りました(遠い目)。

>半田付けに最低1年以上
 ははは♪それやってると仕事出来なくなっちゃうですよね、同じハンダでも電子機器のハンダ付けもどうやらそんな感じらしいです。
 慣れているとコテ当ててハンダ流して吸い取り機で吸引して?なのですがやった事の無い人の作業風景を見てるとやたら危なっかしいばかりか簡単にランドを飛ばしたり部品を焼いたりイモだったりてんぷらだったり。

投稿: うんちく | 2013年11月26日 (火) 10時05分

>塗装作業って言うのは本当に労働集約的な仕事で
涙が出るほど、うんちくさんの心情が分かります。(汗)
吹いては弾かれて・・・との根競べですよね。
「これぐらいまぁええか!」とか妥協するとエライこっちゃ!になりますもんね。^^;
頑張ってください!
(爺さんの剥離は3層塗膜。考えるだけで疲れます。^^;)

投稿: えす蔵 | 2013年11月26日 (火) 18時45分

要らん苦労する苦労人S蔵さん(爆)
>うんちくさんの心情が分かります
 でしょ?こればっかはやって見ないと判らない、お金積んで一流のプロに頼めば良いのでしょうけどね、それじゃその一流のプロの何が凄いのか判らんでしょ??
 何事もやって見るべし!がワタシの信条なのでありま~~す。

経験者は語る
>吹いては弾かれ
 何が原因で弾かれるかと言うと??詰まる所が脱脂なのですがね、その脱脂の為に使ったシリコンオフが原因で弾かれるとは皮肉なもんです。

でで・・出た自慰さん
>爺さんの剥離は3層塗膜
 誠に申し訳有りませんが総剥離する以外に道は無いでつ(断言)。
 既に旧塗装と新塗装が反応して鉄板迄ヒビが入ってますからね。
判り易く言うと「40年増の厚化粧」になりますよ~~~。
もしかしてS蔵さんは熟好みで??まさかね??

投稿: うんちく | 2013年11月26日 (火) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/54041210

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の素人板金その26(いよいよ上塗り?編):

« ぼ~~ねんかい | トップページ | 恐怖の素人板金その27(華麗なるマンガン登場編) »