« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その21(2ℓDOHC化の検証と今後編) | トップページ | 恐怖の素人板金その??20回目位?編 »

2013年11月 7日 (木)

プロがやんない事をやる

おかげさまで絶好調(でも無い)のG180WE改2ℓなのですが手持ちのタイミングライトが壊れていて正確な点火時期の調整が出来ないものの感覚であれこれ調整してノッキングは減少したもののハテ?どうしたものやら?
 まあ無い物ねだりは置いといてハシリに何の関係も無い不具合部分の修正をしてました。
 まずはタコメーターなのですがね、クーペ繋がりのこうたパパさんよりお譲り戴いたG180WE用のそれなのですが既に実装済みなもののよく見るとメーター外周部分に有るリングの装着を忘れてました。

Img_1387

たかがリング?去れどリングでしてこれを嵌めるにはステアリングコラムカバーを外し速度計のケーブルを外しインパネ固定ネジを全部外しタコメーター固定金具を外し・・・・外すだけで既に1時間程経過。
 やっとリングを嵌めて股元に戻すのですが上記の如く同じ作業の巻き戻しでしてイライラの連続。
 よって写真撮影無し!
お次はインパネ以上に嫌なコンソールボックス付近なのですがね、先日横浜への往復ツーリングで発覚したのが電動アンテナの不動。
 とりあえず操作パネルを外してデジボルで検査した所明らかなスイッチ不良ですね。

Img_1499

中立接点迄は電圧が来ているのですが両端の接点ではゼロボルト。
 サッサと諦めて部品交換??今いすゞさんから当該部品が出るやら出ないやら?判りませんが仮に出るとしても相当な値段になるのは必至。
 と言う訳で壊れた部品を交換して修理するのでは無く壊れた部品を修理して修理する?(訳判らん)

シーソー式のスイッチを取り外し検分するにどう見ても非分解式でしてね、この時点で諦めるのが普通なのですが粘着質でシツコイかつ貧乏なワタシは諦めませんで・・・・分解

 

Img_1496

シーソーボタンのシャフトを固定しているノックピンをドリルで揉み取り分解した所接点が真っ黒けに酸化してました。
 工具箱から角型の棒やすりを取り出し狭い隙間に突っ込んで接点をガシガシやった後IPAで洗浄、

Img_1494

真っ黒だった接点が蘇り再び組み立てるのですがね、シーソーの接点を挿入するのに一苦労。
 ピンセットやら時計ドライバーやらを駆使し、イライラしつつも完成しました。
 因みにドリルで揉み取ったシャフトは再生出来ないのでスイッチ側にタップで3mmのネジ山を立て手持ちのネジを入れましたけど特に問題は無いみたいです。
 稼動部分にグリスを薄く塗布してから再度組み立ててデジボルで導通を検査した所何ら問題なく使える様になりました。

Img_1498

 でっ!タイトルの趣旨ですがね、間違ってもプロでも出来ない事をやったと言う意味では有りませんでね、こんなアホな事をやるプロは居ないだろうと言う事です
 今回の場合他の作業も平行してやりつつ休憩しつつ(←大部分)素人がノンビリやって3時間弱かかっており、これを単純にレバレートに掛けると??一体幾ら請求されるやら??
 たかが電動アンテナのスイッチ修理に諭吉様1名以上を払う奇特な方が何人おられるやら?
所でその電動アンテナスイッチ修理をしている傍らで何をしていたかと言うとコチラ♪

117headcover

DOHCと1800と枠線の部分を研ぎ出してました。
 写真では綺麗に見えるやも知れませんが腐食による凹が結構激しくて修復が必要かな??
 でわでわ!

 

|

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その21(2ℓDOHC化の検証と今後編) | トップページ | 恐怖の素人板金その??20回目位?編 »

117の事」カテゴリの記事

コメント

レバレートは8.000円台ですから大金が掛っていますね~、大切にしなければ・・・
このオイルキャップは穴が開いていますね?初めて見ました。
金属製なので初期の物ですよね。

投稿: | 2013年11月 7日 (木) 18時53分

ゴメンナサイ、名前入れなかった((^_^;))

投稿: かたかた625 | 2013年11月 7日 (木) 18時55分

その筋のお方(爆)かたかたさん
>レバレートは8.000円台です
 ひぇぇぇぇ??そんな?「代行車検9800円」なんて看板を見ると「一体どんな車検整備してるん?」と思っちゃう。

>オイルキャップは穴が開いていますね?初めて見ました
 よく見てますね、ワタシも気はついていたのですが特に何も思いませんでした。
 確かに搭載しているG180WEのキャップにはそんな穴は開いてませんもんね。
 多分いすゞG型最強145馬力を発生した規制前のG180WE用のヘッドカバーの筈ですけど?元の持ち主に聞いてみますね。(実は興味深々)

投稿: うんちく | 2013年11月 7日 (木) 19時36分

横レス失礼します。

呼ばれた様な気がして、私G180WEのオナーなんですけど(爆)公称140PSでして、オイルキャップに穴が開いていません。
しかし、ツインカムのヘッドカバーは良いですよね~。

今は、ツインカム=高性能とは限りませんが、それは当たり前になり、4バルブすら当たり前で、何処にでも転がっています。
寂しい気もしますが、当時にの熱い気持ちは変わりません。

話を戻しましが、最近、初めての珍しいヘッドカバーを見ました。
いすゞのサービスより、HMが入庫しており、その部品番号の問い合わせが有りました。
(可笑しな話ですが、ディーラーからです)

日本に3台しかないHMと言う話で、何処が他と違うのか?
黒いヘッドカバーのインティーク側(右中央)に、四角いアルミ研ぎ出し部分ありました。へぇ~
皆さんご存知でしたら、無知な情報ですみません~。
あと気が付いたのは、リアガラスにデフロフター(熱線で無く)があるぐらいで?

ヘッドガバーのサイズは一緒でも、いろいろですね。


投稿: コウタノ父 | 2013年11月 7日 (木) 20時53分

こうたぱぱさん
>オイルキャップに穴が開いていません
 へぇ??色々ですね、正にトリビア確認はしてませんがその145馬力を発生したG180WEのピストンも有ったもののトップの形状が全然違うので某中国地方に嫁入りしました。

>ツインカムのヘッドカバーは良い
 それそれ、それが見たいからSOHC→DOHCに換装した位、でもパワーもトルクもやはりSOHCとは段違いですね、ただ燃費が(涙)。

>何処にでも転がっています
 何度か車検整備で面倒を見たご近所マーチ、DOHCなのに気がついたのは廃車手続きした時でした(爆)。

>その部品番号の問い合わせ
 アハハ♪ウチは某いすゞさんから「PリストのCD-ROM分けてくんない?」と言われ考えたものの丁重にお断りしました。

>四角いアルミ研ぎ出し部分ありました
 ん?何処だろ???全然ワカリマセン、こう言うのってOTなワタシは弱いのでして、CGな人なら知ってる鴨?
 多分インマニが一体鋳造になっててフライホィルのボルトが5本?の初期型?
そう言えばご近所1600ECはどうなったかな?見に行ってみるかなと?

投稿: うんちく | 2013年11月 8日 (金) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/53855712

この記事へのトラックバック一覧です: プロがやんない事をやる:

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その21(2ℓDOHC化の検証と今後編) | トップページ | 恐怖の素人板金その??20回目位?編 »