« 恐怖の素人板金その23(Fフェンダーとルーフの剥離編) | トップページ | 恐怖の素人板金その25(サフ研ぎ編) »

2013年11月16日 (土)

恐怖の素人板金その24(ルーフへのサフ入れ編)

本日は誠にお日柄もヨロシク、素晴らしい塗装日和でしたね。
 暑くも無く、寒くも無く、風も無くお隣さんは朝からお出かけ♪
いつもならグズグズして中々腰が上がらないのに今日は流石に朝からソワソワで9時過ぎにはツナギに着替えて狭い庭に出てルーフの剥離作業を開始。
 元々作業開始当初はコンナ感じでブタントーチで剥離しようとしたものの挫折。

Bodywork_005

 まあ剥がれるには剥がれるのですがかなり熱を加えないと剥離しません。
 サッサと諦めて剥離剤を購入してマスキングを施してペタペタ♪

Bodywork_007

それでも上層の赤がチョイと剥離する程度でハテどうしたものやら??
 そんでもまあ赤は剥がれて当初トライ後挫折した緑がコンニチワ。

Bodywork_012

しかしこの下には未だサフ層と新車当時の白と更にその下にはサフ層が残されてます。
 再び剥離剤をペタペタしてスクライバーでこつこつ削ります。

Dscf0004

やっと顔を出した地金肌ですがこれからが厄介でしてね、あちこちに散在する小島の如き塗装片を剥がすのは結構な手間なのです。
 ただこの段階になると塗装も薄くなりましたので再びブタントーチを取り出し微妙な火加減(マジで微妙)を考慮して左手にはトーチを、右手にはスクライバーで頃合を見計らい更に削ります。

Dscf0025

ゴールは目の前、残り僅かになった剥離剤を再び取り出し残された塗装の破片の上からペタペタ塗りつつ、スクライバーで四隅に残された細い削り残しをスクライバーで丁寧かつ丹念に削り取ります。
 で!完成?と確信した所で灯油を含ませた雑巾で剥がれた塗装片を拭いさり、更に洗剤を混ぜた水で軽く洗って・・・・デケました。
 まあ細かい事を言うとキリが無いのですがほぼ塗装剥離終了。
 よれよれになったマスキングを外し新しいマスキングに換えてからプラサフを塗布。

 

Dscf0029

Dscf0033

ポットで沸かした湯に缶入りスプレーサフを漬けて暖めてからシャカシャカ振ってイザ塗装開始。

Dscf0032

当初は快調に塗装が進んだのですがとりあえず1回目の塗装を終え再度缶を暖めてから二回目??あらら??
圧力が段々下がってきてかなりアヤシイ状態になって来たので塗装間隔を少し広めにしてギリギリ二回目終了と同時に空になっちゃった。
「やはり気温が低いからガス圧も低い?」と思いつつ缶を振ったら完全に空になってました(涙)。
 これで698円ですからね、こんな事なら2Kgの缶入りを買えばよかったかなぁ?
 だって2Kgで確か二千円少々ですもんね。
  とまあそれでもどうやら見られる程度にはなったもののもう11月だと言うのにまた虫さんがプーンでペタ♪
 なんで虫さんってシンナーが好きなんですかねぇ??

Dscf0034

Dscf0035

今日は剥離とサフ吹き以外にボンネットや右リアフェンダーや右ドアに発生しているパテ痩せから来るヒビワレの補修で深めに研いでパテ入れてサフ吹いて研いでの一部をやりました。

 で!削った塗料はこれだけ・・・・勿体無い。

Dscf0037

正確には測ってませんけど確実に1キログラム半ば以上は有ると思います。
 さて明日はボディー全体を眺めて研ぎとパテ入れとサフ入れ、それが終わったらいよいよクリムゾンレッドで下塗り中塗り上塗りに仕上げのクリア吹きでとりあえず終わりの予定。
疲れました。

|

« 恐怖の素人板金その23(Fフェンダーとルーフの剥離編) | トップページ | 恐怖の素人板金その25(サフ研ぎ編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

ガッツとパッション溢れるうんちくさん

いつも楽しく拝見しております。

サフ入れ後のルーフ美しいですね。虫さんの処理はどうしたのでしょうか?

投稿: TN | 2013年11月17日 (日) 21時13分

評論家TNさん
>ガッツとパッション溢れる
 だだ??誰が「ガッツ石松のパンツ」やねん??(爆)。
 毎度の台詞ですがねぇ~~「わしなんでこんなコトやってるん?」て訝りつつ??何とかやってますけどね。
 結局達成感を味わいたいからだけで作業自体は面白いとはあんまり思って無いのです。

>虫さんの処理は
 はぃ!佃煮にして美味しく戴き・・な訳無い。
もし虫さんがついたら??無視??(ハイソコワラッテヨイ)
 最悪は慌てて指で摘んで引き剥がす、これやると確実に被害が広がります。(経験者談)
 正しくはペイントが乾燥する迄待ってからピンセットで摘んでサンディングすりゃ判りませんです。
 但しカブトムシとか大クワガタとかは無理ですからね(アタリマエダッチューノ)。
 そう言えばかなり以前ナナハンでツーリング中(確か山陽道)でカブトムシだか大クワガタかよく判らん巨デカ昆虫がヘルメットのスクリーンに激突してぐちゃぐちゃに潰れましてね、瞬間に視界を奪われパニくった事がありましたね。

投稿: うんちく | 2013年11月18日 (月) 14時38分

まともに走らない117に傷心のpapaさまです。
①書き込みに内緒モードがあると思ったら無いんですね。メルアドを入れておきましたので、メール下さい。
②塗装!がんばってますね。私は全塗装に挑戦しましたが、赤はうまく塗れたもののクリア塗装で弱腰になってしまいゆず肌だらけになってしまいました。特にルーフは、斜めの塗装にならざるを得ず、むらだらけ。塗装は「攻め」だとつくづく思いました(釈迦に説法でした)。
③プラサフ698円は安いですね。どこのメーカーですか?wifeの愛車GOLFのバンパー塗装が剥けて来たので(クリアがペロペロと)、塗装を思案中なんです。

投稿: papaさま | 2013年11月18日 (月) 19時08分

決して他人事じゃ無いPAPAさま

>傷心のpapaさま
 わははは♪ん??でしょ?ウチも自前で組んだG180WE改2ℓが起動しない頃は殆どノイローゼでクーペを見ると都度ムカついたりしてネ。
 そんな時助けてくれたのはクーペを愛する同志とむちゃくちゃ言うてもいつも笑顔で対応してくれた西東京いすゞのスタッフの皆様方で、どれだけ助けられたか。

>クリア塗装で弱腰になってしまいゆず肌だらけ
 ウチは逆でクリムゾンレッド塗装時のオレンジピールをクリアで誤魔化しました。
重複しますが素人塗装は「厚く塗って厚く研ぐ」間違ってもプロの真似をしようなんて思うと絶対失敗します。プロは凄いです。

>プラサフ698円は安いですね。どこのメーカー
 え??今回はソフト99で下院図さんで買いましたけど??これ安い??これ股重複しますけどガンの準備手間とシンナーのコストを考えても缶入りのサフを買えば良かったと反省しきりです。

 でわ!ナイショレス入れましたのでヨロチク。


投稿: うんちく | 2013年11月18日 (月) 20時12分

あいかわらず精が出ますね。ごくろうさまです。
削ぎ落して綺麗になった屋根を拝見してふと思いました。
そーいやルーフだけ色を変えたクーペって見たことないなぁ。
赤いボディにルーフは黒とか・・・ダメか。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

投稿: スギメチャ | 2013年11月18日 (月) 22時31分

ディザイナーすぎめちゃさん
>赤いボディにルーフは黒とか・・・ダメか
 面白い鴨??なら更に進化して手編みの毛糸の帽子とかクーペに被せたら目立つのでは?
 でも風で飛ばされるし車検は無理だろうなぁ(実は毛糸手編みが出来るワタシ)。

投稿: うんちく | 2013年11月18日 (月) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/53955429

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の素人板金その24(ルーフへのサフ入れ編):

« 恐怖の素人板金その23(Fフェンダーとルーフの剥離編) | トップページ | 恐怖の素人板金その25(サフ研ぎ編) »