« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その14(点火系点検編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その16(タコメーター修理成功編) »

2013年10月22日 (火)

嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編)

.一体何が面白いのやら?楽しいのやら??
この類の趣味が無い方は勿論基本的にクルマの整備はその道のプロに全面的に任せてと言う方はそう思うかも知れませんね。
 どれが正解か?それは人それぞれなのですけれどもワタシは基本的に何でも自分でやってみたいタイプ(勿論限界は有ります)。
 とは言いつつ自分でやってて「ナンでわしこんな事やってるん?」と思う事再び、それでも懲りずにやってるのは成功した時の達成感を味わいたいから。
 こればっかりは人任せでは味わえない楽しみ。

さて我が117クーペ、今年の春先にエンジンを回したきり御不動さんになりました。
 言い訳がましいのですけれどその頃は仕事で月あたりの総勤務時間が300時間に迫る状態で仕事以外何もする気にもならなければ体力も無く、これではいかんと8月一杯で退職しイザクーペ復活への儀式を・・・やんない。
 とは言え全然やんない訳では無くて断続的にやってたのですが成果は上がらず本日に至りました。
 そして今日・・・・・エンジン再起動に成功しました。
 焼き直しですが動画を収録してますのでご覧下さいマシ。 では何故こんなに手間がかかったか??
それは又後ほど冷静になって整理してから再度うぷしますけど総体的に言うと複合故障でした。
 重複しますが不具合箇所を思い出すまま列記すると?
1、サーモテンパラチャセンサー不良 2、コンタクトポイント不良 3、IGコイル~デスビ間ハーネス半断線 4、フューズボックス端子腐食 5、IGコイル~デスビ間シリコンコード断線 6、コールドスタートバルブ不良 7、サーモセンサーハーネス半断線
 未だ他にも有りますが大まかにそんなトコでしょうかね?これが一度に全部発生したのを全て発見し修理するのは素人のワタシには無理な話。
 で交換した部品ですが1、テンパラチャセンサーは手持ちの中古で交換 2、コンタクトポイントはOT誌付録の専用やすりで研磨して修正 3、シリコンコードはN電子さんに持ち込み修理の後交換 4、コールドスタートバルブは手持ちの中古に交換 5、IGコイルとデスビに附属するコンデンサは新品を入手し交換。
 よって出て行ったお金はシリコンコード修理代の2100円とコンデンサ2個で1600円の合計3600円なのですが工賃は??自前作業ですからタダなのですが本業でお客様に請求する時間単金を掛け算すると???天文学的数字になっちゃいます。

で!来月あたりから年貢を納めなければならんので明日から旧ピッチで仕上げ作業をしなきゃ。
1、タコメータの実装とインパネの固定 2、点検でバラバラにしたワイヤーハーネスの再包縛と整線 3、フューズボックス全端子の再研磨 4、ECUの固定 5、カプリングファンの装着 6、忘れちゃならない洗車とワックス掛け。
他にも有りますけどそんなトコでしょうかね?
 とりあえずお次はスコッチで祝杯です♪

|

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その14(点火系点検編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その16(タコメーター修理成功編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます=^_^=

流石うんちくさん。

動画のヘッドカバーがよそゆきでしたね。

投稿: TN | 2013年10月22日 (火) 22時34分

お褒め?TNさん
>動画のヘッドカバーがよそゆきでしたね。
 有難うございます、マジで今日は愉快な気分ですよ。
 で?ヘッドカバーですか?あの結晶塗装って結構手間でしてね。
剥離から下地仕上げに下塗りに上塗りに焼付けにロゴの研磨迄丸二日間かかりましたもの大事にしなきゃ。
 さて明日は細かい所を仕上げて公道走行でダメ出ししなきゃ。

投稿: うんちく | 2013年10月22日 (火) 23時18分

まずはオメデトウございます。

動画で見ると調子が良さそうですね♪

ところで、ポイントが荒れていたとありますが詳しい荒れ方はどうでしたか?
どちらかが凹んで、その反対側が出っ張っていたと思いますが凹んでいた方の回路に
不具合の可能性があります。
脅かすわけではありませんが再発防止の為にも探求しておいた方が宜しいかと思います。

投稿: かたかた625 | 2013年10月23日 (水) 10時37分

よく見てるかたかたさん
>調子が良さそうですね♪
 バルブクリアランスが詰まったからですかね?正に「かたかた音」が影を潜めましたです。
 ただやっぱ最近クルマと比較すると煩いエンジンですな。

>凹んでいた方の回路に不具合の可能性があります。
 実はそれなんです、と言うのも目視レベルですがポイントは何れも目立つ凹み等は無く汚れていたのです。
 特に固定側は全体が茶色に包まれた感じでデジボルのプローブを接点に直接あてても導通しませんでした。
 もしかしてシリコンコードのコイルが切れたのもこれが原因では?と?
コンタクトブレーカーの接点不良で高電圧が発生して??なのでは??
 ポイントレス化を真剣に検討してます。

 あ!例のイカなんとかしましたからね、長い間すんませんでした。

投稿: うんちく | 2013年10月24日 (木) 02時37分

When I began my petition against Abercrombie Fitch just over two weeks ago, I had no idea what it would become. By attending Les Thatcher's Camp, he has acquired best known techniques in several aspects of professional wrestling from one of the top trainers in the world. City and scenic tours are intriguing things to do in Boulder, Colorado. So if I have issues with just T's, I'm worried pants will be a nightmare anything with a bigger waist/hips these Jr things look skinny! Alan's Cadillac is one of the nicest cars on the showfield and a shining example of the type of work that comes out of his shop.

投稿: naskufnxl | 2013年10月30日 (水) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/53688629

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編):

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その14(点火系点検編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その16(タコメーター修理成功編) »