« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その17(それからどうした?編) »

2013年10月24日 (木)

嗚呼!117クーペ公道復帰後その16(タコメーター修理成功編)

ちょいと色々有って焦り始めました、追い詰められてきたと言うのでしょうかね。
暇に任せてノンビリやっている場合でも無いみたくです。

さて相当以前に某氏より御預かりし修理を済ませていた117クーペ純正タコメーター。
しかも比較的初期のHM用みたくで大変貴重な物です。

Img_0046

左がそのHM用で右は我がクーペから降ろしたXC用のタコメーター。
 一見して文字盤の目盛りが細かかったりリングの内側にステンのモールが入ってたりで如何にも高級と言うか重厚感溢れるつくりで嫉妬しますな。
 但し中身は?量産のそれと殆ど同じですし、時代が時代なので決して手抜きとは言いませんが経年問題の多いベークライト基盤が使われてます。

Img_1123

さて何が悪いかですが本来なら動作状態を維持しシンクロスコープで信号入力からメーター信号出力迄の間の回路波形を追いかけて行けば良い。
 このタコの場合パルスカウント方式の筈なので理屈は簡単なのですがやるとなると?
あの狭い車内にシンクロを持ち込んで更にインパネの中に手を入れてシンクロのプローブを基盤にあてるなんて絶対出来ないのです。
 恐らくプロは擬似信号を発生させるジェネレーターでも使うと思うのですが手元にそんな道具は無い。
 てな訳で経験と感に基づき?と言うと格好良いのですが要するに思い込みであてずっぽ(爆)で部品交換してみました。

Img_1133

まずは定番のケミコンを2本とトランジスタ2本、ケミコンは手持ちの新品が有ったのですが流石にトランジスタは無いのでお馴染みの業者さんに問い合わせして同一品を仕入れ。
その他パターン切れかけとアヤシイランドのハンダ入れ替えをし、我がクーペのタコを外して試験・・・・ビクともしません。
とは言えこの部品交換が全然意味が無いかと言うとそんな事は有りませんで、ケミコンは元々MTBFが6.8年ですし、トランジスタもこのCANタイプは振動に弱い場合が多いのでこれから先を考えても交換すべき部品です。
 ハテ?どうしたものやら?抵抗類は目視とデジボルで検査して異常無し、メーター本体もデジボルで軽く抵抗値を計測すると微妙にピコピコ動くので多分問題無し。
 緑色のタンタルコンデンサは経験的に言うと壊れる可能性は低い、手持ちの定電圧電源にタコメーターユニットを接続して回路の電圧を追いかけていくと本来なら7Vで一定の回路が時々0Vになったりする現象を発見。
とあらばツェナーダイオードですな、早速ジャンク箱をひっくり返すのですが買い置きが有った筈の7Vのツェナーは底払いしており又なじみの業者から代替のRD7を購入(通販は便利ですな♪)。
 もうこれでシメたものだと喜んで又我がクーペのタコメーターを外しイザスイッチオン♪???あれ??やっぱダメ。
 アト疑いがかかるとすると基盤外につけて有る正体不明の部品なのですが流石にこれは見た事も無ければ分解しても何であるかサッパリ判らず一見するに壊れる要素の無い部品、 となると残るはタンタルコンデンサ?
容量を調べるとこれ又意地悪と勘違いしちゃう位手持ちのコンデンサでは該当せず又業者さんにメールで注文。

Img_1488

こなた既に交換した後でして緑のが古い部品、赤いのが今回代替で交換したスチコン。
 よく調べて見るとタンタルコンデンサもその時代によって酷く信頼性の低い製品が出回っていた事を知りました。
 最初からそれを知っていたら交換していたのですがね。
で!今回我がクーペのエンジンも無事復帰したので早速動作試験をしてみました。

 てへへへ♪無事タコメーターは我がG180WE改の回転に伴い針がピコピコ動いてまして、無事修理完了です。
 しかしねぇ・・・何が大変って修理なんかよりもイチイチ動作試験するのにこのインパネを外して実装しなきゃダメと言うのが一番辛いですね。
 とは言えこの程度の修理にこれだけ延々と時間を費やしている言い訳にはなりませんがねm(._.)m。
 まあこれで貴重なHM117クーペがこれからも生き延びて行く一助になれば良いのですが。

|

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その17(それからどうした?編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

これが例のイカでしたか!
感謝の言葉もありません、本当に有難うございました。
マニアの間でタイプ1の甲種と呼ばれている車をスクラップに出す前に
外しておいた物ですが半世紀近く経って復活出来たとは夢のようです。
大切に使います。

投稿: | 2013年10月24日 (木) 10時16分

正体バレバレのだ~~れ?さん
>例のイカ
 イカと言えば?タコじゃ無いですかぁ。

>マニアの間でタイプ1の甲種と呼ばれている
 使われている電子部品をつぶさに検証して行くと大体の製造年月は判りますが、ご指摘通り昭和40年代初頭から中盤あたりの製品ですね。

>半世紀近く経って復活出来た
 スイッチングトランジスタはかなり怪しかったですがあれこれ探すと馴染みの部品商がストックしてました。
 それ以外は最新の部品で代替が可能な物ばかり。

>大切に使います
こちらこそやたら時間がかかってしまい申し訳有りませんでした。
 そう言えば未だ残ってるのですよね・・・アレが・・・やんなきゃ。

投稿: うんちく | 2013年10月24日 (木) 19時53分

エンジン再始動おめでとうです。

HMタコメータの修理、自分もしていただきました。
その節はありがとうございました。
だけど、その後取り付ける機会がなく、角目に手を取られっぱなしでして・・。

また動かないタコメータがあればよろしくお願いします。(^^

投稿: keiji117 | 2013年10月24日 (木) 20時16分

keijiさん
>エンジン再始動おめでとうです。
 有難うございます、常にこのエンジンの事が気になってて逆に逃げてた自分を自覚した次第。
 何事も失敗を恐れ逃げていたのではダメだと思いました。

>HMタコメータの修理、自分もしていただきました
 すんません、あれケミコンとトランジスタを新品に入れ替えただけなので本当に動くか否か検証してませんでした。
 今回の作業で某H社製のツェナーダイオードが弱いと判り慌てて仕入れてお送りしたのですが?もし依然として不動ならお手数でも再度返送下さいまし。
 尚、今回の修理で気がついたのですが量産型のタコに比べ追従性が悪い事に気がつきました、良く言うとクロノメトリックレヴカウンターの様な動きをします。
 恐らく回路時定数の設計に問題有りと踏んでますが、もし再度お預かりする機会が有れば回路を検証してみたいと思ってます。

>動かないタコメータがあれば
 ゲップ・・・・・

投稿: うんちく | 2013年10月24日 (木) 20時37分

初めまして、47年式117クーペ1800SUツィンキャブのハンドメイドタイプです。
回転計と速度計のオードメーターとトリップメーターのキロの位が共に動かなく困っております。修理をお願い出来ますでしようか?
メールいただければ幸いです。atushi180sx@maia.eonet.ne.jp

投稿: イシカワ ケイスケ | 2014年6月23日 (月) 19時33分

イシカワケイスケさんおはよう御座います。タコメーターとスピードメーター故障で御困りの由。
残念ながら当方クルマとは何の関係も無い職種で要するにど素人です。
ただお困りとあらば何とかしなくては。
就きましては少々お時間を戴きDM致します。

投稿: うんちく | 2014年6月24日 (火) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/53702111

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!117クーペ公道復帰後その16(タコメーター修理成功編):

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その17(それからどうした?編) »