« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その13(又もや頓挫編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編) »

2013年10月22日 (火)

嗚呼!117クーペ公道復帰後その14(点火系点検編)

何を今更なのですが今回のエンジンお不動さんの原因がどうやら点火系にある事が判りかけて来て徹底的に点火系統の点検を行いました。
 で!写真殆ど有りません、久々にムキになってて殆どシャッターを押さなかったです。
 まずやったのは再度「プラグから火花は飛ぶか?」なのですが。
 N電子さんから送って貰った修理済みケーブルを入れても依然としてプラグからは火が飛ばない(涙)。

Img_1170_2

ならばデスビかコイルか?更にその前のIG回路??でここは一番元電気通信エンジニア(但し文科系)の本領発揮で冷静に原因を切り分けして行きます。
 デジボルでIGコイルから出て行く三本の線(黒赤・黒黄・黒白)の行き先を回路図片手に探し各々正しく接続されているか否か、特に大事なのは接点の錆(酸化)ですね。

と?まずIGコイルとデスビの間の配線がアヤシイ、更に追いかけて行くとポイントの一次側では導通が有るのに二次側では導通が切れちゃう、ポイントが原因?? 
 既にここは何度か1000番程のペーパーで磨いた筈なのですが?OT誌のオマケで貰ったポイントやすりで研磨したら無事復活。
 「やっぱケタリング式じゃダメだよな~~」と呟きつつイザイグニッションON!で?やっぱダメ。
 愕然としつつならばIGコイルで正しく昇圧されているか否か?マニュアルによると6mm程ギャップを保持してアース間で火花を見ると有るので早速やってみました。

 

Img_1341

黄色い蓑虫クリップを取り出してIGコイルとデスビ間のケーブル先端で目視で6mm程度のギャップを作りイグニッションON!火花は出ません。
 要するにIGコイルで昇圧されて無いと言う事になります。
ならばコイルが不良??物置をひっくり返して取り出しました正体不明のIGコイル。

Img_1337

元々サビサビだったのをいい加減に赤いペンキで塗装したので何処のメーカーのどう言うコイルか判りませんけどね、多分ボッシュの赤コイルの筈。

 純正コイルと二つ並べてみました。

Img_1340

どっちもまあゴミですけどね、これでも無いと有るでは大違い。
 デジボルで抵抗を計測した所純正は8KΩ弱で不明コイルは8KΩ後半なのであんまり変わらない、更にマニュアルによると10KΩ少々が正しい。
 実に微妙な所で良否の判定は出来ないのでとりあえずダメもとで赤コイルに交換していざイグニッションON!・・・・・ダメです。

 そもそもコイルを外したくてもエアフロが邪魔になりドライバーが入らずたかがネジ二本を外すだけで大騒ぎ。

Img_1338

ならばダルマドライバーを動員したもののコイルが邪魔をしてビットが入らない・・・結局コンビニで買った安物ドライバーでどうにか外しました。

 
流石に天を仰ぎながら「今日はもうヤンペ」と思ったものの「負けてたまるか」で冷静になりデジボルを取り出しコイルの端子電圧を測ると?何れも12V後半で異常無し。
 コイル交換・コンデンサ交換・シリコンコード交換で異常無し??諦めきれずデジボルのプローブを蓑虫クリップで固定しながらフューズボックスあたりを弄ると?リレーがカチカチと音をたてます、フトデジボルを見ると電圧は0、あれ???端子が錆びてる??
 600番のペーパーを取り出しフューズボックスの8番端子を徹底的に磨いて再び計測すると電圧は12V後半でショックを与えてもリレーはカチカチ言わなくなりました。
ゼィゼィ(虫の息状態)。
再び点火プラグのアースを取り直しイグニッションON♪電池が放電しちゃいました(涙)。

 で~~もちゃんともう一個の電池が有るので取り替えて再びイグニッションON♪
 点火プラグからはパチパチと言う派手(でも無いけど)な音と共に4個とも火花が散りました。
 疲れてきたのでこのアトの話しは又明日と言う事にしますが整理しますと。
 1、ポイントがダメだった 2、フューズの端子が錆びてた 3、ハイテンションコードが切れていた 4、IGコイル~デスビ間の信号ケーブルが切れてた
 ワタシも素人ながらあれこれクルマを弄って参りましたがこれだけ一度にダメになられるとそりゃ手も足も出ませんです(居直り)。
ちなみにコイルは多分壊れていないと思います。

寝ます・・・・・

 

|

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その13(又もや頓挫編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

点火プラグからはパチパチと言う派手(でも無いけど)な音と共に4個とも火花が散りました。

そろそろエンジンがかかった頃でしょうか~?
実況中継して欲しいですね。

投稿: カタカタ625 | 2013年10月22日 (火) 13時34分

ご配慮かたかたさん
>そろそろエンジンがかかった頃でしょうか~?
 それがですねぇ・・・実はですねぇ・・・・
やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
エンジン起動に成功しました♪
10月22日14時50分、いすゞ自動車が生んだ水冷4サイクルDOHC2バルブ4気筒のG180WE改2リットルはその咆哮を上げました。
もう迷機じゃ無くて名機!2リットル怪じゃ無くて改と公言出来ます。

>実況中継して欲しいですね
 はぃ起動成功の瞬間からプレッピング迄動画を収録しましたので後ほどうぷします。
原因ですか??そりゃもう複雑怪奇で判っているだけでも4点が同時故障を起こしてました、流石にド素人のワタシには荷が重過ぎたですが無事自力で復旧。
勿論皆様のご支援があればこそでそれがなきゃ多分トランポに登載して大宮行きでしたね。
 とりあえず牛乳で祝杯上げます。

投稿: うんちく | 2013年10月22日 (火) 15時13分

うんちくさん
sun「おめでとう~おめでとう御座います。」sun
次回の書き込みはコメントの嵐ですから、お先に失礼します。
皆さん、陰ながら応援していましたからね。

「動画アップ楽しみにしていますよ」
苦労が報われて本当によかった。
きょうのビールは格別ですね、華ちゃんと乾杯beer

投稿: こうたの父 | 2013年10月22日 (火) 18時55分

こうたぱぱさん
>「おめでとう~おめでとう御座います。」
 有難うございます、やっとこれで胸の痞えが取れました。
とは言え公道走行のダメ出しで何が出るやら??

>次回の書き込みはコメントの嵐ですから
 なら有り難いのですが、意外な所で「器用貧乏日記いつも見てますよ~~」なんて言われてビックリします。
 一言でも良いですから是非コメ下さいな。

>動画アップ楽しみにしていますよ
 先程ニコ働でうぷしましたのでご覧下さいまし。

>華ちゃんと乾杯
 はは♪早速牛乳で乾杯しよ~~と冷蔵庫を開くと残り僅か、仕方無いのでとりあえず華ちんには水で薄めて飲ませてあげ、本人は晩飯支度の後早めにビールで祝杯を上げましたでし。

投稿: うんちく | 2013年10月22日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/53680885

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!117クーペ公道復帰後その14(点火系点検編):

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その13(又もや頓挫編) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その15(エンジン起動成功編) »