« 久々にクーペをあれこれ | トップページ | 立川で定期健康診断 »

2013年7月 1日 (月)

嗚呼!117クーペ公道復帰後その9(原因究明編)

まさか又公道復帰シリーズが復活するとは・・・情けない。
 SOHCからDOHCに換装を終え車検も取得し無事公道復帰なった我が117クーペなのですが今年2月にシム調整をした後仕事が超多忙になり走行はおろかエンジンの始動もせず今に至りました。
 これではいけないと思い久々にセルを回すと??エンジンが回りません。

 以下備忘録です。
セルは元気に廻るし計器類も問題無しなれで初爆さえ来ない。
 最初は前歴有りのインジェクタを疑ったものの簡易チェッカーで試した所詰まりも不動作も無し。
 エアフロはポテンショメータが怪しいものの予備品に変えても症状は同じ。

気持ちを入れ替えて症状は無視しECGIに関する全ての項目をチェックしました。
 まずコールドスタートバルブをチェック。

Img_1600

資料によると動作電圧はインマニ側とは違い12Vとの事で手許にあった小型のスイッチング電源改造の充電器と蓑虫クリップを組み合わせ動作試験をした所本来聞こえる筈の「カチカチ音」が聞こえません。
 とは言えこの季節にコールドスタートノズルが例え不具合であっても初爆さえ来ないのとは無関係??と思いつつ手持ちの中古予備品に交換してみました。

Img_1601

結果??相変わらずで「カチカチ音」は復帰したものの初爆の気配も無し。
 ハテ??こうなると疑うべくはハーネス。
 前回も書いておりました様に元々SOHCの車体にDOHCを搭載しておりECGI関係のハーネスは切った張ったのコネクタにハンダ着けでデッチ上げた代物なので極めてあやしいと??

Img_1603

デジボルと蓑虫クリップ付きワイヤーでECU~中継コネクタ~各種センサーの全ての導通を計測しましたが何ら異常無く。
 途方に暮れつつも更にその原因を考えると???
インジェクタにトリガ信号が行って無いのでは???と考え久々に押入れから取り出しましたるシンクロスコープ。

Img_1604

電源を投入し測定値(電圧とトリガ)を設定しインジェクタノズルのコネクタにプローブを接続してトリガ波形を観測したのですがねぇ・・・ちゃんとトリガがかかってます。
 万策尽き果てました・・・・・・やっぱSOLEXにするかなぁ(かなり弱気)。

|

« 久々にクーペをあれこれ | トップページ | 立川で定期健康診断 »

117の事」カテゴリの記事

コメント

困惑のうんちくさん
 以前、どこかに書いたかも知れませんが、ウオーターマニにある温度センサ2個、
このうちどちらかが不良もしくはコネクタの接触不良があれば、エンジンは全くか
かりませんです。コネクタを触りながら、セルを回す必要があるかも知れませんが
一度チェックを・・・。

投稿: 四方山果無 | 2013年7月 1日 (月) 04時14分

うんちくさん弱気になったらダメですよ!
とにかく分かっているのは燃料が噴射されないわけですよね、初心に帰って燃料ポンプの作動確認からやってみては如何でしょうか?
霧吹きでスロットルボディからガソリンを吹いたら初爆するのかな?
ファイトです!

投稿: カタカタ625 | 2013年7月 1日 (月) 11時00分

ウオーターマニにある温度センサ

水温センサーがダメになると、コールドスタートバルブが開きません。これはチョークと同じ役目をしています。
エアチャンバーに5目のノズルが装着されています。ここが開かないと濃いガソリンが噴射されませんから、セルを回してもエンジンは掛かりません。
ノズルを外して、ガソリンが噴射されるのかを確認されて下さい。

投稿: リバー | 2013年7月 2日 (火) 00時05分

お久しぶりです。クーペがすねてしまっているんですね。
やっぱり、乗ってやらないと・・・。
で、自分ならどうするか考えました。
燃料ポンプに予備バッテリーを直結します。
でポンプ自体かそうでないかをまず切り分け。
制御系は確認されているようなので、
ほかにはガス欠ぐらいしか考えつきませんが・・。

投稿: keiji117 | 2013年7月 2日 (火) 00時57分

ご指摘四方山さん
>不良もしくはコネクタの接触不良があれば、エンジンは全くかかりませんです
 一応デジボルで抵抗値は計測してましてね、この内ウォータテンパラチャセンサーの抵抗値が規定値よりホンの少し少ないのです。
 更にサーモタイムスイッチの構造を見るに接点不良の可能性も排除出来ない。
 何れも中古ながら予備品が有るので次回作業時に交換してみます。

投稿: うんちく | 2013年7月 2日 (火) 14時17分

かたかたさん
>うんちくさん弱気になったらダメですよ!
 有難うございます、一応電気(通信)屋なのですがLジェットロは流石にねぇ。
成る程自動車業界でも電装だけの商売が成立する筈ですよね。

>燃料ポンプの作動確認からやって
 Lジェットロの場合エアフロのフラップにポンプ駆動の接点が有るので試験をするには単にこの指でフラップを押すと「ごぉぉぉん」とカルロスじゃ無い音がします(はぁ?)。
 
>霧吹きでスロットルボディからガソリンを吹いたら
 似た様な話でポンプを強制駆動させてノズルに強制トリガを送るとちゃんと吹くんですよ、ならばと思いついてシンクロスコープでECUからのトリガ信号を計測したもののちゃんとトリガーはかかってる。
 但しウチのシンクロスコープはロギング機能が無いので電圧が正確か否か不明い・・・はぁ・・・ドンドンだめな理由しか見当たらなくなり挫折した次第。

投稿: うんちく | 2013年7月 2日 (火) 14時24分

Keijiさん
>やっぱり、乗ってやらないと・・・
 ですよね、「大切に乗らないで保管」なんてクルマの命を削ってるみたいなものだと認識しとるですよ。

>燃料ポンプに予備バッテリーを直結
 先にも書いた様にエアフロのフラップを強制開にしてポンプを駆動し相応の燃圧が来ている事、更にノズルに強制的にトリガを送ると元気に噴射する所迄は確認済み。
但し燃圧計は持って無いので低い可能性は有りますが・・・多分ダイジョブ。

>ほかにはガス欠ぐらいしか
 よく有る話ですよね、実は先月半ば頃ジョイフルでジュリ缶一杯のガソリンを買い求め注入済み。
 てな訳で行き場無し状態。

投稿: うんちく | 2013年7月 2日 (火) 14時30分

りばーさん
>ノズルを外して、ガソリンが噴射されるのかを確認
 既に確認済みなのですが異常無し、有るとすればECUからのトリガー信号に何らかの異常が有るか否か?程度しか思いつきません。
 次回作業時はとりあえず手持ちのウォータテンパラチャセンサとサーモタイムスイッチを交換してみようかと?
 それでも駄目ならもしかして???バルタイ??一応H社に勤める現役のエンジン組み立て屋がやったのでまさかとは思うのですがこれ位しか思いつきません。
 はぁ・・・でわ!健康診断に引き続き歯医者に行って参ります(憂鬱)。

投稿: うんちく | 2013年7月 2日 (火) 14時34分

プロフェサーうんちくさん

お仕事早朝より夜遅くまでご苦労さまです。

タコメーターのテストでクーペの異常を見るとは辛い処ですね。
Lジェトロは勿論、Dジェトロすら良くわからないのですが
燃圧があり、インジェクターが動きタイミングOK、そして火花あれば初爆ぐらいしますよねー 
やはり基本は爆発する場所、シリンダーの確認ですか。
噴射状況はプラグである程度で判断可能で乾いているとインジョクター前のフィルターどうですか? 
噴射が確認出来れば・・・怖い話ですが、まさかの圧縮ですか。
話によりますと、基本は、良い燃料、良い火花、良い圧縮ですから。
時間は十分あります。ゆっくり楽しんでください。

うちの柴犬こうたは只今入院中です、両目失明の危機です、と言うか
今日の朝より両目とも眼球が濁り、うろうろするだけで動けません。
来るべき時がきました。まだ7歳です、犬生(寿命)を全うするまで
面倒みなくては。大げさですが自分行動にも影響が出そうです。

誰でも身体が基本です。
仕事はその次です、人生を賭ける価値があればそれもまた別ですが。、

 

投稿: こうたの父 | 2013年7月 3日 (水) 22時22分

こうたパパさん
>お仕事早朝より夜遅くまでご苦労さまです
先月迄割とグーたらしてた反動ですかね、又恐ろしい位仕事に拘束されてます。
ったく「こんな筈じゃ無かったに」です。

>噴射が確認出来れば
 クーペは噴射せず、オーナーは逆噴射してます(自爆)。
 再々書いておりますがインジェクタ自体問題は無いしえあ風呂にもECUにも???じゃ何??最悪はバルタイでは??と考えてますがヘッドカバーを下ろすと考えただけでウンザリ(涙)。

ご心痛こうたパパさん
>来るべき時がきました。まだ7歳です
 自己努力でクリア出来るなら兎も角お医者様に任せる事しか出来ない以上ただ到来する運命をどう受け止めるかでしょうね。
 以前にも書いてましたが犬は人間以上にお利口さん、例え視力が失われても嗅覚がそれを補ってくれます。
 慣れる迄は大変ですけれど出来る事は全部してあげて下さいね。


投稿: うんちく | 2013年7月 6日 (土) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/52253444

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!117クーペ公道復帰後その9(原因究明編):

« 久々にクーペをあれこれ | トップページ | 立川で定期健康診断 »