« アルティック409 | トップページ | HM117のタコメーターを修理する »

2013年6月 2日 (日)

ウッドデッキに手摺を付ける

嗚呼!又夜中に起きちゃった(涙)。
昨日(一昨日?)は神奈川某所で仕事を終えてそのまま直帰しようとしたのですがフト思い出して地元に住まう兄貴にメールを入れて「飲み会しない?」と。
 即返信が有り某所で呑んでたのですが酔った勢いでこれ又某所に有るライブハウスに乱入。
 そこで見たのは??「アレ?この人がこんな所に居て良いの?」みたいなメジャーなミュージシャンで少々ビックリ。
 しかもこの日はおやぢバンド特集みたいなイベントで・・後は言うまい・・・酒の勢いとは言え飛んでも無い事をしでかしました。
 まあ別に法律に違反するとかじゃ無いのですがねぇ・・・

さて少し古いネタですがウッドデッキに手摺をつけました。
 別に必要性で言うと要らないのですけれど素のままじゃ立体的に見えないのです。

Img_1317

再びジョイフルぽんたさんに行って材料を仕入れ(全部で千円少々)切った張ったの始まりです。
 前回はコーススレッドと言う便利なネジを活用して誤魔化したのですが今回は無謀にも「釘(ネジ)を使わない大工仕事」に挑戦。
要するに臍(ほぞ)を切り、木と木を繋いでみました。
それに必要なのはノミでしてかなり以前に購入した大中小の三本セットを引っ張り出してきました。

 

Img_1420

ノミでも一流品だと一本で数千円するのですが此方購入先は毎度お馴染みジョイフル百均。
一見するにそれなりなのですがパッケージを見ると「この製品は研いで無いのでこのままでは切れません」みたいな但し書き。
多分普通の人が見たら絶対ンナもん買わないと思うのですが変態なワタシは笑いながら「研いだらええやん」と三本購入。
 そんな訳で写真にも有ります様にG180WEのシム研磨用に購入したオイルストンで刃研ぎの作業から始まります。
 研ぎも終わりまずは材木に溝を切ります。

Img_1424

勿論イキナリ溝を切る訳では無く採寸して曲尺と鉛筆でスミ出しをしてからなのですがこれが結構大変でして好い加減にやると後の組立で酷い目に遭います。
 溝同様にスミ出しをしてからノコギリとノミを駆使して刻みコーススレッドで既設のウッドデッキに固定しました。

Img_1425

更に仮組みをすべくゴムハンマーで臍と溝を合わせて叩き込み加工に問題が無い事を確認してから再度分解。

Img_1426



Img_1429

水平器を使い左右上下のレベル出しをしてから臍に木工ボンドを塗布し当て木を介して叩き込み組立完了♪

Img_1433

 

ここで再度レベルを確認すると???写真右側のレベルは完璧なんですが左側は見事に左右がズレてました。
ボンドを塗布し臍を叩き込んだ後即レベル出しをすれば良かったのですがボンドの硬化時間を甘く見てた為に気がついた時には完全硬化で調整が出来なかったのです(涙)。
 溜息をつきながら諦めて強度を保つ為に筋交いを入れ塗装をしてとりあえず完成♪

Img_1436

Img_1434

結局今回はデッキに手摺の柱を固定するのにネジは使ったもののそれ以外はネジはおろか釘一本使わないで済ませました。
 特にこの筋交いの接合面ですが採寸も刻みもドンピシャ状態の木工ボンドだけで固定。

Img_1458

話には聞いていたのですが材木の刻みが正確ならば刻んだ木と木を合わせ水を塗るだけで吸い付くとか?
勿論今回はボンドは使ったものの硬化すると押しても引いても微動だにしない位の強度が有りました。
 とても疲れましたけど楽しい一日でしたとさ。

|

« アルティック409 | トップページ | HM117のタコメーターを修理する »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

棟梁お疲れ様でした!
もう少し修行が必要かも知れませんね、プロは削り込んだ断面が光っていますよ~
あっ、ノミが良くなれば出来そうですね。

ところでクーペのボンネットが開いていますが???

投稿: カタカタ625 | 2013年6月 2日 (日) 12時28分

木工三昧のうんちくさん
>「研いだらええやん」
 私も刃物を研ぐのは得意で、切れ味が戻った包丁や鉋の刃
など、なかなか気持ちがいいですね。
 木工は私もやりたいのですが、なかなか時間が・・・倉庫
のコンプレッサーのカバーとか、植木鉢収納ボックスとか、
 資源ゴミ入れのドアとか・・・”こんなんあったらええの
になー”と思うことしきりなのですが、いずれも老後の楽しみ
になりそうです。

投稿: 四方山果無 | 2013年6月 3日 (月) 04時03分

ご指摘かたかたさん
>もう少し修行が必要かも
もう少し所が物凄い必要ですって。
以前国営放送で「金剛組」の特集をやってて画像を眺めてたのですがもう神業の世界ですね。
 クルマで言うと「パテを一切使わない板金」みたいな話です。

>ノミが良くなれば出来そう
 百均ノミでも研いだ直後はスパスパ切れるのですが暫くすると駄目になっちゃいます。
 と!思いホムセンであれこれ眺めてたのですが鋸とノミとカンナで「これは?」と思うのを買うと全部で諭吉さんが2名弱お亡くなりになるのです。
 大工仕事の世界ではドラゴンツールは通用しない様で・・・トホホホ(涙)。

>クーペのボンネットが開いていますが
 は??あれはクーペでは有りません、便利な物置です(自爆)。

投稿: うんちく | 2013年6月 4日 (火) 17時10分

職人四方山さん
>研ぐのは得意で
 へぇ・・ワタシの場合は研ぐと言うよりも「砥石を削ってる」と言うた方が適切鴨。
 下手に研ぐと逆に刃物が駄目になりますもんね。
 
年金生活が楽しみにする四方山さん
>いずれも老後の楽しみになりそうです。
市民際で老人会が安値で刃物研ぎをやってくれると言うので包丁を持って言ったら??ナント某パナソニックの電動刃研ぎ器で研いでました。
(洒落にならん笑い話)

投稿: うんちく | 2013年6月 4日 (火) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/51872583

この記事へのトラックバック一覧です: ウッドデッキに手摺を付ける:

« アルティック409 | トップページ | HM117のタコメーターを修理する »