« HM117のタコメーターを修理する | トップページ | HM117のタコメーターを修理する(その2) »

2013年6月 8日 (土)

珍客到来♪

お蔭様で先月あたりからやっと人間らしい生活を送れる様になって来たと思ったら??
又明日からアラシの予感、明日(土曜)からしばらくの間休みが取れない鴨なんで本日は再就職以来初めて代休を取り朝からジタバタ。
 ちょいとした家事を済ませてじょいふるポンたさんに買出しに行き帰宅したらすでに昼前。
早めの食事を済ませ今度は銀行さんに呼び出され15時位迄あれこれおサシでベテラン行員さんに説教と講釈を聴かされた(でも少しお利口になった)後名刺交換後雑談してたらなんとタメ歳でワタシの弟と同じW卒でした、世間は狭いですな。

 さて帰宅してから例のHM117用タコメーターの動作検証をすべく午前中ぽんたで仕入れてきたねじ類を使い組み立ててから我が量産のグレード不明(爆)クーペに装着しイグニッショんON♪・・・・・とほほほ(涙)。
何度セルを回しても自前で組んだG180WE改2リットルDOHCは目覚めませんでね、正に(改)(怪)になっちゃいました。Img_1515

 原因ですか?あくまでワタシの経験と感なのですがどうやら音からしてエンジンにガスが来ていない様子。
 ならばとデジボルを持ち出してあちこち電圧を計測するものの異常無し!
更に過去の経験からLジェットロのウィークポイントでもあるセンサーフラップの接点では?と疑いゴムホースを外しエア風呂のフラップを手で押して見ると??都度電磁ポンプが作動します。
 ハテ?万事窮す?でとりあえず一服つけてから紫煙を吐き出しつつインマニ付近を点検すると???
はぁ・・・原因が判りました・・・・・これ。

Img_1514

赤い枠線で囲ったあたりをご覧戴ければ判ると思うのですが、以前バルブシム調整をした時に何故かブローバイガスの還流ホースを外したままでした。
 これではここから空気を吸い込んでしまうので当然「エア風呂センサーは反応しない」=「電磁ポンプが起動しない」=「ノズルにガスが来ない」と言う事になります。
 良いエンジンとは??「良い圧縮」・「良い燃料」・「良い火花」の三拍子が奏でるハーモニー♪これさえ揃えばエンジンは気持ちよく廻ってくれるのですよ。
 え?「講釈はエエから貴重なHM117純正タコメーターはどうなってんねん?」ですと?
 すんません、実はセルの回し杉でバッテリーが上がったんでこちらで夕暮れ迄遊んでました。

Img_1495

カルノーサイクルを思い出しながらエンジンをバラしてましたがこんな簡単な構造でもちゃんとエンジンは廻るのでせうね。
いすゞさんの生み出したDOHC4サイクルG180WE怪エンジン対中国産2サイクル混合ガソリンエンジンの対決。
面白い展開になって参りました。

|

« HM117のタコメーターを修理する | トップページ | HM117のタコメーターを修理する(その2) »

ナナハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍客到来♪:

« HM117のタコメーターを修理する | トップページ | HM117のタコメーターを修理する(その2) »