« HM117のタコメーターを修理する(その2) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その9(原因究明編) »

2013年6月23日 (日)

久々にクーペをあれこれ

毎度の話で疲れ果てて早く寝たらまたこんな時間に起きちゃいました、今日仕事なんですよね・・・・
 昨年の春の長年お世話になったH社を相当早く希望退職し半年遊ばせて貰いやりたい放題。
 お金は無いけど時間が有ると言う事が実は如何に贅沢な事なのかを実感した半年間でしたが、流石にそんな至福のひと時を継続する訳にも参らず又サラリーマンに戻りましたがね。
 年始以降極度の業務多忙状態で連日睡眠時間は4時間から5時間・・・・「こんな筈じゃ無かった」と言うのが本音ですな。

 多少は仕事の負荷も減少して参りましたので徹底的に我がクーペのレストア作業を再開。
 バルブシム調整以降殆どクーペには触れて居なかったのですけれどね。
と言うのもセルは元気に回れど初爆の気配すら無くあれこれ診断しインジェクションノズルを疑い簡易試験機を製作しました。

Img_1558

なんてね、単純に手元に有ったNicd電池を4個直列にして4.8Vを作り出し蓑虫クリップを付けただけ。Img_1561 これをどう使うかというと??
 こうやってインジェクターの端子に電圧を印加してやると「カチカチ♪」と言う音がして元気か否か分かるのですがね・・・・全部元気でした。
 症状からしてインジェクタからガスが噴射していない事は間違いないと思ううものの念のためプラグの火花を点検するも異常無し。

Img_1563

やはり最初の見立て通りでガスがシリンダにいって無いのですよね。
 では何が原因??と思いLジェットロのマニュアル片手に各センサ類を検査したものの異常無し。
更に燃圧を見るべく燃料系のホースを外すと勢い良くガスが噴出するので燃圧も問題無し?
 では!と面倒ながらECUを取り外しコネクタから各気筒に繋がるピンにジャンパ線を接続し強制的にトリガを送ると??都度カチカチと言う音がしてインジェクタにもハーネスにも問題が無い事が判ります。
 因みに1番シリンダはピン番号15番で以下同様に2番が35・3番が32・4番が14のピンをアースに落とすとインジェクタが動作します。

Img_1564

結局この時点で燃圧・プラグ・各種センサー・ハーネスの何れにも問題の無い事を確認したので残るはエアフロかECUか?
 まずはエアフロを疑い取り外して各部点検。

 

Img_1565

元々XCのSOHCエンジン搭載だったのでエアクリケースの形状は全然違うのですが基本的には同じフラップセンサー式のポテンショメータで空気の流入量を計測する古いタイプのLジェットロです。
試しにデジボルでポテンショメーターの電気抵抗を計測したのですがね。

Img_1566

ピン7番と6番にデジボルを接続して抵抗値の変化を見たのですが最低で67Ω、最大は???なんと∞でして抵抗値がリニアに変化しません。

Img_1567

合成抵抗値で200Ω程度の筈なんですがねぇ・・・何故か∞だったり400Ωあたりをウロウロしたり。
どうやらエアフロのポテンショメータの不具合???一応IPAでカーボン面を洗浄したら抵抗値は下がったものの依然としてリニアリティーに欠ける動きを示します(涙)。
 ハテどうしたものやら??巷に聞くにエアフロをカルマン渦とかホットワイヤー式に交換した猛者が居るとか??
 ポテンショ式なんてエラそーな事言うてますけど要するにラジオのボリュームと同じですもんね、経年で駄目になって当たり前。
 久々にクーペで萌えた一日でした。


 


 

|

« HM117のタコメーターを修理する(その2) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その9(原因究明編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

うんちくさん
 また新しい課題が出来ましたね♪
 視点を変えて、ポテンショメーターは正常と仮定して、エアフロの
フラップの動きは重く無いですか?また、軸のがたつきは有りませんか?
エアクリ外してセルを回しつつ、フラップを押して、燃料ポンプがまず
稼動するかどうかの確認とかしてみてはいかがでしょうか?

投稿: 四方山果無 | 2013年6月23日 (日) 10時06分

放置していたツケが回ってきましたか、どこかに中古部品はありませんかね?

最後はソレックスに換装すれば大丈夫ですよ(悪魔のささやき)

投稿: カタカタ625 | 2013年6月23日 (日) 10時57分

あいや折角コメントを頂戴していながらレス出来ずm(._.)m

ご指摘四方山さん
>燃料ポンプがまず稼動するかどうかの確認
 流石経験者ですね、ご指摘の点検はすべて行いましたが異常無し、但し予備で保管していたエアフロのポテンショ抵抗値を計測しましたがやはりリニアには程遠い。
 ただだとしても??初爆さえ無いのは他に原因が有ると踏んでます。
 さて今日は久々に代休ながら病院と銀行と買い物で潰れそうです(涙)。

投稿: うんちく | 2013年6月28日 (金) 09時26分

かたかたさん
>どこかに中古部品はありませんかね?
 ハィッ!手元に中古のエアフロとECUが有ります(爆)。
ただ中古なのでこれも壊れている可能性が無い訳では無いし疑い始めるとキリが有りません。

>(悪魔のささやき)
 ハハハハハ♪あ~~あ・・・それ言っちゃオシマイでしょぉぉ。
 手許にはOH済みの純正3型が有るのですよ・・・シクシク。
 まあ自前OHなんでアヤシイものですしジェット類を揃えてワイヤーも買いなおして?電磁ポンプも低圧用に変える必要は有りますが現状を考えると楽チンかな?と・・・はぁ。

投稿: うんちく | 2013年6月28日 (金) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/52145333

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にクーペをあれこれ:

« HM117のタコメーターを修理する(その2) | トップページ | 嗚呼!117クーペ公道復帰後その9(原因究明編) »