« ウッドデッキに手摺を付ける | トップページ | 珍客到来♪ »

2013年6月 2日 (日)

HM117のタコメーターを修理する

あいや、掲題通りで久々にクーペネタを投稿しようとして・・・・そのまま寝ちゃいました(爆)。
 要するに近頃はかなり負荷も軽減しては来ているものの如何にそれ迄の疲労が蓄積していたか如実に物語っておりますね。

 さて仕事が忙しく肉体的な疲労よりも精神的な疲労の方が酷く例え土日がお休みでも殆ど寝たきりだったものの先の連休辺りから少しずつ回復して参りましてね、本来不得手とする木工に挑戦したりあれこれ。
 そして久々にクーペ関連作業でかなり以前に某氏より依頼されていたHM117用のタコメーターの修理を再開しました。

 最初は電子機器修理のお約束で電解コンデンサの交換以外にこの時代に多用されていたCAN型トランジスタを交換してとりあえず動作させて見たもののウンともスーとも言わず。

 

Img_1133

この内電解コンデンサは手持ちが有ったのですが流石にトランジスタは無くなじみのT通商さんに在庫が有ったのを発見し注文。
 2SC282と言う日立製のスイッチング用トランジスタなのですが今時の樹脂封し型トランジスタと違い振動に弱いので敢えて予防保全で交換したのですがねぇ。
 仕方なく手持ちの定電圧電源にタコメータを接続しプリントパターンを追いながらデジボルで電圧を追いかけると電源入力回路に直列に接続されている抵抗の前と後で大幅に電圧が違う事に気がつきました。
 更に回路を追いかけるとツェナーダイオードが回路と並列に接続されています。
 ピンと来て恐そる恐そる抵抗に指先をあてると??熱い。
 てな訳でツェナーダイオードの破損と断定しジャンク箱を探すものの該当するダイオードの手持ちが有りません。
 仕方なく又通販で7V規格のRD7を注文して交換した所当たり前の話ですが電源回路の電圧は7Vで安定。 
 これで修理完了と喜びつつ我がクーペのタコメーターを外し接続して見たのですがやはりウンともスーとも言わない。
 流石に疲れてここで頓挫・・これが今年2月頃の事。
 しばらく間を置いて再度不具合箇所の切り分けを行うのですが流石に山勘で不具合部品を特定するのは諦め動作状態で信号回路の波形をシンクロスコープで追いかけてみました。
結果どうやらカプリング回路に使われているフィルムコンデンサが怪しい事が判明。

Img_1123

写真に見える緑色の部品なのですがね、経験的に言うとコンデンサの中では比較的寿命の長いモノであんまり疑って無かったのですけれど。
 部品の乗数を読み取ると何れも耐圧は150Vで3個は0.22μFで1個は0.1μF。
 これ又ジャンク箱を探したものの何れも該当するコンデンサは無く又もや通販で注文して入手したのが3月も末頃の話。

Img_1480

写真の下側に見える茶色の部品がそれなのですがね、実は注文の際に大失敗で0.1μFの注文を忘れていた事に気がつきました。
 「又注文??」と思うと億劫になり又放置。
 で!やっと又やる気になりとりあえずジャンク箱をひっくり返して不足する0.1μFのコンデンサを探して見ると??
 有りました♪
 てな訳で早速半田コテと吸い取り機を駆使して原因と思われるコンデンサを取り外し新品と並べてみました。
 サイズも色も違いますが間違う事無き同一規格の部品です。

Img_1482

念の為に外したコンデンサの容量を計測して見ると0.22μFは三個とも計測不能、要するに単なる絶縁物になってました。
 

Img_1490


 更に残る0.1μFですがこちらは20%程容量が減少しては居るものの計測結果は0.082μFで交換必要レベルでは無かったかな?
 この時点で修理完了を確信したワタシはサッサと新しいコンデンサに交換し組み立てて我がクーペのインパネに押し込んで動作試験♪

Img_1487


 と思いきや何故か基盤を固定するネジやスペーサを入れた袋が見当たりません。
結局どこを探しても見当たらずこの日は根気負けでグッタリしちゃいました。
 まあ特殊なネジでも無いもののどうやらピッチが2.6mmらしく幾ら探しても手持ちのネジも無く暇を見つけて新しく買い求める事にします。
 結局交換した部品の内訳なのですがね。
1、ケミコン:50V1μF×2個 2、トランジスタ:2SC282×2個 3、ツェナーダイオード:RD7A×1個 4、フィルムコンデンサ:01.μF×1個に0.22μF×3個。
 ちゅーか今回の修理で交換も清掃もしなかった部品は固定抵抗だけでしたとさ。
 恐らく結果だけ見ると「なんでこの程度の作業に延々手間かけてるの?」なると思うのですけれど、ワタシのグータラな性格がその原因の大半である事は認めますがね。
 たかがフィルムコンデンサ1個でも手持ちが無いと作業は即頓挫しちゃうのです。
 このイライラ感はやった人じゃ無いとわかんないだろうなぁ・・・・寝ます。

|

« ウッドデッキに手摺を付ける | トップページ | 珍客到来♪ »

117の事」カテゴリの記事

コメント

???

記事が読めませんが、どうなさいましたか?

投稿: TN | 2013年6月 3日 (月) 21時53分

お疲れのうんちくさん
>如何にそれ迄の疲労が蓄積していたか・・・
疲れたら休むのが大事ですよ。
しかしまたストレスの溜まる趣味ですね。旨くいけば
それまでのストレスも発散出来るのですが、頓挫して
いると、ストレスが溜まるばっかりですね。
>このイライラ感はやった人じゃ無いとわかんないだろうなぁ・・・・
はは、多少はわかります。・・・が、私はラフな性格なので、そそくさと
放棄します。いいぢゃないですか、細かいことは・・。
それにしてもいいテスターをお持ちですな。

投稿: 四方山果無 | 2013年6月 4日 (火) 04時10分

有難うございました! 
ワクワクしながら事の顛末を読ませていただきました。
これでスピードメーターとお揃いになります。、このタコメーターはハンドメイドでも極初期の
目盛りの細かいタイプなので雰囲気に合うんです。
昨日の記事、暗号化されているのかと思いましたが違ったんですね、笑

投稿: カタカタ625 | 2013年6月 4日 (火) 09時44分

ご指摘TNさん
>記事が読めませんが
 はぃぃぃ♪書いてませんから(爆)。
書こうとしてキーボード抱えつつ突っ伏して寝てました(涙)。

 因みに今日は昼から歯医者さんに行ってお休み♪

投稿: うんちく | 2013年6月 4日 (火) 16時49分

判っちゃいるけど・・四方山さん
>疲れたら休むのが大事
 なんですがね、近頃は人間らしい時間に帰宅(そんでも22時位)してますが4月迄は酷いものでした。

>旨くいけばそれまでのストレスも発散出来るのですが
正にご指摘通りでして困難な事を成し遂げた時の達成感が有ればストレスなんぞ一瞬で解消♪と?言う事は失敗したら火に脂ですもんね。
 先日大の苦手な木工で臍と溝を切り釘を使わない大工仕事に挑戦したのもそんなリスキーなストレス解消策でした。

>いいテスターをお持ちですな
 有難うございます、いつぞやも書いてましたが計測関係の道具は一流品しか使いません。
 これに反して工具は殆ど所謂「ドラゴンツール」の類ばっか。
無論ブランド工具には魅力を覚えますが安物でも工夫しつつ注意して使えばブランド物と変わりは無し。
 その点計測器は一流品じゃなきゃデータそのものが信用出来ませんからねぇ(タラタラ)
 もし?仮に今手元に有る測定器を全部新品で購入したら多分ちょいとした高級車が一台買える位の値段になると思います(入手時は殆どタダみたいなモノでしたが)。
 ただこのデジボルは新品で購入して諭吉さんが5人弱お亡くなりになりました。(更にタラタラ)

投稿: うんちく | 2013年6月 4日 (火) 16時58分

クライアントかたかたさん
>ワクワクしながら事の顛末を読ませて
 じゃ無くてもしかして「イライラ」じゃ無くて??ホッ♪
あれやこれやで手持ちの電子部品はダンボール箱2つ分位有るのですが今回は殆ど外れでした。
 >ハンドメイドでも極初期の目盛りの細かいタイプ
 感性は人それぞれですがワタシのこの目盛りの細かいタイプは魅力的。
それがドーシタも有りでしょうけれどねぇ・・
 但し未だ動作試験をしていないのでもしかして駄目かも??だとしたら?後交換していないのは固定抵抗とバリスタ(HV18)だけなんですが。
 もしこのバリスタ、製廃な上に互換部品も入手不可能なのですよ~~オロオロ。

投稿: うんちく | 2013年6月 4日 (火) 17時04分

プロフェショナルうんちくさん

テスターも良さそうですが、基板を理解してのテスターの使いこなし
羨ましいと言うか、何と言うか、凡人の自分には想像すら出来ず
その違いに悲しくなります。

現在最近購入した、H13年のスバルサンバーTT2にタコメーターを追加しましたが後付け感が気に入らず、
同年式ディアスSC用タコ付メーター(中古)に交換を思案中です。
16ピンカプラー×2個の総入れ替えで1部ダイオード追加の事で教えて頂きたいのですが、宜しくお願いします。
改めて連絡させていただきます。

動くのを止めても死にませんので、たまにはゆっくりお休みください。


投稿: こうたの父 | 2013年6月 4日 (火) 17時35分

おはようございますのこうたぱぱさん
>凡人の自分には想像すら
 は?ワタシもその一人ですよ~~!
違い?面白がってやってるか否か??かな?面白く無いと思うとワタシも出来ませんもんね。(←所詮素人)

>基板を理解して
すんません、全然理解して無いのです、ただ使われている部品の機能は判るのでそれが何の回路か判るだけ、所詮ワタシも文科系人間。

>ダイオード追加の事で教えて頂きたい
 え?何でしょう?ダイオードですから要するに逆流防止が基本。
知識って知っているだけでは知識とは言えないと思ってます、誰かに教えられて実際に活用出来て初めて知識。
 知ってるだけでは単なる「知」ですからね、「知」を「織り成す」事が出来て初めて「知識」・・・朝から何言うてんねんワシ。

 

投稿: うんちく | 2013年6月 6日 (木) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/51879679

この記事へのトラックバック一覧です: HM117のタコメーターを修理する:

« ウッドデッキに手摺を付ける | トップページ | 珍客到来♪ »