« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その7(オルタを治すぞ編) | トップページ | ワンコ大好き »

2013年1月25日 (金)

実はJAZZ大好き

一部「ド演歌」を除いて音楽何でも大好きなワタシなのですがそのド演歌以外に殆ど聴かない音楽が。
 それはJAZZでしてね、何故かと言うと高校生の頃JAZZ好きなダチに誘われご近所のJAZZ喫茶に行ったのですがそりゃもう怖いおぢさんに遭遇してそれがトラウマになりその後一切JAZZに近づく事は有りませんでした。
 兎に角咳(しわぶき)一つ私語一つ許されず?その割には自分達は好きに会話、更に下手な事を言うと豊富な知識を駆使してコテンパンに叩きのめすのですよ。

 タカがレコード(当時CDは無かった)を廻して音楽を聞かせる程度の店のクセに・・・なんてネ。

 と!昨年暮れの事なのですが或るレコードをY!で落札した所出品者さんは拙宅から徒歩圏内の超御近所でして直接引き取りに御伺いしたついでにあれこれお喋りして意気投合。
 そんな関係でつい最近御近所に面白いお店が有るので是非新年会でもと言う事でお出かけしました。
 自宅を出てトコトコ歩いてルート16に出ると右折。
 ここら界隈は「ここは何処の国?」と思える程エキゾチックな雰囲気でしねて。

Img_1173

看板代わりにミサイルの置いてある雑貨屋さんが有ったり。
 店頭にトゥクトゥクが鎮座するタイ料理専門店とか?

Img_1170

 さり気無くフェラーリが転がってたり。Img_1174
店構えはキタ無いけど結構旨くて安いイタメシ屋さんが有ったり

Img_1191

ただ散策しているだけでも飽きる事の無い町並みが続きます。

とキョロキョロしながら徒歩10分チョイで到着しましたコチラカフェドノェルさん。
http://www.noel-note.com/

Img_1176

元々自転車屋さんだったお店らしいのですが手作り感溢れる改装で見事に生まれ変わってますね。
 で!この日は縁を取り持ってくれたレコード出品者のNさんとただ音楽談義で盛り上がれば良いと思っていたらなんとJAZZのライブが有る日でした。

Img_1185

 サックスにトランペットにドラムにベースにピアノで何れも何ら文句の言える筋も無く超プロフェッショナル。
 レコード廻して聴いてじゃ無くて正に目の前で繰り広げられるライブにただ息を呑み唖然とするばかり。
これだけでも大満足なのにこのお店の二階には展示場が有りましてね。
この日は手編みのセーター等が展示されてましたがその他イラストや絵画等その時によってアレンジされているそうな。
 アート好きで音楽好きでレコード好きな人ならもう入り浸りになる事請け合いです。
 ただ難点を言うと足が少々不便でして最寄駅は八高線(都内なのに単線)の東福生駅なのとマスター一人で切り盛りしておるので豪華で手の込んだお料理はあんまり期待出来ません。
 マスター曰く「ライブの有る日は持ち込みOKですからね」との事。
 ワタシは自宅迄徒歩10分少々なのでラスト迄居たかったのですが生憎この日はワンコの退院日でお迎えが有り21時頃に引き上げました。
 軽い酔いを感じながら横田基地を左に見ながら無事帰宅しましたとさ。

Img_1190

|

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その7(オルタを治すぞ編) | トップページ | ワンコ大好き »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ステキなお店ですねえ。
彼の地はアメリカの影響濃く、
歩いていても面白そうです。

ナツパパ家にとっては、最近は
「大多摩ハム」の福生になりました。
ちなみに、昭島にも寄ります。
「フクシマヤ」という高級スーパーです。
なんてバブリーなのでしょう(笑)

投稿: ナツパパ | 2013年1月26日 (土) 08時20分

シュトゥーヘ゛ン・オータマでも夏はジャズ・ライブをやりますね.
http://www.otama.co.jp/stuben/news/news.htm

わたしは生演奏よりもスタジオ録音のほうが好きです.

投稿: akira isida | 2013年1月26日 (土) 16時51分

Take Five MJQ マイルスは死刑台のエレベーター
色々と聞いています。
確か「You will be so nice to come home」
でも「暗いね」とよく言われました。

今はCDで復刻もあって良い時代です。

投稿: リバー | 2013年1月28日 (月) 19時39分

何故か地元通のなつぱぱさん
>「フクシマヤ」という高級スーパー
 え~~~?なんでそれを御存知で?
ワタシは敷居が高くて未だ入った事がありませんでね、専らその道路向かいのファンタスばっかです(涙)。

>歩いていても面白そうです
 地元だから逆に知らないことが多くて散策する都度新しい発見が有ったりします。
 因みに今回お邪魔したお店は福生ドックの認定店なんですがね・・・当日は売り切れでした。
http://www.otama.co.jp/news/dog/index.html
事前予約すれば確実かな?
 JAZZを聴きながら試食でもしてみません?三月にはワタシの大好きなブルーグラスのバンドがライブをやるそうな・・ワタシもフィドル持参でセッションしたいなぁ・・なんてね。

投稿: 欠食児童 | 2013年1月29日 (火) 00時40分

ナイアガラーなishidaさん
>生演奏よりもスタジオ録音のほうが好き
 当日同行して戴いたNさんはレコードコレクションが万を越すとか?
 確かに万を辞して録音したレコードサウンドにも魅力有りかと思います。
(ワタシはやっぱナマ派)

投稿: 欠食児童 | 2013年1月29日 (火) 00時43分

意外にもJAZZファンリバーさん
>「You will be so nice to come home」
 嗚呼!覚えようとしても忘れ無い!??
今をときめく潰れ掛け某家電メーカーに勤務していた頃コッソリ本社の特設リスニングルームに6CA7PPの手作り真空管メインアンプを持ち込みガウスを鳴らして聴いたのがエラフィッツジェラルドのそれでした。
 プリアンプは偶々そこに有ったアキュフェーズ社製でしたが、目を閉じるとあたかも目の前で自分の為に歌ってくれて居る錯覚に陥ってしまいましたとさ(遠い目)。
 

投稿: 欠食児童 | 2013年1月29日 (火) 00時50分

目を閉じるとあたかも目の前で自分の為に歌ってくれて居る

メーカーのリスニングルームとは羨ましい限りです。未だにそのようなオーディオ環境とは縁がありません。
こちらも沼が深いようなので近寄らないようにしています。

ダイアトーンの2S-305、欲しいです。程度の良いのは、もう手放す方はいないでしょう。

投稿: リバー | 2013年1月29日 (火) 19時42分

心得たリバーさん
>メーカーのリスニングルームとは羨ましい
 如何に最高のアンプにプレイヤーにカートリッジにアンプを揃えてもそれに見合う部屋が無いとマトモな音なんぞ望むべくも無いと言うのが元オーディオマニアの結論。
所詮金と暇を持て余した金持ちの道楽では無いかなぁ?と(ビンボ人丸出し)。
 要するに音楽は肩肘張らずゆったりノンビリ聴いた方が勝ち!

>ダイアトーンの2S-305
 これは少々異論ありでしてね、かのスピーカーはBTS規格適合と言う事なのですがそもそもその時代はAM放送しかなかったのでありますよ。
 と言う事は中域中心で高音と低音は犠牲にせざるを得ないと言う事になります。
 実際ワタシが聞いた三菱の305が何年頃の製品だったか記憶も有りませんが低域は流石にストレス無く出ていましたしツィータとのクロスオーバーにも違和感(断絶感)も無いのは流石ながら高域の伸びは褒められたものでは無いと言うのが本音。
 それ以前に自称「マニア」が製品の実力以上に祭り上げてしまってる感がヒタヒタ。
敢えて現役スピーカーで言うとエレクトロボイスのサウンドに近いと感じます。
 ではワタシ的最高のスピーカーは?別に元我が社製だから贔屓するつもりも有りませんがガウスオプトニカのCP3820は低域の抜けに高域の伸び、更にネットワークの設定さえキッチリ済ませてやるとダイナミックレンジに優れた切れ目無くまとまりの良い最高のスピーカーだと思います。
 同じ価格帯ならJBLを遥かに凌駕していると断言出来ますよ。
久々に熱くなっちゃった・・・・バタ
 

投稿: 欠食児童 | 2013年2月 1日 (金) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実はJAZZ大好き:

« 嗚呼!117クーペ公道復帰後その7(オルタを治すぞ編) | トップページ | ワンコ大好き »