« トリノに吹く風 | トップページ | ユルい集会 »

2012年9月29日 (土)

とても気になる事

お陰様でテリ蔵くんはとっても元気になりました、とは言え心臓の病状が改善された訳では無いのでお散歩は精々5分位かな?
今日も少し早起きして御近所の雑木林をお散歩です。

Img_0726

以前にも拙ブログで書いた事が有ると思うのですがこの雑木林には山栗の木が数本自生しておりこの季節になると小ぶりながらイガに包まれた状態で地面に落ちてたりします。

 

Img_0725

運が良いとそんな天の恵みに預かる事が出来るのですが、この栗を目当てに暇を持て余したお年よりが夜も明けきらぬ頃から集合して殆ど全部かっさらってしまうのです。
でもまあたかが栗ですし地面に落ちているのを拾うのはお年寄りの楽しみにしても良いかな?とは思うのですけれど。
困った事にそんな恩恵に預かれ無かったお年寄りが何を始めるかと言うとこんな。

Img_0723

 栗の木に登って枝を折り未だ熟して無い栗の実を落とすんですね。
  無残に折られた枝は幹からぶら下がってたり枝ごと地面に落ちてたりで悲惨な状態になってます。

Img_0724

 更に栗の実を奪い合いいさかい迄起すに至っては情け無い限り。
ワタシも折り取られた枝についたイガの中身を見たのですが当然熟しておらず食べる事も出来ません。
 こうなると怒りを通りこしてとても悲しい気分になっちゃうのです。
 日本人の美徳とか常識とかは一体何処に消えてしまったのでしょうかね?
 これがまあ年端も行かぬガキがやっているなら注意して諌める事も出来ますが本来ならそんなガキドモを指導しなきゃならない立場のお年寄りがこんな事をやるってのがどうも信じられない。
 だってスーパーに行けばこの公園に落ちている栗なんかよりもっと立派なのが一袋ウン百円で売っているのに?何故?そんな事して迄栗を持ち帰って嬉しい?
「盗人にも3分の利」とか言いますがこんな年寄り連中には1分の利も無いと思うのです。
 と!暗澹たる気持ちになりつつ地面を眺めていたら大きな栗発見♪
 これぞ天の恵みと思い手を合わせ拾うとそそくさと持ち帰りました。

Img_0727

甘みこそ少ないけれど栗独特の香りがとても強く美味しく戴きましたとさ。

|

« トリノに吹く風 | トップページ | ユルい集会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うんちくさん
>お年寄りがこんな事をやるってのがどうも信じられない。
 私の家の近くに日岡山公園という所があります。そこには梅林があって毎年、早春には美しい梅の花と香りが楽しめます。やがて6月くらいになると、梅の実も大きくなってくるのですが、そこで同じ話しです。60歳代~70歳代位の年輩の方々が、早朝、まだ実が小さいのに穫ってしまうのですよ。この梅林には、近所にある養護施設で使用するので取らないで・・・という看板があるのですが、そんなことはお構いなし。浅ましい話しです。私たちがその年代になるとそうなってしまうのか?それとも年代に関係なくその人の性格がそうさせているのかはわかりませんが、”歳をとっているから立派な人格者”・・・ということは今は無いような気がしますね。
 行う行為によって、他の人に”嗚呼、人生捨てたものじゃない!”という感動を起こさせるような素晴らしい行為もあれば、うんちくさんのご近所の雑木林や日岡山公園での唾棄すべき行為もあるんですよね。よい社会にしたいものです。

投稿: 四方山果無 | 2012年9月30日 (日) 06時24分

四方山さん
>浅ましい話しです。
 「衣食足りて礼節を知る」とか言いますがそんな浅ましい事をする人達がその日の食べ物にも窮するなら兎も角・・・今の時点で老人と言われる人達は払った以上の年金を受け取り、医療費無料のバスも電車も無料の自治体によってはタクシー券迄貰い・・・・後は言うまい。
 何故か懐は豊かでも心が貧しいのです。

>私たちがその年代になるとそうなってしまうのか?
 だからこそ普段は慎ましく贅沢せず、でも知恵と体力が要りつつ時間を忘れる位没頭出来る遊び(趣味)を持ちたいと思ってます。

>歳をとっているから立派な人格者
 そんな高邁な理想は全然持ってませんよ~~!自分で自分のコトがエライと思え、誰かから「エライ」と言われたら「全然駄目です」てな返事が出来たら良いとは思います。

>まだ実が小さいのに穫ってしまうのです
 似た様な話しですね、この公園の端に保育園が有ってかなり以前迄はこの時期になると園児が栗拾いをするのが年中行事でしてね。
 シーズン前になると数本の栗の木の廻りにビニール紐を張って「園児の栗拾いにご協力」てな張り紙が下がってましたが、結局心無い年寄りが紐を乗り越えて栗をさらってしまいとうとう中止に。
 拾うじゃ無くて夜中にコッソリスーパーで買った栗を撒く位の度量が欲しいものです。
 あらら・・・愚痴大会になっちゃった。

投稿: うんちく | 2012年9月30日 (日) 21時01分

”歳をとっているから立派な人格者”これは無いでしょう。

人格は知識と経験、そして教養が必要です。また、これらの形成には時間が掛かるものです。勉強もせず、本も読まずして、知識・教養は得られません。ましてや、それらを基にして経験から顧みることで姿勢を正すことの繰り返しがなければなりません。

会社組織においてもそうですが、職位=人格とはなりません。定年を迎えて、〇△会社の△□の肩書きが消滅した時から、その方の今ある姿となります。

さて、自分達にどのような高齢化社会が待っているのやら、分かりません。

投稿: リバー | 2012年10月 2日 (火) 00時00分

御指摘リバーさん
>勉強もせず、本も読まずして、知識・教養は得られません
んまぁそれが何であるにせよその日暮らしの連続では自滅でしょうね。

>肩書きが消滅した時から
 聞いた話ですがどこやらの会社ではリストラの傍ら要りもしない新しい役職を作り定年延長をタテにして会社にしがみ付いている自称エライ人を数多抱えている会社も有るそうな。
 こう言う人に限って現場で何やってるかサッパリ判らず問題が起きると責任転嫁で逃げ回るのですよねぇ~~~・・・聞いた話ですけどね。
 

投稿: うんちく | 2012年10月 2日 (火) 21時03分

リバーさん
 先日はお世話になりました。
>”歳をとっているから立派な人格者”これは無いでしょう。
>人格は知識と経験、そして教養が必要です。また、これらの形成には時間が掛かるものです。
僕が思う事は、リバーさんのご指摘とあまり変わらないとおもうのですが、人は人生経験を多く積むほどに成長して行く一面が必ずあると思っています。だから、若い人より年輩の人の方が成熟し、経験も豊富であり、尊厳も出てくるものであると・・・・。「人格は・・・・時間がかかるものです。」と仰っているのがその部分です。
 しかし、そんな期待がたびたび裏切られる事も事実です60~80代の高齢者の犯罪は後を絶たず、物事が全てわかっており、現代社会に、(若い人たちに)警鐘を鳴らすような立場の方が犯罪を犯す。犯罪までは行かないけれど、ブログにあるようなモラルに反する行為を行う。
 そんな状況を見ていると、自分の思いである「年輩者は人格者」と現実社会の「高齢者のモラルに反する行動」との差違が本当に辛いのですよ。
 「おじいちゃんすごいなー!」ってな言葉が私の理想なんですけどねー。
うんちくさんごめんなさい人のブログで言いたいこと言って。 

投稿: 四方山果無 | 2012年10月 2日 (火) 21時17分

煩悩四方山さん
>人は人生経験を多く積むほどに成長して行く一面が必ずあると思っています
御指摘通りでしょう、でもね!失敗したく無い一心から「やった事が無いから出来ない」てな日本語になって無い屁理屈が出て来るのですね。
 こう言う事を言う人は押しなべてエラソーな事は言いますが何も出来ないししない代わりに失敗も無いと言う事は経験の積み重ねも無い。そんな自称「絶対失敗しないエライ人」が多いのも事実。

>犯罪までは行かないけれど
 これが犯罪の温床になるのですね、プライオリティーから言うとマナー→モラル→法律だと思うですよ。
 つまりマナーが浸透していればモラルも法律も要らないのではと?
イチイチ法律で規制しなきゃならなくなると「勝手に栗を拾ってはいけません法」を立法しなきゃね。(バカみたく)

>「おじいちゃんすごいなー!」ってな言葉
 へぇ・・ワタシ周囲の目は殆ど気にしないです、もう薀蓄的自己満足ワールドに浸る事が出来ればそれでジューブン♪

>んちくさんごめんなさい人のブログで言いたいこと言って。
 イエイエ!この類の論議は大好きですよ、但し最初から結論が決まっている論議は御勘弁です。

投稿: うんちく | 2012年10月 2日 (火) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とても気になる事:

« トリノに吹く風 | トップページ | ユルい集会 »