« 今年も夏の恵みがⅡ | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その13(とりあえず備忘録編) »

2012年8月 5日 (日)

嗚呼!公道復帰への道その12(迷路に迷い込む編)

大袈裟に言うと少々ノイローゼ気味?何がって我が117クーペなんですが未だエンジン始動に至らず。
 あれこれやんなきゃイケ無い事は山ほどなんですが兎に角これが終らない事には何もする気にならんとでも言うのですかね?
 そんな訳でブログUpもしたく無い心境なんですが備忘録代わりでもあるので相応に記事にしなきゃ。
 さてと・・・・
現状ではエンジン組み立ても搭載も終了し補機類の取り付けも終了。
これでエンジンさえ起動出来れば車検整備は1日もあれば充分なんですがねぇ・・・エンジンが廻らない(涙)。
 センサー類がアヤシイと考えマニュアルに従いあれこれ検証。

Img_1138

こちら温度センサーなんですが温度により電気抵抗が変わるので氷に漬けたり熱湯につけたりして電気抵抗を計測するも異常無し。
その他のセンサも同様に計測しても異常無し。
検査を終えてさて取り付けしようとしたらナント水マニ側のネジ山がナメており取り付け不可能。
 こんな大きなタップなんぞ無いのでジャンク箱からピッチが適合するボルトを探し出しG180Z用の水マニにねじ込んでピッチを確認の後車体側の穴にネジをあてがいハンマーでゴツン!して慎重にネジを廻し・・・思い出すだけでイライラしてきますが何とか復旧。(因みに所要時間約2時間)

Img_1144

随一アヤシイと思ったのがエアレギュレータバルブで元々どれがG180WEか判らないので三個並べて検証してみました。

Img_1145

G180WE用にG200WE用にG180Z用なんですが外観上は全て同じで電気抵抗も同じ。
穴を覗いて見ると2個は半分開いているけど1個は閉じたままで訳判らんし(涙)

Img_1147

とりあえず開いたままバージョンでつけかえしてみましたが状況に変化は無く頓挫。
 そもそもセルを散々廻した後プラグを抜いてもプラグは濡れていないしガソリン臭もせず、と言う事はインジェクション関連?
回路図睨みつつデジボルでコンビネーションリレーからレジスタ~ノズル~ECUと導通を取りピンアサインを確認したものの何ら異常無し。
と言う事はいよいよECUが怪しいのでは?と思うに至りましたが残念ながら代替ECUなんぞ無いのであれこれ知己を辿りました所クーペ友達のM山さんから借用OKとの返事を貰いましたので入手迄の間はエンジンには触らない事にします。
 となると何故か気持ちが楽になって来て残された車検整備を先行させました。
 まずワイパーの配線でしてカウルトップを外した所案の定中はゴミだらけ。

Img_1150

雑巾で清掃してから御呪い代わりにシリコンスプレーで保護した後コネクタを磨いてキレイにしてから接続。

Img_1151

 蓄電池を接続してワイパースイッチを投入すると少々異音はしますが特に動作に問題無し。
  サクサクと作業は進みカウルトップを固定してよく見ると何か黒い物がダラーン♪

Img_1152_2

はぁ、ゴムが千切れてますな・・・まあこんなのは整備の内にも入りませんけどね、明日ぽんたあたりで適当な汎用品を買う事にします。
 いよいよ長い間生き別れだったボンネットを装着するのですが作業員は一人しかおりませんので裏庭の壁に立てかけておいたボンネットをウンウン言いながら担ぎ上げてとりあえずエンジンルームに載せた後少し手前に引いてヒンジを差込ボルトで仮固定。
 本来なら一人がボンネットを押えておいてもう一人がトーションバーの固定をするべきなんですがね、一人しかおらんのでビニール紐でカーポートの梁に結んでおいて仮固定します。

Img_1153

この辺は悲しい知恵と言うか経験と言うか?我ながらスゴイなぁ?なんて自画自賛。
 例の巨大知恵の輪みたいなトーションバーをゴムを介してホルダーで固定して作業終了!

Img_1154

かれこれ○ケ月生き別れだったボンネットと車体が無事ドッキングです。
 え?チリ合わせ??そりは何ですか??はぁ・・・面倒やなぁ・・・・
 別にチリが合わないから車検が取れない訳じゃ無いしね。
さていつ車検が取れるのやら・・・・トホホ(涙)。

|

« 今年も夏の恵みがⅡ | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その13(とりあえず備忘録編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

インジェクターなのか、燃料ポンプなのか、あるいはその電源系なのかとなり、
電源系なら、コントロールユニットが疑わしいというわけですね。
インジェクターをインマニから外して、
実際に噴射しているかどうか確認するのはどうでしょうか?

投稿: keiji117 | 2012年8月 6日 (月) 02時07分

燃料がきているのやら?
それとも燃料圧力が不足していて、インジェクターにガソリンが入らないとか?
負圧バルブが開きっぱなしでガソリンがタンクへスルーで戻っていたりしてはいないですか?

投稿: リバー | 2012年8月 6日 (月) 15時35分

一人でボンネットを取り付けたりお疲れ様でした。
正常なECUに替えてみれば、異常がECUよりも前なのか後なのか分りますね。
ECUに自己診断機能は組まれていないのでしょうか?
身体に気をつけて下さいね。。

投稿: カタカタ625 | 2012年8月 6日 (月) 18時50分

御指摘keijiさん
>実際に噴射しているかどうか確認
 マニュアルによると聴診器を当てて音を聴くべしとあるのですが実際やろうとすると?
一人がセルを廻しつつ一人が音を聴く・・・この時点でアウトですし御近所おやぢに応援を頼んでも良いのですがそもそも聴診器が無い(涙)。
 もしかしてインジェクタのECU側をアースに落とせば動作するとは思うのですが流石にやってませんです。

投稿: うんちく | 2012年8月 6日 (月) 21時32分

リバーさん
>燃料圧力が不足
 その線も有りかとは思うのですがねぇ・・・圧力計が無いのです、血圧計なら有りますけど代用出来??る訳無いしね(爆)。
 ただチェックでホースを外すとかなりの勢いでガソリンが飛び出すので多分大丈夫でしょう。
>負圧バルブが開きっぱなし
ん?何処だろ??一応リターン側のホースも外して見たのですがやはりどぴゅ♪って感じでガソリンが飛び出すです。
 ん~~?訳判らん

投稿: うんちく | 2012年8月 6日 (月) 21時35分

先行者かたかたさん
>一人でボンネットを取り付け
 そう言う立場に追い込まれるとあれこれ知恵が出るんですよね、ただあのクソ重いドアを一人で付けた時はかなり参りました。

>異常がECUよりも前なのか後なのか
要するにそう言う訳でECUを借用したのですね、ただそれ以前の回路はインジェクタ~レジスタ~リレー~IGスイッチ~バッテリーとなってて全て正規の電圧が来てるのは確認済みなんで現状ではECU以外は無問題・・・・のつもり、但しECUのシーケンスを完全に理解していないので他のディバイス(センサー)が原因でECUが動作していない可能性も?さてどうなりますやら。
 所でこのECUはコンピュータと言うよりもコンパレータに近い代物、実は以前始動困難な症状が出た時ECUを疑い基板の半分位を再ハンダしたら復旧した曰く付き。
 それと構成している部品は古いタイプのTTL型ICなんでもしかして自前で直せるかな?と?
 草臥れました・・・

投稿: うんちく | 2012年8月 6日 (月) 21時46分

マニュアルをそのままやろうなどと、うんちくさんらしくないですね。(^^
普通は大きなマイナスドライバーをあてればカチカチ音が聞こえるのですが、
スターター回しながらだと音が聞こえないと思います。
だから、インジェクターを4本ともインマニから外して、
実際に噴出しているかを目で見るといいかなと。

投稿: keiji117 | 2012年8月 6日 (月) 22時19分

鋭い御指摘Keijiさん
>マニュアルをそのままやろう
 すんません、前職ではそのマニュアルとか仕様書とかを書いてましたので・・・案外でしょ?

>インジェクターを4本ともインマニから外して
 嗚呼!それやろうと思ったんですがねぇ・・・面倒(爆)。
だってインジェクタを外そうとすると又インマニを外さないとダメなんだもん??と?近頃出来ない言い訳が上手くなったと感心感心♪ん?
 サテSOLEXはキレイに磨いたし、抱っこして寝るかな・・・・スヤスヤ♪ 

投稿: うんちく | 2012年8月 7日 (火) 00時18分

一応リターン側のホースも外して見たのですがやはりどぴゅ♪って感じでガソリンが飛び出すです。

リターン側にガソリンが多く出ると言うことは、燃圧が上がっていないと言うことです。負圧バルブでガソリンを止めているから、圧力が掛かっているのです。

やはり、インジェクターから噴射しているのかを実際に確認した方が良さそうです。

投稿: リバー | 2012年8月 7日 (火) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!公道復帰への道その12(迷路に迷い込む編):

« 今年も夏の恵みがⅡ | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その13(とりあえず備忘録編) »