« 嗚呼!公道復帰への道その13(とりあえず備忘録編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その15(明日への備忘録編) »

2012年8月 7日 (火)

嗚呼!公道復帰への道その14(エンジン不動原因判明?か?編)

本来なら金は無くとも暇は持て余す立場なんで例の117クーペなんぞサッサと作業して公道復帰させりゃ良いのですがね。
 こうも話しが込み入って来ると暇の有無に関係無く先に進めません。
 ただお陰様で同じクーペのオーナー様からあれこれアドバイスと御意見を頂戴し参考にししつつ今日は昼から原因究明。
 で!燃料が噴射していない現象を見るにリレーかレジスタかECUか?ハーネス?
この内リレーは分解して迄検証し無問題、レジスタもハーネスもデジボルで検証して無問題となると残るはECUかと?
 ノズルですか?確かにその線も無いとは言いませんが、まさか4本同時に全部ダメになるなんて有り得ない!
 一応ワタシは電気屋さんなんでせうがね、違う部位で不具合が同時に出た場合の原因は不具合の出ている部位では無く全てに共通している回路に問題有りと判断するのです。
 例えば真空管式受信機が壊れて検証するに全ての真空管のヒータが不点灯。
 そうなると真空管のヒーター切れでは無く電源を供給しているトランスに問題有りと判断するのはこれ電気(通信)屋の常識。
 とならば残るはECUの不具合でしてね、一応M山さんからECUを借用出来る目処はつけたものの少し先の話しになるのでダメモトでECUを分解検証してみました。

2

こなた以前にも不具合が発生し再ハンダで修復したのですが前回の作業の際につけた傷が・・・とほほ。
 裏表ひっくり返し虫メガネでランドの全てを点検するも異常無しですし、抵抗もコンデンサにも目視上では異常無し。

 

所で先日修理したタコメータと違いECUはガラエポの基盤で使っている部品もかなり高級でして例えばコンデンサは全て通称「オレンジドロップ」のドイツWIMA社製ですし、ICには不似合いな大きめのヒートシンク等かなり手間隙に加え金がかかった作りです。
 

1_2

と感心している場合では有りませんで通しで点検していなかったエアフロ回路をチェックするも誤配線無し。
 となると先にも書いた様に「有り得ない」とは思いつつもインジェクタ4発同時不良?
 ただノズルを撤去するのは面倒なんでまずは手持ちのノズルを探し出して三番シリンダのノズルから抜いたコネクタを差し込みECUの32番ピンにクリップケーブルを繋ぎアースに落として見ると??「カチカチ♪」と言う音が明確に聞こえます。

3

この時点では「やはり原因はECU?」と思いつつエンジンに固定されているノズルにコネクタを戻しECU側ケーブルをアースに落とすと???
あれぇぇぇぇぇぇ????
音がしません、愕然としつつ再度1番から4番迄のノズルを検証するとナント!全てのノズルが不良でした。
 この事実に直面し左顔面で笑いつつ右顔面顰めつつサッサと諦めてノズルを撤去する事にしました。

4

これが面倒でね、燃料ホースにコールドスタートバルブにデリバリパイプ等を撤去してからで無いとノズルは取れないのです。
 やっとこさで外したノズルに再度同じ方法で信号を入れると?やっぱウンともスーとも言いませんので4本同時のノズル不具合確定。

 

5

しっかしキチャナイですなぁ。
 さて代替になる中古ノズルですがこれより更にキチャナイ上に樹脂のフランジ部にかなり大きな亀裂が見られるものの動作確認の結果4本ともOKと判断。
 パーツクリーナで洗浄し、特にコネクタ接点は徹底して磨き倒して今日の所は時間切れとなりました。

9

お陰様で各構成部品のピン番号は丸暗記しちゃったです。

さてもうこれ以上チェックする所は見当たらないので明日4本のインジェクタを実装して再度エンジン起動にチャレンジです。
 楽しみ♪

|

« 嗚呼!公道復帰への道その13(とりあえず備忘録編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その15(明日への備忘録編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

原因判明ですね!

> 手持ちのノズルを探し出して三番シリンダのノズルから抜いたコネクタを差し込みECUの32番ピンにクリップケーブルを繋ぎアースに落してみると・・

この作業は試験済みと思っていましたよ、電機屋さんに聞くのも失礼なので。(笑い)
明日はエンジン音が聞けそうですね。♪


投稿: カタカタ625 | 2012年8月 7日 (火) 21時39分

先駆者かたかたさん
>原因判明ですね!
 明日中古インジェクタを実装してエンジンが起動するか?更に起動したとして何ら問題無いのか?は不明ですが最低限度初爆は来ると思います。

>この作業は試験済みと
だぁぁぁぁぁぁってぇぇぇぇ(と言い訳炸裂)、まさか4本全部が不良だなんて全然考えもしませんもん悶々。
 冷静に考えると長年放置されていた訳ですから当り前鴨。

>明日はエンジン音が聞けそうですね。♪
 有難うございます、そうなる事を祈りつつ割れたインジェクタの隙間にエポキシを流し込んで磨いてましたです。
 

 
 

投稿: うんちく | 2012年8月 7日 (火) 22時36分

いよいよですね。

期待してます。

投稿: mmdaichi | 2012年8月 8日 (水) 03時23分

M山さん
>いよいよですね。
そそっ!無事G180WE改2ℓの火入れ式を終えて祝杯・・・シクシク・・エグエグ(涙)。
 又もや起動に失敗。
インジェクタは4発とも動作するのですがECUのトリガがかかりません。
 で!先程迄マニュアルと回路図と撮影した写真を検証していたのですが・・・ECUの1番ピンからコイルに行く配線極性を間違えてますね完全に・・・・・はぁ。
 とは言え明日火入れに成功するか否かは不明ですが。
疲れたのでもう寝ますね。

投稿: うんちく | 2012年8月 8日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!公道復帰への道その14(エンジン不動原因判明?か?編):

« 嗚呼!公道復帰への道その13(とりあえず備忘録編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その15(明日への備忘録編) »