« 嗚呼!公道復帰への道その30(セルモータOHで地獄を見た編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その32(オルタを大型化する編) »

2012年8月24日 (金)

嗚呼!公道復帰への道その31(セルモータOHで地獄を見たⅡ編)

昨日セルモータのOHを済ませたので今日は仮ナンバーの返却日なので朝からR16号やら奥多摩街道を行ったり来たりで約60Km程走り駄目出しをしてみました。
1、油圧計の指針が低い
G型DOHCは油圧低下が持病みたいに聞いていたのですが3千回転でも2Kg(目盛り無し)程度。
2、セルモータ始動不具合
出発前はクランキング1回足らずで初爆が有るのに折り返し地点で再度セルを廻すと「カチン♪」と音がしたっきりクランキングしない。
 30分位休憩した後再度セルを廻すと一発始動。
3、運転席側のガラス昇降にひっかかりが有る。
4、充電不足
本来であればコンデンサ端子で13.5V以上有るべき所12V後半をウロウロ。

やはり慌てずに或る程度走行して駄目出しをしなきゃね。
車検を取るだけならこのままでもOKですけど出先でオロオロするんじゃドライビングを楽しめませんもんね。
まず油圧ですが運転をしながら指針をよく見ているとエンジン始動直後はアイドルでも3Kg位有るのに時間が過ぎると共に指針が下がります。
 これはエンジンそのものでは無く油圧センサーの問題では?
手許に中古のG180Z用センサーが有るので交換してみます(車検に関係なし)
 それと4の充電不足ですがデジボルで電圧を測定しているとかなりサチッている所を見るとチリル式の宿命かな?
 暇をみつけて手持ちのICレギュレータ内蔵60Aのオルタに換装するかな。
で!昨日大汗こぃてOHしたセルモータなんですが又もや始動不良。
恐らく識者がこの症状を聞いたら全員が全員「そりゃマグネットスイッチでしょ」と言うでしょうね・・・・。
一応マグネットスイッチがオンの状態でデジボルで電気抵抗を見たら1オーム少々だったので「まあ良いかぁ」と何もしなかったのですがヤハシ!
リレーの類の可動接点って使いすぎても駄目ですが全然使わないと大気中の酸素でドンドン酸化されて駄目になっちゃうのです。
実際しつこく試験をして見ると動作回数を重ねるに従いデジボルが示す抵抗値は∞を表示します。

とまあエラソーな事言うてますけどセルモータのマグネットスイッチは半ば消耗品と心得るべし。

Img_1252_2

 

一応マグネットスイッチは非分解式とは心得ているのですが何とか修理する方法は無いものかと?
 で!やっぱ駄目で分解する余地は皆無なのでサッサと諦め???無いのがワタシ流でして100Wのハンダコテを持ち出すと分厚い半田を全部溶かして吸い取り、開いた穴から接点洗浄剤を吹き込んでシェイク&エアブローの後再度仮配線をして電源を接続して見ると???やっぱ駄目でした(涙)。

Img_1256

流石にクドイが売りの私も諦め、夕暮れに追われる様にしながらいすゞさんに走り9-8215-0081-0で確認した所4個在庫有りながら注文した時間が遅く日曜の朝一入荷との事。
ちなみに値段ですが約4千円少々との事。
多分街中の電装屋さんに行けば在庫有りの即納でもっと安いと思うのですが流石に来週月曜の第2ラウンドで車検を予約しちまったので暢気な事も言うておれません。
 しかし又あの面倒な作業のやり直しかと思うとウンザリです。

 

 

|

« 嗚呼!公道復帰への道その30(セルモータOHで地獄を見た編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その32(オルタを大型化する編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

スターターマグネットSWの「カチン♪」対策は名古屋方面某教授考案の対策が有効かも、
うちのはそれ以来症状でなくなりました。

方法は既存のマグネットSWへの配線にリレー追加でバッテリーからダイレクトに
マグネットSWまで配線するだけです。

投稿: red117 | 2012年8月24日 (金) 23時18分

無負荷で回っても正常とは限りません。負担が掛かると「カチン」て言って止まっているので、やはり電気が十分に供給されていないのではないてしょうか。

投稿: リバー | 2012年8月25日 (土) 12時40分

お~~いィ。はて?留守のなのか?

まぁ私の重電部門の知恵ではダメでござるか?

それと
タペットの音は気にしないことです。閉まっているからカチカチと音がしているだけです。圧縮漏れがないので大丈夫です。
回転が上がると僅かな時間差で、今度はカチカチも消えます。

マイクロオーダーのシム調整よりも、先ずは走らせて総合的に整える方が良いでしょう。またカムシャフトを外してタペットを外しての調整も、シムが揃っていなければできません。ハイ。

投稿: リバー | 2012年8月25日 (土) 22時28分

兄弟クーペのREDさん
>既存のマグネットSWへの配線にリレー追加でバッテリーからダイレクト
 ですね、貴重なイグニッションスイッチの保護にもなりますよね。
何れやんなきゃと思い秋葉原のジャンク屋でリレーは購入したのですが・・・かれこれ2年位?(爆)

投稿: うんちく | 2012年8月25日 (土) 23時34分

御教示F川さん
>やはり電気が十分に供給されていないのでは
 最初はこれ疑いますよね、今回は新品蓄電池(追充電済み)を奢りましたので一応除外と言う事でマグネットスイッチ犯人説に。

>留守のなのか?
 はぁぁぁい!今日は大型オルタへの換装と配線変更でクタクタでした。

>先ずは走らせて総合的に整える方が良いでしょう
 はいはい!ブロックをボーリングして戴いたTさんからも馴染みが出る迄暫く様子見をした方が良いとDMを頂戴しております。
 確かにタペット打音は低下してきましたね、しっかし組んだ時は2/100オーダーでシムを入れたのになぁ・・・そんなもん?

投稿: うんちく | 2012年8月25日 (土) 23時40分

そんなもん?

そんなものです。先ずはカムシャフトのメタルあたりが出てからでないと意味が薄れると思いますよ。
焦っても仕方ないと割り切ることです。

タペット打音

カチカチ音は正確にはタペット音ではありません。バルブが閉まる時にシリンダーヘッドにあたって生じている音です。このためシムを入れてバルブを浮かせる側にして隙間を取って、鳴らないように調整するのです。
音がしないから安心していると、下手をすると隙間が開いたままとなるので、圧縮が低下するのです。

逆にカチカチ音がすれば完全に閉まっていると言うことです。

私の方にバルブの状態がどうなっているのかをアップします。

投稿: リバー | 2012年8月26日 (日) 09時23分

F川さん
>焦っても仕方ないと割り切る
 ですね、ただボンネット開けてエンジン廻すとがちゃがちゃ御近所迷惑で目線が合うと謝ってばっかです近頃。

>カムシャフトのメタルあたりが出て
 実はカムもクランクもジャーナル径は限界以下だったので敢えてクリアランスは見ないで標準メタルを入れてます。
 見ないでと言うか見るのが恐ろしいってのも有りましたけどね、T工業さんにお聞きした話しでは街乗りレベルなら気にしなくて良いとか?

>私の方にバルブの状態がどうなっているのか
はぁぁい、この後御伺い致しますぅぅ~~~

投稿: うんちく | 2012年8月26日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086654/46810895

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!公道復帰への道その31(セルモータOHで地獄を見たⅡ編):

« 嗚呼!公道復帰への道その30(セルモータOHで地獄を見た編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その32(オルタを大型化する編) »