« 今年も夏の恵みが | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その11(初爆が来た編) »

2012年8月 2日 (木)

HMクーペのタコメータを修理する

暑さのせい?何となくですが昨日から体調が悪くやんなきゃイケ無い事を放置してました。
 これではイケ無いと某HMオーナーからお預かりしたタコメータの修理に着手。
ご依頼の向きは半ば消耗品とも言えるケミコンの交換だったのですが分解して見ると??ヤハリ年代物のCAN型トランジスタが使われていたのですが、これって熱には強いものの振動には弱いので予防保全交換した方が良いかと?
 幸いいつも変な電子部品の調達でお世話になっているT通商さんから取り寄せましたHITACHI製の2SC282。
 しかしこんな古いトランジスタをよく在庫してましたねぇ・・・まさか有るとは思わず依頼した方が少々ビックリ。
 で作業前はコンナでして。

1

極めて簡単な回路構成なのでこれなら全損してもユニバーサルボードにジャンパ線でソックリ作れそうですね。
こちらが裏側のプリントパターンでしてどうも製造時に洗浄しなかった?ヤニがあちこちに残ってます。

2

何となくHMクーペって何処までも手の込んだ作りと思いきや案外でした。
 作業としては単にハンダ吸い取り機でハンダを除去して古い部品を取り外し新たな部品を挿入してハンダ付けしてオシマイ。

3

どうです?こちら表側ですが作業前と比較しても殆ど同じでよく見るとケミコンのメーカーが違う位かな?

 

4

裏側はと言うと怪しいと思われるランドのハンダは全部吸い取り新たなハンダを入れたので幾分キレイに見える程度。
 この後IPAで洗浄して各部品の計測を行い特に問題も無い様なのでこれにて完成。
 こちら外した部品です。

5

まあ作業的には簡単なんですが少々ウンチクをばコィておきますとですね(嗚呼!始まった)。
 今時の基板はガラエポか紙エポなんですが流石HMの時代なんで材質はベークライト。
 これって熱に弱い上にプリントパターンも弱いので慣れない方が半田鏝を当てるとパターンが根こそぎ剥がれてしまいます。
 又使う半田ですが近頃はRohs指令とかで銀ハンダが主流になり鉛ハンダが入手し辛くなってますが古い電子機器に銀ハンダを使うのはお勧め出来ません。
 と言うのも銀半田は溶解温度が高く古い電子機器の修理にこれを使うと部品や基板を傷めてしまう上古い鉛ハンダの上から銀ハンダを使うと馴染みが悪くハンダ不良になる確率が極めて高いからです。
 更に!マニアックな世界の話しですが「ビンテージ物ハンダを使うと劇的に音質が改善される」とかでウン十年前のハンダを法外な値段で売っている業者さんが居ますが・・・・ンナ物で電気的性能が劇的に変化する事は有りません(断言)。
 逆に余りに古すぎる半田は経年酸化してますので問題が起きる可能性が有りますし、逆に銀ハンダは単に環境性能に考慮しただけの話しで何れにせよ使うハンダで電気的性能が改善云々とは別の話しです。
  勿論今回の作業で使ったハンダはRohs規制以前にストックした鉛タップリハンダですが、逆に銀ハンダを使っている新しい機器には鉛ハンダは使いませんもんね(これ当り前)。
さて全作業終了後御近所郵便局に持ち込んで発送処理を済ませMyクーペのインパネ固定と電装関係のチェックをしておったのですが・・・・予想通り正に無間地獄でした。
 え?ドンナ?思い出したくも無いので寝ます。
スヤスヤ♪ 

 

|

« 今年も夏の恵みが | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その11(初爆が来た編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

うんちくさん

>「ビンテージ物ハンダを使うと劇的に音質が改善される」
考え様によっては精神面の安らぎが得られるかも「信じる者は救われる。」
しかし、これは宗教の世界ですね。こんな世迷い言を言い出したレトロ部品商?は罪作りだと思いますね。
オーディオの世界をますます胡散臭いものにしてしまう行為だと思います。

投稿: 四方山果無 | 2012年8月 3日 (金) 06時48分

鋭い御指摘四方山さん
>これは宗教の世界ですね
正になんですよ、ですから例えて言うと鰯の頭を信心する事にケチをつけるつもりは更々無いのですがね、それに付込んでボロ儲けをする業者さんはどうなの?と言う話しですね。
 逆に言うとマニアックな世界によく有る「ショップの餌食」にされていながら全然気がついていない人が多すぎるって事なんですよね。
 これって正に怪しい新興宗教と同じパターンでその犠牲者が判りもしないで又新しい犠牲者を作り出すのですな。
 ワタシ?元々貧乏な貧乏性ですから誰も騙しに来ないです。
 

投稿: うんちく | 2012年8月 3日 (金) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HMクーペのタコメータを修理する:

« 今年も夏の恵みが | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その11(初爆が来た編) »