« 癒し | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その17(問題の洗い出し編) »

2012年8月10日 (金)

嗚呼!公道復帰への道その16(G180WE改回る編)

回るか回らないかと言うとね、回りましたがこれを「エンジンが無事起動しました♪」とはとても言える状態では有りませんね。
何が悪いのか???インジェクタはカチカチ言うてるし?プラグからも元気な火花が出てるし?

Img_1170


圧縮は有るし??
1、燃料系
ノズルは動作していても詰ってて噴射していない?燃圧が低い?(少ない)
2、点火系
デスビの装着位置を間違えている(点火タイミング不具合)
ただプラグを抜いて電極を見ると全てのシリンダは濡れているのですよ。
 流石に疲れました、某プロにお願い出来ないかな?弱気になりつつ有ります。
 でわ!

|

« 癒し | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その17(問題の洗い出し編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ようやく初爆がきましたか。
とりあえずおめでとうございます。

記事からだけだと、症状がよく分からないのですが、その昔、戸川流さんのクーペを触らせていただいたときは、デスビのシャフトのガタが不調の原因でした。

http://117coupegasuki.nomaki.jp/117coupe_048.htm

普通に考えて、燃料ポンプは交換していないと思いますので、燃圧には問題はないのではないでしょうか。ご入用なら、燃圧計、お貸しします。

インジェクタをチェックするなら、とりあえず吐出量ですかね。アナログですが、たとえばカチカチ20回ぐらい言わせて見て、出てきた量が揃っているかみるとか、どうですかね。

エンジン始動時の不良であれば、いろいろ要因は考えられます。
水温補正や、始動時の吸入空気量の増量など、インマニ周りには、燃料補正用のセンサ、インジェクタがあるはずです。
これらがうまく動いていない可能性もあります。

いろいろ書きましたが、もう少しじゃないですか。
楽しんでいきましょう。

投稿: mmdaichi | 2012年8月10日 (金) 05時45分

シリンダは濡れているのですよ

点火時期がズレている証拠です。爆発しきれていないから濡れているのです。
デスビのギアが一つでも違って差し込むと、軽く調整範囲を逸脱します。
ピストンの位置が合っていても、差し込む時のデスビ側の位置がズレていたのではありませんか?

なでしこは負けてしまった。アメリカは日本を徹底的に研究してきていたようです。

投稿: リバー | 2012年8月10日 (金) 05時48分

インジェクタを交換したら、しばらく調子は悪いです。
空気をかんでいるというかそんな感じです。だけど、そのまましばらくすると、調子よくなります。
それかまたは火花が出ているのにプラグの電極が濡れているということからデスビですかね。
まあ、もう一息であることは間違いないし、
必ず理由はあるはずなので頑張ってください。

投稿: keiji117 | 2012年8月10日 (金) 08時19分

デスビの差込みを正反対に間違えていませんか~?
圧縮ではなくては排気上死点になっていませんかね、過去記事を読んでみて不安になりましたが・・・
エンジンの回っている状態の症状が分らないので何とも言えませんが
アフターファイアとバックファイアが酷い状態でしょうか??

投稿: カタカタ625 | 2012年8月10日 (金) 09時54分

この状態は、プラグの点火順序が違っています。3気筒以下2気筒状態です。
デスビの装着位置が正しいとすれば、プラグコードの接続違いです。
1-3-4-2です。これが正しければ、デスビの装着位置のズレでしょう。

投稿: リバー | 2012年8月10日 (金) 21時00分

M山さん
>これらがうまく動いていない可能性もあります。
なんですよね、いずれのセンサも新品では無いので一応マニュアルに記載の有る電気抵抗は測定し問題無いとは思うのですがネ。
 随一目視だけで何もしていないのがECUなんですが多分異常無しだろうと思います。
はぁ・・・疲れた。

投稿: うんちく | 2012年8月10日 (金) 22時13分

F川さん
>差し込む時のデスビ側の位置がズレていた
 実は私もそれを懸念しており態々その作業の備忘録を残したのですがね。
一人作業でダイヤルゲージの見誤りも有り?と思い今日再度圧縮上死点を出してデスビを装着しましたが作業前と同じでした。
 因みに今日はファンを外してプーリにレンチを上から差込んで1/100ミリ単位で上死点を出したのでまず間違いないと思います。

>3気筒以下2気筒状態です
 自分でも書いてましたけどどうやら1番シリンダ以外は燃焼していないみたくです。
しかしデスビでは無いしインジェクタでも無いし?となるとカムの組み込みを間違えた??まさか?

投稿: うんちく | 2012年8月10日 (金) 22時18分

keijiさん
>もう一息であることは間違いないし
 なら良いのですが、今日も昼から作業をしていたのですが流石にモチベーションが尽きました。
投げるつもりでは無いのですが素直に降参してプロにお願いしようかな?と思ってます。

投稿: うんちく | 2012年8月10日 (金) 22時20分

かたかたさん
>過去記事を読んでみて不安になりましたが
 同じくでして前回デスビを装着した時は下からクランクを回して起き上がってダイヤルゲージを見てだったので今日はファンを外して上からレンチを入れダイヤルゲージと睨めっこしながら1/100mm単位で上死点を合わせました。(もちろんカムの当たりも確認)
何か初歩的な所で飛んでも無い間違いをしているのでは?と思ってます。
女々しい言い方ですが流石に今日は心が折れましたです。

>エンジンの回っている状態の症状が分らないので
とりあえずニコ動で動画をUpしましたので笑ってやって下さいませ。

投稿: うんちく | 2012年8月10日 (金) 22時24分

動画見ました。
インジェクタを交換して、ここまでエンジンが回るようになったのだから、
あともう一息インジェクタに頑張ってもらう必要があるのではないでしょうか。
つまり、きっちりガソリンを噴射できていないのだと思います。
プラグと同じようにインジェクタを並べて実際に噴射出来ているのかどうか、
確認してみてはどうでしょうか。
確認してみてダメだったらどうするかはまた後で考えるとして・・・。

投稿: keiji117 | 2012年8月10日 (金) 23時18分

うんちくさん
動画見ました。
1.デスビはタイミングライトでちゃんと調整されていますか?
  若干動かすとスムーズになるような気がします。
2.エアフロのフラップの動きはどうですか?余り古いものだと、軸にガタが出て
  動きが良くないものがあります。レストア前にこのエアフロでエンジンが正常
  に動いていたのであれば問題はないと思います。
3.スロットル部分にあるスロー調整は触りましたか?これも上記と同じで以前正
  常に動いていたら大丈夫だと思います。
4.インジェクタのドロッピング抵抗器は正規の値でしょうか?4つの気筒全てが
  濡れていれば問題は無いと思いますが。
5.燃料タンクに燃料は十分入っていますか?

以上思いつきですみません。

投稿: 四方山果無 | 2012年8月11日 (土) 05時33分

こういう時は旨いモン食って、温泉浸かってゆっくり行きましょう。^^;
技術的なことはサッパリ??で、すんません。^^;;;;

投稿: えす蔵 | 2012年8月11日 (土) 17時07分

Keijiさん
>きっちりガソリンを噴射できていないのだと思います
 丸ごと4本同時にダメだったのですからプランジャーは生きていてもノズルがダメ?なんてのも有りかと思い再度インジェクタを外して検証しましたが無問題。
 良いエンジンの3要素「良い火花・良い燃料・良い圧縮」は全て揃っている??で?なんで回らない?
 疑うべきは随一詳細検証をしていないECUなんですが・・・・既に記事にしました様に思わぬ伏兵が。
びーこんてぃーにゅ

投稿: うんちく | 2012年8月11日 (土) 19時35分

四方山さん
>動画見ました。
 あんなつまんない動画を編集するのにソフトのDLからインストール~編集迄終わらせるのに2時間かかりましたよ。
 ご指摘に件正に基本のキですよね、んで全部クリアです。
実はガソリンが少なくて撚圧が上がらない?とも思いジュリ缶担いで10リットル補給しました。

>以上思いつきですみません
 イエイエ!頭に血が昇っていると案外詰まらん事を忘れていたりします。
基本的に人間の作りが雑なもんで。

投稿: うんちく | 2012年8月11日 (土) 19時39分

温泉マニア?S蔵さん
>温泉浸かってゆっくり
 実は今日は早めに切り上げて例の温泉に行こうと決めていたのです。
 ここの露天風呂に浸かりC130なんぞの腹を目の前で眺めつつあれこれ考えていると結構アイデアが出たりするんです。
 ただ今日は粘り過ぎてタイムアウトでしたけどね、明日作業が進展したらご自慢のバズーカ抱えて(嘘ですから)早めに切り上げて行く事にしましょう。

投稿: うんちく | 2012年8月11日 (土) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!公道復帰への道その16(G180WE改回る編):

« 癒し | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その17(問題の洗い出し編) »