« 嗚呼!公道復帰への道その5(いよいよエンジン始動編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その7(パッキン交換編) »

2012年7月 4日 (水)

嗚呼!公道復帰への道その6(エンジン始動失敗編)

サアサア!他人の不幸劇場の始まり始まりとぉぉ~~(既にヤケクソ)。
愛する我が117クーペの公道復帰ですがいよいよG180WE改2ℓエンジン始動です・・・
んがっ!先に結論だけ言うとくとダメでした。

細かい経緯は又備忘録としてUpしますが、激しいエンジンオイルと燃料漏れが発覚。
燃料漏れの場所はココ!

1_2

燃料戻り部のゴムホースの付け根でした。
早速外して見た所こんな状態。

2


 ホースが内部で割れておりましてね、古い車ですから当然点検を行い割れてた部分をカットして再使用したのですが思ってたより割れが深かった様です。
 注意して手を打ったつもりだっただけに余計に悔しい。
 これは手持ちのホース(これも程度良ながら中古)と交換したのですが、交換していてフト気がついた。
 もしかしてインジェクションノズルからも洩れてる?と!気がつきG180Z用のインマニからノズルを撤去しこれに交換しようと分解開始。

3

燃圧が4Bar(位?)を超えるので古いゴムホースは固く分解に時間を要する事になりましたが無事4個とも取り出しに成功。

4

よく見ると1個だけ微妙に違うノズルが含まれてます。
 これだけニードルが飛び出しているし、胴体の形状も少々スリムで段がついてます。
 何故1個だけ違う形状なのか?少なくともこのクーペを入手後交換した事は一度も無いので前オーナー時代か或いは新車からこれだった?謎ですな。

 取り出した後洗浄&清掃を行ったのですが結局ノズルは交換しませんでした。
 何故ならホースとノズルを同時交換してしまうと何れが燃料洩れの原因か判らなくなるからです。
 既に燃料ホースは絶対に洩れない状態にしてあるので再度エンジン始動にチャレンジして真の犯人を捜したいと?このノズルは既に製造廃止でとても貴重な部品ですから私のクーペを含め全ての現存するクーペの為に出来れば温存したいなと思いました。
 

お次は頭の痛いオイル漏れ。
 洩れた量は推定で200cc位?丁度ミッションとエンジンの接合部あたりから激しく洩れてます。
 原因はこれでした・・・

11

赤い○で囲んでみましたがブロックとオイルパン間のガスケットがハミ出て千切れてますね。
 その原因ですが実はエンジンの組み立てが完了した後保管するのに本来であればエンジンスタンドに固定すべきなのですがね。
 固定したくともフライホィールとクラッチカバーを取り付けた状態では固定の方法も無く下にクッションを敷いて直置きしていた為にエンジンの自重でガスケットが潰れてしまったと推定されます。

12

勿論エンジン搭載前には各部の目視点検を行い問題無き事は確認していたのですが、恐らくエンジン始動に際してオイルポンプが廻り油圧が上昇した事で内部で千切れていたガスケットが油圧で外に飛び出したのでは無いかと考えてます。
 幸いいすゞさんに御伺いしてお聞きした所当該ガスケットは在庫有りの即納との事。
 毎度の台詞ですが製造打ち切りから既に30年を経過する部品を供給して戴けるいすゞさんに感謝感謝。
 ただ値段ですが4170円との事(涙)。
 え?「素人みたいな事をやってる」?だって素人だもん・・・・寝ます。 
 

 

|

« 嗚呼!公道復帰への道その5(いよいよエンジン始動編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その7(パッキン交換編) »

117の事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

トラブルがそれぐらいなら、今日にも始動しそうですね。

一応回ったは回ったんですか?

投稿: mmdaichi | 2012年7月 4日 (水) 08時33分

どーも、どーも。です。
オイル漏れですか。
エンジンを車体に載せて、ある程度走ってからオイル漏れが始まるより良かったのではないでしょうか?
載せる前に原因対策が成されればOKだと思いますよ。
又下ろすの大変です。

僕のはクランクケースとブロックの液体パッキンからオイル漏れ・・・・・・だと思います。
又、下ろすついでにバージョンアップを狙っています。


投稿: サンタ | 2012年7月 4日 (水) 13時56分

ごめん、ちゃい。m(__)m
もちろん車体にはのってるのですね。
まあ、ゆっくりと頑張ってください。
急ぐとろくな事ないですから。
楽しみにしています。

投稿: サンタ | 2012年7月 4日 (水) 14時02分

もうここまで来たらエンジンかける記念日を
7・11に照準あわせるのに一票!?(
ウチのも1個滲んでます。> ノズル。

投稿: えす蔵 | 2012年7月 4日 (水) 19時18分

うんちくさん
 最後の詰めですので、慎重に、完璧にしてくださいね。
努力積み重ねの上にはきっと成功がある!(と、信じたい)
ところでインテークマニホールドが随分黒いのですが・・・?
もしや爆発?あ、いや、冗談冗談はは(汗)

投稿: 四方山果無 | 2012年7月 4日 (水) 22時41分

天才電気少年M山さん
>トラブルがそれぐらいなら
と思います?(と思いました)。
今日一日クーペの下敷きになってオイルパンのパッキン交換しましたけどね・・・・もうやりたく無い。
(なんでリレーロッド迄外すねん)
ちなみにセルでは順調に廻りましたけどね、初爆が来る前にオイルと燃料漏れじゃ・・シクシク。

投稿: うんちく | 2012年7月 5日 (木) 23時40分

サンタさん
>まあ、ゆっくりと頑張ってください。
はいはい!ゆっくり一日かけてやりましたがな。
サンタさんはエンジン搭載状態でオイルパンのパッキン交換した事有ります?
 巨大知恵の輪そのものでせう。
蚊には食われるは顔に工具は落ちて来るは作業灯でヤケドはするわ散々。

投稿: うんちく | 2012年7月 5日 (木) 23時43分

プレッシャーかけるS蔵さん
>7・11に照準あわせるのに一票
嗚呼!そりゃ覚え易い記念日になりますよねぇ。
 とりあえず燃料とオイル漏れは今日修復したので明日再チャレンジなんですが・・・・体ガタガタモチベーション落ちまくり。
 こんな時は無理せずボチボチ・・・肩も腰もイデデデ

投稿: うんちく | 2012年7月 5日 (木) 23時45分

流石ベテラン四方山さん
>慎重に、完璧にしてくださいね。
 あいや、今日もパッキン交換作業で煮詰まってしまいましてね、アホみたいな事でミスが発覚し余計に1時間以上損しましたよ。
 こんな時こそ一息入れて御茶でも飲んでなんですよね。

投稿: うんちく | 2012年7月 5日 (木) 23時48分

うんちくさん
 本日、エンジンオーバーホールの資料受領いたしました。
ありがとうございました。
 読んでいると、なんだかサクサクと出来てしまいそうで
バルブクリアランス(タペット)調整ぐらいはやろうかな
と思い出しています。うー悪い傾向です。

投稿: 四方山果無 | 2012年7月 6日 (金) 00時40分

無事到着?四方山さん
例の本ね?ちゃんとビニール被ったままだったでしょ?(何の本やら)
>バルブクリアランス(タペット)調整ぐらいは
 あ~~!ダメダメですがな、んと?バルブスプリングコンプレッサにピストンリングコンプレッサにリングリムーバーにトルクレンチにシクネスゲージにダイヤルゲージにマイクロメータにノギスにタコ棒にバルブコンパウンドにゴムハンセットにして送りますケド?
 流石に差し上げる訳には参りませんがトルクレンチとマイクロ以外は暫くお使い戴いて無問題ですからね。
クーペが公道復帰出来たら積んで参りましょうか?ね?
 あら?もうこんな時間・・・毎日NHKの「梅ちゃん先生」を観るのが楽しみなんでもう寝ますね。

投稿: うんちく | 2012年7月 6日 (金) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!公道復帰への道その6(エンジン始動失敗編):

« 嗚呼!公道復帰への道その5(いよいよエンジン始動編) | トップページ | 嗚呼!公道復帰への道その7(パッキン交換編) »