« 嗚呼!公道復帰への道その6(エンジン始動失敗編) | トップページ | 夏は夕暮れ »

2012年7月 6日 (金)

嗚呼!公道復帰への道その7(パッキン交換編)

あいや疲れ果てました、何がって我がクーペの公道復帰なんですがオイルパンのパッキンが破れておりオイルが漏れてましてエンジン始動ならず。
 幸いいすゞさんからは新品部品がリリースされており即納だったので昨日引取りにあがり今日一日掛かりで交換は終了しました。
 本来なら朝から作業?なんでしょうけどあんまり早いと御近所迷惑なんでフラリとコチラに参りました。

1

徒歩5分のY解体さんでして結構珍しい解体車が入って来るので目が放せませんです。
 んで目的は破けてボロボロのバッテリートレイとクーラーの液管の仕入れです。
 勿論純正なんぞ有る筈も無くとりあえずサイズが合えば何でも良いのですがね。
 液管はアルミ製で径は5/8でL型で全長は1mも有れば良いかな?であれこれ探したらこんなのが有りました。

2

早速持ち帰り切った貼ったをしようと思ったのですがねぇ・・・流石に5/8ともなると簡単には曲がりません。
 専門業者に依頼すれば作って貰えるのは承知しているのですが1本で諭吉様1名以上ですもんね、トーチランプで炙って再度チャレンジです。
 それと案外でバッテリートレイは見つかりませんでした、仕方ないので百均の台所用品コーナーあたりで探すかな。
 と今日の本題たるオイルパンのパッキンなんですが当初予想した通り極めて困難と言うか大変な作業になりました。
 まず入れたばっかのオイルを抜くのですが使い慣れた空き缶ではキチャナイので新たにオイル缶をチョキチョキして作り直し。

3

 灯油とクリーナで清掃してからオイルを抜いたのですがこれがドキドキでしてね。
 もしかして抜いたオイルに水とかゴミとか金属片とかが混じっているのでは?と?
 お陰様で全くの杞憂に終わりオイルは新品のそれに近い(まあ当り前?)状態で1mmにも満たないゴミが3粒位底に沈んでいるだけでした。
 と早速オイルパンの取り外しなのですが当初予想した様に難儀な作業の連続。
 何よりそのままではボルトにアクセス出来ないのです。
結局左右のスティフナに始まりブローバイホースに果てはリレーロッド迄外すハメに。
 まさかこの時点でタイロッドエンドプーラが登場するとは・・・・
ムキになって作業をしておりましたので写真撮影は無し??精々この程度。

4

インリンのM字開脚なら大喜びなんでしょうがおやぢのそれじゃ公害に等しいですよね。
 んで取れたのがこのパッキンです。

5

作業に際して一番心配したのは千切れたパッキンがオイルパンに落ちる事だったので抜き取り次第ジグソーパズルよろしく破片を全部集めてみましたが欠片残らず全部揃ってました。
 但し液体ガスケットの欠片迄は判りませんので明日再度ドレンボルトからオイルを抜いて検証してみます。
 さて新しいパッキンですがこれ股難儀でしてそんでもどうやらこうやら取付が完了したのは作業開始後4時間後の事。

 

6

実は取付しながら気がついた事が有ります。
と言うのはエンジン組み立てに際してパッキンを取り付けた時はオイルパンよりパッキンの方が長く何をどうやってもパッキンがはみ出して来て往生したのですが、今回新たに入手したパッキンはただあてがうだけでピッタリフィット。
前回難儀したので「そんなピッタリはまる訳が無い」と思い何度も検証したのですがやはりピッタリ。
 更にボルトを締めこんで行くと前回はオイルパンとボルトが接触した時点でパッキンが飛び出して来たのですが今回は欠片さえ見えません。
 元々締め付けトルクは0.4Kgなのでユルユルなんで確かに締め過ぎるとハミ出るのは道理ながら??何故?
 実はトランクのガスケットも純正新品を入れたのですがこれも余りまくりで未だにトランクのチリが合わ無いです。
(勿論全部純正で部番の間違いも無し)
 因みに今回はトルクレンチが使えない事も有り全てのボルトはオイルパンとボルトが接触した時点から3回廻しで緩メに締めておきました。
 あ!それと今回の作業ではハーフムーンのレンチが有るとかなり楽になったかな?と?
いつも買おうかな?と思いながら貧乏性で買えないのですが・・・・疲れました。
でわ!

|

« 嗚呼!公道復帰への道その6(エンジン始動失敗編) | トップページ | 夏は夕暮れ »

117の事」カテゴリの記事

コメント

パツキンねーちゃんなら良かったのにねぇ。

投稿: gop | 2012年7月 6日 (金) 17時55分

うんちくさん

>今回の作業ではハーフムーンのレンチが有るとかなり楽に
アストロにセットで格安で売ってますよ。これが本当に便利なんですね。
ゼヒお買い求めを。http://store.shopping.yahoo.co.jp/astroproducts/2002000001450.html

投稿: 四方山 果無 | 2012年7月 7日 (土) 10時41分

おねぃちゃん大好きGopさん
>パツキンねーちゃんなら
 は?そりはどう言う類ののおねぃちゃんで??
Gopさんならパッキンじゃ無くて「プッツン♪」の方がお好きで?
まあ何事も好きでやんなきゃ勤まりませんわな(謎発言)。

投稿: うんちく | 2012年7月 7日 (土) 10時56分

マニアック四方山さん
>本当に便利なんですね
そ~~そ~~~!今回は作業スペースが無くてですね、ラチェットは4/8が大活躍。
そんな小さなラチェットヘッドでも入らない所はメガネやスパナなんですがね。
そのスパナさえ入れるのがやっとでして廻すのにイチイチスパナを裏表に返して1回あたり1/8回転位。
 てかスパナ裏表返しのシチューエーションが判る方は相当な苦労人&ビンボ人ですな。
と思ってハーフムーンを買った頃には作業は終わってるのですが・・・ヤダヤダ。

投稿: うんちく | 2012年7月 7日 (土) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!公道復帰への道その7(パッキン交換編):

« 嗚呼!公道復帰への道その6(エンジン始動失敗編) | トップページ | 夏は夕暮れ »