« 配電盤の製作等あれこれ | トップページ | 街角のクルマ »

2012年6月24日 (日)

名機!いすゞDOHCをオーバーホールするその48(バルブクリアランス調整編)

あいや疲れました、とりあえずいすゞDOHCエンジンG180WE改1941ccのバルブクリアランス調整が終わりエンジンに関する重い作業は終了です。

Img_1016

思い起すと作業開始から今日迄で既に1年半以上経過しており予定外のピストン変形や部品入荷待ちに金欠等が有ったのは事実なのでありますが余りにも時間が掛かり過ぎ。
 作業自体は殆ど自前ながら本作業遂行にあたり数々の助言や貴重な部品をお譲り戴いたクーペ仲間の皆様に心より感謝申し上げます。
 とは言え未だ火入れを終えておりませんのでもしかして「あれぇ?」になる可能性も有り超えなければならない山は有りますが・・・・でわ!寝ます。

|

« 配電盤の製作等あれこれ | トップページ | 街角のクルマ »

名機!いすゞDOHCをオーバーホールする」カテゴリの記事

コメント

いやあ,素晴らしいですねぇ.

>>とは言え未だ火入れを終えておりませんのでもしかして「あれぇ?」
あっさりと一度目は始動して……その後に泥沼とか.


投稿: akira isida | 2012年6月24日 (日) 11時31分

激賞isidaさん
>素晴らしいですねぇ
 有難うございます、いつも辛口&一捻りのisidaさんにそう言われると何となく)*(のあたりがモゾモゾするのですが額面通り受け取らせて戴きます。

やっぱ一捻りのisidaさん
>その後に泥沼とか
 確かに!下手に車検が取れてツーリング先でぶっ壊れたら大変ですよね?てかギャラリーとしては面白い?
ですよね・・・イギリスの格言に曰く「他人の不幸は蜜の味」とか?? 
精進しなきゃ。

投稿: うんちく | 2012年6月24日 (日) 21時22分

長い間お疲れ様でした。
完成の証しとして付け替えたカムカバーが眩しいです!
このカムカバーの結晶塗装と同じように、文字通り血と汗の結晶ですね。
>その後に泥沼とか.
無い事をお祈りします。

投稿: カタカタ625 | 2012年6月24日 (日) 21時22分

かたかたさん
>カムカバーが眩しいです!
 有難うございます、そもそもDOHC化の動機がそれで単にあの結晶塗装のカムカバーが見たいからだけなんです。
シム調整の応援で呼んだH社のエンジン試作屋さんもレイシャフトの存在やら広挟角のバルブ配置に興味津々だった様子です。
(てか今時直打ちカムのシム式DOHCなんて無い?)

>血と汗の結晶
 これ股有難うございます、元々車とは何の素養も経験も無いのですがここ迄来られたのは正に支援して戴いた皆様の熱意の賜物だと感謝してます。
とりあえず初ツーリングはかたかたさんちにでも?福生のビール持参で参りますけど?

投稿: うんちく | 2012年6月24日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名機!いすゞDOHCをオーバーホールするその48(バルブクリアランス調整編):

« 配電盤の製作等あれこれ | トップページ | 街角のクルマ »