« すこしだけ | トップページ | コートランド »

2012年5月18日 (金)

危険水域に接近(カートリッジ薀蓄)

今日も今日とてジタバタドタバタでしてネ、別に暇を持て余すのが怖くて無理してる訳では無く忙しいです。
 まずは狭い庭から。
大きな木は昨日剪定を終え根元の土を掘り返し日干しにして新しい空気を含ませた後石灰と肥料を撒いて埋め戻し。
 今年も沢山のみかんと枇杷と柿が食えますよ~~に(食い気ばっか)。
お次は初夏ともなれば忘れちゃならないゴーヤさんでして、去年実った種を水に漬けふやけた所でポットに移したのが4月初旬。
 健気に芽を吹いた10株程のウチ御近所に4株をお裾分けしてプランターに植え替えました、今年も沢山実がデケますよ~~~に(やっぱ食い気ばっか)。

7

 他にも大根やらレタスの種を撒いて午前中はオシマイ。
午後からは頼まれ仕事(バイト)で登録内容の変更手続きで久々に八王子の陸運事務所にコンニチワ!

1

窓口で書類カキカキしてハンコ押して提出したら10分チョイで出来上がり♪
 ちょいと早すぎてビックリでした。
 こんな簡単な手続きでもプロに頼むと1万2千円取られるとかでビックリしましたがワタシみたく暇潰しの片手間でやってる訳じゃ無いのでそんなもんかな?
意外と早く終わったので構内をウロウロして珍しいクルマやバイクを眺めてましたら!

2

お~~~!カワサキの2スト軍団ハケン♪
 手前のZも気になりますがその奥のMachⅢに萌え萌え。
昔むかしお金持ちのお友達が親に新車で買って貰ったのをヨダレこきながら貸して貰い再々乗った懐かしいバイク。
 しかもこれは極初期の2リーディングフロントドラムブレーキ仕様の白でそのマンマや無いですか?ホスィ~~♪(ビョーキですからわし)
 さてと・・帰宅してから既に到着していたピカリング社のMMカートリッジ用の替え針を試聴すべくまずはプレイヤーの修理から。

4

とは言え別に末期症状では無く単にターンテーブル側面のストロボスコープで見る限り回転が同期しておらず調整代も無い状態なのでバラして同期周波数を調整し直した後あちこちお掃除してオシマイ。

 

5

ピカリングのカートリッジの針を新品に交換してひろこちゃんのLPを乗せて暫しリスニングタイム。
 と!実は悪い虫が身辺に徘徊しておりまして・・・・これ。

6

虫とは言え本物の虫では無くカートリッジなんですが押入れやら宝箱をひっくり返しで探して見ると出るわ出るわで全部で4個のカートリッジが出てきました。 
 左からピカリング社のNP-ATでその次がシューアー社製のM-44G、更にその右がピカリング社製のV-15(バージョン不明)で最後の右端が謎??あれ?ナンダこりゃ?
 まあ全部安物なんですがこの中では多分NP-ATが一番高級品?かな?
 ここら辺で既に過去に葬り去ったつもりで居たオーディオフェチの顔がムクムクと出て参りましてね。
とりあえず全部試聴したいのですが残念ながらV15と謎カートリッジはカンチレバーが折れており試聴不可能ですしシュァーのカートリッジも試聴した所左右のバランスに問題有り(多分カンチレバーが微妙に曲がってるか固着?)。
 とは言え全部の針三個分を買うと?多分諭吉さんが2人位お逝きになるかと?
 溜息をつきつつ・・・多分明日あたりNP-ATの代替え針でお世話になった吉祥寺の某針専門店を徘徊していると思います。
 因みに今回例の巨デカスピーカーが本格復活する迄はどんなスピーカーで音楽を聴いていたかと言うと???コレ↓

3_2

 

 隣の目薬のパッケージと比較して戴ければ如何にコンパクトか判るかと思います(爆)。
 その割に何故か単四電池を三本も食うヤツですがね、奏でるサウンドはと言うと50年位前のシェラック盤(SPレコードとか)マンマの音がするのですよ。
 これはこれで良い音??ンナ訳無いでしょうがぁぁぁぁ。
まあ所詮この程度のマニアって事ですな。
 でわ!

|

« すこしだけ | トップページ | コートランド »

音楽」カテゴリの記事

コメント

我が家でもオーディオセットがありますけれど、
ドッてことない内容です。
...んがっ、置いてあるところは本格的防音室!!
カミさんのピアノ部屋の片隅なんですがね、それでも大音響OKっす。
大きな音を気兼ねなく聞くと、気持ちいいっすよ。

投稿: ナツパパ | 2012年5月19日 (土) 16時35分

羨ましいなつぱぱさん
>置いてあるところは本格的防音室
 気が向いた時に何の気兼ねも無く大音量で音楽た楽しめる環境ってめちゃ贅沢ですよね。
 結局良いサウンドを楽しむにはアンプでもスピーカーでもプレイヤーでも無くそれに適した環境ありきだと言うのが結論であります。

所で本記事ではカートリッジ薀蓄を書くつもりでしたが果たせず。
 実は一番左のスリムなシェルはターンテーブル専業の某社が量産試作したウチの一個。
酷くスリムかつ軽量化されているのが形からもアリアリかと?わっかるかなぁぁぁ。
類似したシェルって見た事が無いので多分珍しいと思いますヨ。
 
 

投稿: うんちく | 2012年5月20日 (日) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危険水域に接近(カートリッジ薀蓄):

« すこしだけ | トップページ | コートランド »