« 通信型受信機をレストアする6(ハンダ板金編) | トップページ | ひろこちゃん♪ »

2012年5月14日 (月)

久々に117の整備をする

あらら・・・あれこれやってたらもうこんな時間、寝なきゃ。
で!昨日はチョイ昼寝をした以外は朝から晩迄久々にクーペ弄りに専念・・・しつつ実は受信機も弄ってました。
 仕事もそんな事が多かったのですが近頃は遊びでもマルチタスクですな。

さてよく考えて見ると先月も今月も殆どクーペには触れず終いでこれじゃ改造車検取得なんぞ夢の又夢ですよね、早くやんなきゃ。
 本日はまずコンプレッサの取付です。
と!先に気勢を制しておきますと「エアコン(クーラー)なんか車検取得してからでも良いじゃん」と言う声があちこちから出そうですがね。
元々車体はSOHC搭載車両でこれにG180WE改を搭載するので、使うか使わないかは別にして全てを搭載状態にしておかないと変な所で補機類が干渉して後から「アレェェェ?」てな事になるのですよ。
 で!コチラ。

1

コンプ固定ボルトは全部で4本有るのですが後方の下側にあるボルトを廻そうとしてもオイルブロックからチェンテンショナに行くパイプが邪魔をしてラチェットが入らないのです。
 でも!元々入ってた訳で何か方法が有るに違いないと思いあれこれやったもののドーシテモ廻せない。
憤懣やる方無くプラハンでオイルパイプをコンコン叩いて少し曲げた所ビットは入ったものの依然としてオイルブロックが邪魔をしてラチェットのシャフトは入らず。
 結局ユニバーサルジョイントを介して斜め方向で何とかボルト締結完了。
書くと簡単ですが実はこのボルト1本を締めるのに約2時間かかってます。
 お次は頭の痛いブローバイガスのホース。

2

写真ではよく判りませんがヘッドからサージタンクに行くホースの両端が酷く劣化しておりとても使える状態では有りません。
 いすゞさんに聞いた所製造廃止で手配不可能とのツレ無い返事。
仕方なくホムセンで耐ガソリン性で少々の圧なら耐える事の出来るホースを見つけたもののこの形状では角が多過ぎて潰れてしまう。
 では?お得意の銅パイプを加工して?とも思い材料は調達したのですがシリンダヘッドとバルクヘッドの間隙が少なく銅管ではかなり無理が・・・とりあえず割れた両端を少しカッターで切断して再使用する事にします。
 でもってやっとインマニ(ECGI)を仮固定してみました。

3

案の定と言うか幸せと言うかエアコンの冷媒配管も銅管でデッチ上げたブローバイパイプもギリギリで干渉しない(と言うか走行中は多分干渉する)事を確認。
 ここからが今日のハイライトでしてね、エアクリとエアフロをシャシに固定しなければならんもののそもそもシャシー側にはそれらを固定する金具が何も無いのです。
 当然無い以上造るしか有りませんでECGIユニットにエアフロとエアクリボックスを接続し仮固定状態でイメージトレーニング。
 結果!まずはエアクリに有るステーをヘッドライドの後部に固定すべくシャシにドリルで穴を開けてタップを立てました。

4

正直言うとドキドキそわそわでしてもし間違ってたら?とは思いながらエイヤッツ!で穴を開けM6のタップを差し込んで???
 周囲が邪魔をしてタップハンドルが廻せません(涙)。
 仕方なく御近所ホムセンに走りラチェット型のタップハンドルを購入。

5

以前からこんなシーンで「これが有れば良いなぁ」とは思ってたのですがネ。
 でもって簡単にネジ目が立ち試しにボルトを挿入しましたが鉄板が薄いので果たしてこれで良いのやら?6

 

まあダメなら裏側にナットでも溶接する事にします。
この状態で試しにエアクリを仮固定して見るとこんな感じでピッタリ?♪
 (実はこれ以前の時点で或る不安には襲われていたのですがね)

7

上から見るとこんな感じでピッタリなものの正面から見ると?こんな感じでしてネ・・・(涙)。

8

どう見てもボンネットに干渉すると思うのですが角目クーペオーナーの皆様方如何でしょうか?
 一応明日ボンネットを被せて見ますが多分エアクリボックスとボンネットが激突する事必至。
 ダメならエアクリボックスのステーを切断し溶接して短くするしか有りませんね。
 勿論エアフロは未だ固定出来ておりませんので何らかのステーを自作するしか無いのですが何れにせよこのままではどうにもなりませんです。
 で!今回はネタにしませんが実はこんな作業をしながら実は並行して例の通信型受信機のレストアもやってましてね。

9

何故かと言うと?再メッキなんですが、どうせやるならクーペも無線機も全部!とは思ったものの既にクーペの部品はあらかた固定してしまい再度外すとなるとかなり面倒な話し。
 結局ウォッシャータンクの関連部品とエンジンハンガー前部の金具だけクロメートメッキをして貰う事にします。
 一応オマケでバンパーのクロムメッキも打診しますが・・・多分物凄い見積もりで断念するしか無いかな?と?
 でわ・・・草臥れたので寝ます・・・スヤスヤ♪

とっ!続きでございまして、本日は誠にヤナ天気で雨が降るんだか降らないんだかはっきりせず作業も出来ず?市役所や郵便局に行ってあれこれやって3時頃からクーペの整備再開。
 お題はエアフロとクリーナの固定金具作成。
まずエアクリボックスの足は電動ジグソーで切断、出来ればこのままステーを詰めた状態で溶接をしたい所ですが溶接機は物置の奥深く雨模様の日では無理。

14

とあらば諦めてエアフロメータの固定金具を偽造するのですが当然純正部品なんぞ有りません。
 で!取り出したるはあれこれお道具なんですがね、しっかりした作業台も万力も無くこの程度。

10

材料はと言うと1.0Tの汎用の穴開き金具でこれを切った張ったの挙句デケました♪

11

勿論この形に至るにはボール紙で型紙を取り寸法を測り??最後はテキトーのCut&Tryで作りました。
 早速エアフロをエンジンルームに押し込んで仮フィッティングさせて見た所概ね良好かな?

12

13

ゴムのインシュレータを入れる予定なのであんまり細かい精度は不要と言うかそもそも取付部が微妙なカーブ状態なのでピッタリは無理と言うもの。

この状態でエアクリボックスを押し込んで高さを見ると?

15

未だ喜ぶのは早いですが恐らくボンネットとの干渉は解消されたと思います。

 つつ・・・・疲れた(会社時代よか忙しい)

|

« 通信型受信機をレストアする6(ハンダ板金編) | トップページ | ひろこちゃん♪ »

117の事」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
だいぶ形になってきましたね、二度手間にならないように全部組み付ける前にエンジンの始動をしてみたらどうでしょうか?
うんちくさんなら時間はたっぷりあるので大丈夫ですか。
しかし、ここまで来ると楽しみですね。

投稿: カタカタ625 | 2012年5月15日 (火) 10時32分

うんちくさん
 エアクリ収まるんじゃないですか?
もともと、純正も非常に出っ張っており、ボンネットが閉まるんかなー
と自分でも思っていましたよ。
 それにしても完成が楽しみですね。

投稿: 四方山果無 | 2012年5月15日 (火) 16時59分

御指摘かたかたさん
>二度手間にならないように全部組み付ける前にエンジンの始動
 ヤハシ・・・実は排気系の取付が完了した所でECGI関係の整備をし、エアクリレスでエンジン始動!と思いオイル類の準備もしました・・・・が・・・実はDOHCを全部自前で組んだのは今回が始めてで・・・コワイ(要するに逃げちゃった)。
 
>ここまで来ると楽しみですね
 実は近頃中だるみでしてね、どうにも受信機のレストアに気が行ってます。
とは言いつつ今日は雨の中エアフロマウントを偽造しました。
明日こそやるぞぉ(こればっか)。

投稿: うんちく | 2012年5月15日 (火) 22時24分

ご指導四方山さん
>エアクリ収まるんじゃないですか?
 はいはい、先に検証しなきゃってんで材木をストエッジ代わりにして出っ張り具合を見ると約2cm程激突します(涙)。
 角目と丸目ではフロント部の設計が全然違うとは認識していたのですがここ迄違うとは・・絶句。
 因みに例のかっぱぎ大会のドナーがウチのとグレード違いのドンピシャなんですが(今更遅いけど)。

投稿: うんちく | 2012年5月15日 (火) 22時29分

>実はDOHCを全部自前で組んだのは今回が始めてで・・・コワイ
と言う事は組んでから1回もクランクを回してない・・?
プラグを抜いてCRCを吹き込んで、その状態のままセルモーターを
回して異音をチェックしたほうが良さそうです。
頑張ってください。

投稿: カタカタ625 | 2012年5月16日 (水) 10時02分

御心配かたかたさん
>組んでから1回もクランクを回してない・・?
 ん?え~~と??ヘッドボルトをヒィヒィー言いながら10Kgで締めて軽く戻して又締めて?
プラグ穴からエンジンオイルとCRCを流し込んでレンチでクランクをグリグリ廻してとぉ~??をやったのは何時だっけ?
 明日やっておきます、有難うございました。

投稿: うんちく | 2012年5月16日 (水) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に117の整備をする:

« 通信型受信機をレストアする6(ハンダ板金編) | トップページ | ひろこちゃん♪ »