« 行き場の無い人たち | トップページ | 嫌な風景 »

2011年8月22日 (月)

名機!いすゞDOHCをオーバーホールする、その45(太めと細め編)

ネジって面倒ですよね、一見同じ太さに見えてもインチだったりミリだったりウィットワースにPFにPTにテーパに??そうそう!太めに細め。
 と言うのはコチラ↓

1

一目でこの違いを見抜いた人はエライ!てかプロでは?
正解は下段はM10の1.5の太目で上段は同じくM10の1.25で細目なんですがね。
 知識としては同じミリ規格でも細目と太目が有るのは承知しているのですがボンヤリ見てるとそんな違いに気がつかず??無理やりネジ込んで山を潰したりします。
 さて普通はM10だと1.25では?我117クーペ、時々1.5の太目が混じってたりします。
 その部位は?コチラ↓

2

エンジンとミッションを接続するスティフナプレートは太目の1.5なんですね。
 最初全然気がつかずに類似したM10のボルトをねじ込むと途端にレンチが重くなり「あれぇぇぇ?これインチ?」と思いつつ偶然手持ちの有ったインチピッチのM10を入れるとやはり進まない。
そこでやっと気がついた・・・・これ1.5の太目?
ジャンク箱を漁るコト約30分でやっと見つけたのが一枚目の写真でした。
 しかし時既に遅かりしでスティフナ側のネジ山はつぶれてるし・・・ダメモトで物置からタップダイスセットを持ち出し確かめると??有りましたM10でピッチ1.5のタップ。
 スティフナのネジ穴にオイルをタップリ流しこんでタップをねじ込むと数回転で軽く廻る様になり一安心。
 こんな詰らんコトで累計2時間位費やしました。
 と勿論これだけじゃ無くてフライホィールにクラッチにクラッチカバーの組み立てを済ませます。
 まずクラッチの芯出しですが本来ならSSTをパイロットベアリングに押し込んでその上からクラッチを入れるのですがね、んな便利なSSTなんぞ無いので???
どうする??と!工具箱をあれこれ漁りナットクラッシャーのハンドルを取り出しガムテープをグルグル。

3

前部はパイロットベアリングの穴キツキツ状態にし、後部はクラッチディスクの穴にキツキツ状態迄巻きます。
 巻き終わったらクラッチディスクにこの偽造SSTを差し込んで太い方に適合する事を確認、更に細い方をパイロットベアリングに差し込んでグラツキが無いコトが確認出来たらノックピンの位置に注意してクラッチカバー被せてボルトで固定し全作業終了。4

 勿論この辺りのボルトは厳重なトルク管理が必要、間違っても右腕内蔵トルクレンチは御法度です。

5

自慢じゃ無いのですが貧乏な貧乏性なんで普段使ってる工具でブランド物と言えば精々貰い物のKTC製ラチェット程度でアトは殆ど格安ドラゴンツールばっか。
 でもね、計測用ツールに金は惜しまない主義。
 トルクレンチは東日でマイクロメータはミツトヨ、ノギスはカノンでダイヤルゲージは尾崎製作所の全て世界の一流品しか使いません。
 オマケで無線関係の測定器は??HPにフルークにアンリツ・・・え?自慢ハナシは聞きたく無い?御意m(。_。)m

|

« 行き場の無い人たち | トップページ | 嫌な風景 »

名機!いすゞDOHCをオーバーホールする」カテゴリの記事

コメント

ちょと知っているこというと。
自動車の世界では、細めが主流で、太めが少々みたいですね。
マイワールドでは、並目が主流で、細目は大事な所か薄い所で使ったりします。
それに同じ六角頭でもソケットサイズが違ってくるようです。
Ex. M8→12mmと13mmなど・・・
真面目すぎましたかねぇ?

現在、クーラーやパワステ用フレア継手を勉強中です。(汗)

投稿: Gやん | 2011年8月23日 (火) 06時54分

お疲れ様です。
私の場合、仕事柄もあってか「㎜」も当然よく使いますが
尺・寸・分とかのほうが聞きなれてる。・・かな。^^;(苦笑)
車のボルトとかは、たまにいすゞ行って
"タダで"もらってきたりします。(大笑)

投稿: えす蔵 | 2011年8月23日 (火) 19時10分

うんつくさん

>HPにフルークにアンリツ・・・
おおっ!羨ましい!なかなか個人で所有するには高価ですね。
他にも岩通、安藤、ソニーテクトロ、JRC、菊水や東亜電波などたくさんありますが、私が精々お世話になっているのはサンワと日置くらいか?

投稿: 四方山果無 | 2011年8月24日 (水) 06時36分

どーも、です
エンジンとミッションを合体させる所にも有ったと思います。
鉄には細めアルミには太めでした。

投稿: サンタ | 2011年8月25日 (木) 12時42分

本業Gやんさん
>真面目すぎましたかねぇ?
 イエイエその道のプロは流石だなぁと、何か有る都度プロの凄さが身にしみます。

>クーラーやパワステ用フレア継手を勉強中 
フレア加工は厄介です、ちゅーか安物のフレアカッターで加工するとモロにそのツケが回ったりします。
 自前手加工ならRIDGH社のクラッチ付きフレアカッターにして下さい(多分諭吉さん3人位)。
ちゅーか普段使う工具じゃ無いので専門業者で機械加工して貰った方が安いですけど。

投稿: うんつく | 2011年8月26日 (金) 21時27分

専門化S蔵さん
>尺・寸・分とかのほうが聞きなれてる
 「ダンケルクからバルセロナ迄、子午線の4万分の1!1メートル」なんですがやっぱ国情やその場に合った基準も必要ですよね。
 
>"タダで"もらってきたりします
 え~~~~?どうやって?実はベルハウジングのボルトが見当たらずいすゞさんに注文したら?4本(4種)で千円少々・・・ううう・・

投稿: うんつく | 2011年8月26日 (金) 21時33分

ヘンタイ道まっしぐら四方山さん
>岩通、安藤、ソニーテクトロ、JRC、菊水や東亜電波
 へへへっ♪未だアマイですな、愛用のミリバルは國洋電機製で御丁寧に元某国営電話会社の仕様書番号入り銅製銘盤がついた逸品ですぜぇぇぇ♪????は??ンナもん何に使うねん?ですよね??トホホホ(涙)。

投稿: うんつく | 2011年8月26日 (金) 22時12分

今頃遅いぞぉぉぉサンタさん
>エンジンとミッションを合体させる所にも有った
あ~~~!今頃遅いっちゅーにっ!ちゃんとサンタさんちのHPに書いてくんないと?(と責任転嫁するわし)
 明日ジャンク箱全部引っくり返してネジを探しますが・・・既に諦めてスティフナ部のボルトはいすゞさんに注文しましたです(号泣)。
 

投稿: うんつく | 2011年8月26日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名機!いすゞDOHCをオーバーホールする、その45(太めと細め編):

« 行き場の無い人たち | トップページ | 嫌な風景 »