« 正しい事 | トップページ | 大山鳴動して??一匹でした »

2010年10月 3日 (日)

VF750箱根を行く

当初の予報では昼から雨とか?どうしようかな?等と逡巡しつつ念の為にクーペもVF750も何れも出動出来る様に準備だけはしておいてと。

 結局お天気も今日一日は持ちそうなので先週車検を取得したばかりのVF750で自宅を出ました。
 え?「何しに行った?」かですって?
某117関係のクラブが来月に箱根で総会を開催するのでその下見で箱根にお出かけ。
 集合場所は東名高速の海老名PAに7時半とて多少の余裕を見て6時過ぎに出発。
 R16を経て町田ICから東名に乗り海老名に着いたのは7時10分頃、思ったより渋滞も少なく心配したよりもVF750は快調でした。
 メンバーが集合した所で海老名SAを出発して暫く・・・??あれ??エンジンが吹けません。
 スロットルを開けてもタコメータは4千回転止まり先行する117軍団にどんどん離され逸れてしまいました。
 症状からするとどうやら我が117と同じで燃料系統だと思われますが???アセアセしてる内に何とか5千回転位迄上がる様になり結局御殿場で降りてR138をひた走り集合場所のPホテルに到着。

Photo

 その後は某メンバーの白いPA90に乗り換えてツーリングコースを下見して食事して夕方御殿場IC近くのファミレスで最終打ち合わせをしておしまい。
 時計を見ると既に17時過ぎ、夕暮れに追われる様にして東富士有料道路に入り中央道に合流・・・・と!毎度名物小仏トンネルで25Kmの渋滞。
 ウンザリしながら冷や汗かきながら渋滞する車の隙間を抜けて2時間程で無事自宅に到着。
 ちなみに今日はガソリン添加剤をブチ込みガソリンはハイオクを入れたからでしょうかね?
 不調だったエンジンは7千回転位迄上がる様になりました。
 さて・・来週はキャブ分解かな???
往復約300Km足らずでしたが疲れました。
メンバーの皆様何も出来なくて御免なさいです。

|

« 正しい事 | トップページ | 大山鳴動して??一匹でした »

ナナハン」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です

ご無事で良かったですのぅ

しか~し丸目ちゃんの中に赤が1台とはちょっと寂しいニャン

投稿: Keme | 2010年10月 3日 (日) 23時51分

kemeちゃん星人
>ご無事で良かったですのぅ
 無事と言うのか青色吐息と言うのかね。
とりあえず7千回転位迄は廻る様になったぜ。

>赤が1台とは
流石に一人でクーペとナナハンを運転するのはムリポ。
 何ならクーペのハンドルは任せても良いかと??但しパワステ無いからね。
 

投稿: うんつく | 2010年10月 4日 (月) 00時11分

渋滞嫌いのうんつくさんだったら総会もVFで行ったりして。

投稿: スギメチャ | 2010年10月 4日 (月) 06時13分

お疲れ様でした。
久しぶりの峠は楽しかった!何か部品落としましたけど(笑)
帰りは東名のが混んでなかったですよ〜(^人^)

投稿: 脇道117 | 2010年10月 4日 (月) 09時07分

今日はガソリン添加剤をブチ込みガソリンはハイオクを入れたからでしょうかね?

まさかとは思いますが、添加剤を1本全部入れませんでしたか。
タンクの容量が車に比べて小さいのですから、燃料に対する添加剤の割合が増えますと、ガス欠状態になります。
つまり本来の添加剤が多すぎると、燃やすガソリンが少なくなりエンジンは回らなくなります。

普通、タンクに添加剤を先に入れて、後からガソリンを入れて撹拌して混ぜます。車の場合は40~60L/本の指定があります。
これを上回ると、ガソリンが減ります。
バイクですと20L程度ですから、それに1本入れたとすれば、原因は明らかとなります。

パワーブースターはガソリンより軽い比重で作られています。ですからガソリンが減ってくると添加剤が多くなります。よく撹拌する意味はそこにあります。
もう一つのパーフェクトクリーンはタンクの下にある水分などを分離するために、燃料より重い比重となっています。

キャブを分解する前に、一度タンクのガソリンを抜いて、何も入れていないガソリンを注いでみて下さい。
その時は、ハイオクでOKです。

では。

投稿: リバー | 2010年10月 4日 (月) 20時26分

>>その後は某メンバーの白いPA90に乗り換えて
 この時点で箱根山中にバイク捨てたのかと思いました(笑).まあ不法投棄はいけませんが.

 今日は帰路に「ホンダ・フラッグシップバイク開発物語」山中勲 著 光人社
を買いました.このコラムを書かれた方です.
http://www.honda.co.jp/motor-roots/contents6/index.html

 読み終わったら回しましょうか?

投稿: akira isida | 2010年10月 4日 (月) 20時31分

脇道さん
>何か部品落としましたけど
 ナルホド・・・今度脇道号の後ろを走りますからね。
落ちて欲しいのはドライバーズシートとねぇ??それからねぇ??フルハーネスベルトとねぇ??タイヤとねぇ??シメシメ♪
>東名のが混んでなかった
 んまぁ小仏トンネルでの大渋滞は覚悟してたのですがまあバイクなんで隙間スルスルで多分千台以上牛蒡抜きしたと思います(爆)。
 ただあれってやっぱ危ないですよね・・・自重しなきゃ。

投稿: うんつく | 2010年10月 4日 (月) 21時06分

F川さんご教示
>燃やすガソリンが少なくなりエンジンは回らなくなります
 一応出発前に目見当でボトル半分位入れてから?箱根でハイオク満タン(15ℓ位)にする前に残りを投入しました。
 確かにご指摘通り少々添加剤がコユイ目かな?
症状としてはクーペで散々苦労した燃料来ない症状なんでもしかしたら当たりかも知れませんね。
 とりあえずプラグも1万キロ半ばなんで一度外して見ます。
 と簡単に書いてますがプラグ外すのも一苦労なんですよねぇ・・・クソVF・・・

投稿: うんつく | 2010年10月 4日 (月) 21時10分

ご指摘isidaさん
>まあ不法投棄はいけませんが
 一頃は不人気No1だったVFですが何故かこの2~3年人気回復みたくで。
入手した時は缶ビール3ケースと交換だったのですがかなり値上がりしてますね・・不思議なバイクです。

 >このコラムを書かれた方です
 はいっ!実はV4生みの親であるSさんとYさんには浜松でお会いしましてあれこれ貴重なお話を御伺いしました。
 何れも紳士で顔に「頭良いからねっ」って書いてるんですがそんな事おクビにも出さないとても謙虚で笑顔のステキなお2人でした。
 但し!やってる事は超過激で飛んでも無い事をサラリと言うてましたね。
 これぞ他社の真似はしない正にホンダイズムの継承者だと思いました。

>読み終わったら回しましょうか? 
ゼヒお願いします、宮川さんの著作と交換しましょうか?
クーペの記述は少ないですが読み応えの有る一冊です。

投稿: うんつく | 2010年10月 4日 (月) 21時23分

しぎめかさん
>総会もVFで行ったりして
 う~~む・・実は4年前??の総会にゲストで行った時はVFでした。
 今回は??チャリで行くかなと??

投稿: うんつく | 2010年10月 4日 (月) 21時27分

確かにご指摘通り少々添加剤がコユイ目かな?

少し濃い位ですと、そんなに回転が上がらない状況にはならないと思います。
何故なら、今回の走りの前に既にあちらこちらと走られている訳です。その時に不調が生じていたのなら書かれていた筈です。その不調が急に生じたのであれば添加剤しか疑いの余地はないとなります。
と、推測しているのですよ。

で、技術的見地から推察すれば、ピストンの気筒当りの容量は200ccを切っていますから、ストローク長はさほどありません。
と言う事は、燃焼時の火炎伝播速度から一万回転まで回る訳です。それも余裕を持ってです。
逆に考えると、エンジンに余程の不調がない限りは、回転が上がらない理由は燃焼時に十分な火炎伝播が得られていないと言うことになります。
パワーを上げる場合、圧縮した混合気は点火する直前まで自然点火しないようにオクタン価が上げられている訳です。もしこれが早く点火して火炎となった場合、圧縮が十分でありませんから燃えても力は出なくなります。力が出ない訳ですから、回転も上がらないと見ています。

如何でしょうか。それとプラグはそれまでに走られているので、問題は無いと思います。


投稿: リバー | 2010年10月 4日 (月) 22時52分

F川さん断言
>あれば添加剤しか疑いの余地はないとなります
 同じ液体の炭化水素なんで「ホィッ」と入れれば拡散するかと思いきや?案外固まりになってるのかなぁ?

>ストローク長はさほどありません。
と言われてフト整備マニュアルを眺めて見るとボア70.0×ストローク48.6ですから物凄いショートストロークエンジンですね。
 流石レブリミット1万回転を超えるエンジンだけの事は有りますね。
トラックの流れを汲むG型エンジンとは対極の存在かな?
 さて今日は休みなんですが流石にあの重いVFを狭い庭の奥から引っ張り出す気力も無く・・・寝てるかなと。

投稿: うんちく | 2010年10月 7日 (木) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VF750箱根を行く:

« 正しい事 | トップページ | 大山鳴動して??一匹でした »