« from 沖縄 | トップページ | やっぱ二番じゃダメなんですがねぇ・・ナンデ? »

2010年7月11日 (日)

ラジオ修理の備忘録

沖縄のO117重鎮Oさんからお預かりした純正ラジオ修理の備忘録です。1
1、目視と部品探し
1号機はシャシーをバラすと配線が一部切断されていたのでハンダ付け。
既に誰かが一部点検を済ませたらしく一部部品にマスキングテープで印有り。
2号機も含めて目視点検の結果お約束のケミコンの一部に膨張が認められるので全部交換予定。1,100μF 10WV×2個 2,330μF 10WV×2個 3,470μF 16WV×3個 4,220μF 16WV×1個 5,330μF 6.3WV×1個 6,10μF 10WV×2個 7,33μF 6.3WV×1個。3
 手持ち部品を探すも一部該当せず立型ケミコン流用か新規購入か。

2_2



2、動作試験
目視にて大きな問題無しと判断しクリップ等を駆使して手持ちのスピーカーを接続後双方とも通電。
 最初は数ボルト程度の低い電圧で様子を見ながら少しづつ電圧を上げて行くも異常無くスピーカーからは軽いノイズ音が出る。
 ①一号機
AM帯はNHKからTBS迄は受信可能であるが1Mhz以上の感度が異常に悪く受信不可能、FMはノイズは聞こえるものの受信不可能。
 FENを受信しながら点検の結果ボリュームに酷いガリ、音声歪み大きく聞くに堪えない。
 ②二号機
一号機とほぼ同じ様子であるがかろうじてFMのNAK5が受信可能。
又何れもオートチューンは正常に動作する。

3、推定原因
①感度不良
FM・AMともフロントエンドの石が劣化?中間周波以降はとりあえず動作していると思われる。
 調整ズレも考えられ何れにせよトラッキングは取り直し?しかしスラグチューンのラジオは触った事が無いので(誰が?)どうする?
②音声歪み
何れのラジオも音声出力ユニットのケミコン容量抜けが原因と断定。
③その他
双方ともボリュームのガリが酷いが恐らく同一部品の入手は不可能。
接点復活材を塗布して様子を見てダメなら分解しロータを引っくり返して再利用(やりたくないが)

4、一部修理作業4
手始めに一号機のケミコンを手持ちの新品と交換した所、音声歪みは解消したので残るはフロントエンドの石交換とトラッキング調整で何処まで治るか?
但し手許のSSGが壊れている事が発覚、これが無いと正式な感度測定が出来ない(涙)。5 7
とりあえずこの状態で3時間程FENを受信したが歪みが完全に取りきれて居ないものの音声に関しては概ね問題無し。
恐らく全てのケミコンを交換するだけで復旧すると思われる。
6
5、総見
双方とも類似した様な症状ではあるが欠品も無く修理不可能では無いと思う。
部品を調べた所トランジスタも入手可能の様子。

残り作業は部品入手後って事で・・・ぐったり。


|

« from 沖縄 | トップページ | やっぱ二番じゃダメなんですがねぇ・・ナンデ? »

117の事」カテゴリの記事

コメント

うんつくさん
 おはようございます。
 雨の降る日は家の中で、こつこつと手作業。なかなか有意義な時間ですね。こうして見ると117クーペの純正のラジオはずいぶん複雑そうですね。やはり2バンドだからでしょうが、夥しいコイル!調整が大変そうですね。

投稿: 四方山果無 | 2010年7月11日 (日) 08時57分

マニアック四方山さん
>夥しいコイル!調整が大変そうですね。
 でしょ?なんでこんなにIFTが有るのやら通信型受信機なら兎も角サッパリ判りません。
調整ですか??そんな自殺行為は・・・あ?スペアアナが有るからラクチン?むふふふ♪

ご指摘
>117クーペの純正のラジオはずいぶん複雑
 この時代(昭和40年代)の安いクルマだと「ラジオはオプション」なんて時代でしょ?
それがモータードライブのオートチューンでAM/FM2バンドなんですからめちゃ贅沢ですよね。
別にいすゞさんが作った訳でも無いけど中身もやたら凝った作りで当時の高級乗用車の香りがプンプンですね。

投稿: うんつく | 2010年7月11日 (日) 09時41分

ご無沙汰です。

今日、本棚を整理していたら貴重な本が見つかりました。
僕が117OCに所属していた頃に、いすゞOBの方達が発行した本です。

題名:光芒 いすゞ乗用車開発の軌跡
2001年12月発刊 非売品 200ページ

開発に関わった方の手記で構成されています。

うんつくさんは当時クラブ員じゃ無かったですよね?
どこかで入手されました?

もし、未入手で興味があれば差し下げます。

117を卒業した私より興味ある方に渡ればと思います。

投稿: masa117 | 2010年7月11日 (日) 15時08分

masa117さん
>117を卒業した私より興味ある方に渡ればと思います。
 そりゃ有難うございます、所持してるも何もその存在さえ認識しておりませんで興味深々。
是非お譲り賜り度お願いします。
来週17日にいらっしゃるなら手渡しで??
 あ!手許に宮川秀行さん著の「新我ら地球家族」が有りますが交換しますか?
クーペの事はあんまり書かれてませんけど結構興味深く読ませて貰いました。

投稿: うんつく | 2010年7月11日 (日) 16時16分

現クラブメンバー(一部?)にはCD版が配られている筈。
旧クラブからは国会図書館に一部寄贈しております。
http://1565.blog.so-net.ne.jp/2006-06-29

投稿: gop | 2010年7月11日 (日) 19時34分

OBGOPさん(ややこし)ご指摘
>CD版が配られている筈
 そぉぉでっかぁぁ、全然知りませんでした。

>国会図書館に一部寄贈
 以前事務所が虎ノ門に有った頃何度が御伺いしたのですが名前に似合わずあぁ~~んな本やこぉぉ~~んな本迄有ってビックリ。
 やっぱ本は紙じゃ無きゃダメですよね。
タノシミタノシミ♪

投稿: うんつく | 2010年7月12日 (月) 06時12分

まいどおおきにぃ~。
また、えらい事をやってはりますなぁ。。。
ついでにうちの(?)Pa90のも
ダメですよね・・・。

投稿: neri e bianchi | 2010年7月12日 (月) 13時00分

久々のぴあさん。
あら?東南アジア奇麗所鑑賞歴訪から最早帰国で?
ラジオですが既に三台も背負い込んでしまいひぃひぃ言うてますがな。
だしぴあのデジパネ修理するぴあさんからすりゃチョイチョイでおしまいでしょ?
ワタシなんぞ『トラッキング調整って何だっけ?」レベルですからね。
だし最強の武器になる筈のSSGが壊れてるのが発覚。
どうしたものやら。

投稿: うんつく | 2010年7月12日 (月) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ修理の備忘録:

« from 沖縄 | トップページ | やっぱ二番じゃダメなんですがねぇ・・ナンデ? »