« 名機!いすゞDOHCをオーバーホールする、その9(ヘッド編) | トップページ | 東京のローカル鉄道 »

2010年5月23日 (日)

夜中に暇潰し

うう・・眠れません。
 昨日は終日いすゞツインカムエンジンのOHでフルにお仕事(遊び)してたんで超疲れてしまい早めの風呂とビールで20時頃には死んだ様に寝たものの又起きちゃいまして。
 仕方無いんでブログ記事を書いたもののやはり眠れません。
とは言え無聊を慰めるに外に出てエンジンOH作業の続きなんぞ出来る訳も無く、フト思い出して以前某OCのSさんからお譲り戴いた中古シムの厚みをマイクロメータで測定&分類してみました。
Dscf0593
本来は軽く砥石で研磨してから計測するのがセオリーなんで幾分誤差は有ると思いますが大幅なものでは無いと思います。
 この内1.6mm以下は必要になるかも知れませんが、それ以上のシムに関してはいすゞG型DOHCエンジンのOHでシムが無くてお困りの方に差し上げます。
勿論厚みの有るシムは砥石で研磨して厚みを調整すれば使用可能ですので逆に厚い方が良いかも知れませんしネ。
 詳細は本ブログにその旨ご記入下さい。
でわ??ジョニ黒もう一杯♪

|

« 名機!いすゞDOHCをオーバーホールする、その9(ヘッド編) | トップページ | 東京のローカル鉄道 »

117の事」カテゴリの記事

コメント

ワハハッハ 紙にセロテープで貼ってる、考える事は同じですね。
内緒ですが山田だからサンタなので~す。

投稿: サンタ | 2010年5月23日 (日) 08時00分

三太さん
>考える事は同じですね。
 あ~~あ・・・やっぱね。
実は計測ついでにエンジンから外したシムが1.65付近なんで夜なべ仕事で砥石で研磨しようかな?なんて思ってましたが生憎砥石は物置に置いてたんでやめときました。
 もしかして同じ事考えてませんでした?(爆)

投稿: うんつく | 2010年5月24日 (月) 06時25分

僕は砥石&オイルストーンで研磨したけど、なかなか薄くならないで大変でした。
砥石は次第に削れて変形してくるし・・・。
薄くなったのは指の皮、それからゴム手袋をはめてシコシコ
1個なら良いけど8個だと・・・・頑張ってください。

ある人に後から聞いた話ですが
ボール盤(ドリル)を使い、下にオイルストーンを置き、キリの代わりにシムを回すのです。
イメージは湧くでしょう?

さて、何でシムを回すか??う~~~ん?
必要なくなったバルブの傘にゴムを貼付け、それをキリの代わりにボール盤に取付、
オイルストーンの上にシムを置き、上からバルブで押し付けると言うのは、どうでしょう?
ボール盤が無くてはダメだし(ドリルだけでもなんとかなるような気がしますが)実際にこの方法で成功するかどうかも判らないですけどね。
オイルストーンなら平らに磨けると思いますが・・・・・・。

投稿: サンタ | 2010年5月24日 (月) 19時11分

三太さん
>薄くなったのは指の皮
 でしょうねぇ・・・薄い鉄板みたいなもんですがメチャ硬い訳でして「厚のは研磨すれば」云々は正しいのですが正に「言うは易し行うは難し」の見本です(←やたら無責任)。

>イメージは湧くでしょう? 
 わははは♪テクは違いますが似た様な事考えました。
ワタシはシムと同じ径の穴を木板に掘ってそこにシムを嵌め込んで木板もろともグラインダーで削れば??
ダメかな?誰が真に受けてやってくれて成功したら真似しますね??

投稿: うんつく | 2010年5月25日 (火) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜中に暇潰し:

« 名機!いすゞDOHCをオーバーホールする、その9(ヘッド編) | トップページ | 東京のローカル鉄道 »