« 都電に乗って | トップページ | ベトナムの交通事情 »

2010年2月 8日 (月)

ベトナムの車

さて又もやベトナムネタで投稿です。
ベトナムに行く当初は「きっとビンテージ物の車がナチュラルに走ってるに違いない」と期待しておったのですが現実は逆で比較的新し大多数の日本車とアトはベンチュかな?
 まあ量からすると圧倒的なバイクでしてベトナムではホンダがバイクの代名詞みたくでそれ以外ではヤマハ位?
 ちなみに空港からホテルの間はべんちゅで現地ツァーではシボレーのSUVでした。

と!ガッカリしてたのですが市内の博物館でこんなのハケェェlン!1

シトローエンですな・・・日本ならそれなりの扱いを受けると思うのですがナンバーも無く動いてる風情も無く単に放置してるだけ??
 その割には錆も無く結構程度は良いと思いますが??2

もしかしたら他にも有る??と思い博物館の裏に廻ると3 こんなんとか??

4 タウナス???何だか判らん。

その横にはコンナ5 のが鎮座。

これで通勤したら楽しいかなぁ??とよく見るとこれ米国製のM48でしょ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/M48_(%E6%88%A6%E8%BB%8A)

更に中庭に廻ると又危ない物が・・・

誠に不謹慎ながら何れも単なる機械と見るとその美しさが判るんですがね・・・ちと目的には賛同しかねるかな?6

|

« 都電に乗って | トップページ | ベトナムの交通事情 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

トラクシォンアヴァン、四半世紀前パリ行った時は未だ走ってました。
タウヌス17Mは中学校の通学時何時もすれ違ってました、たぶんこの色、懐かしい。

投稿: gop | 2010年2月 8日 (月) 06時25分

軍事革命で成り立った国は、こうやって武器を展示することが多いですね。
先日行った中国も、野外こそあるいませんでしたが、博物館では堂々と。
建国の歴史や苦労を伝えたいのでしょう...多分軍事関係者が。

投稿: ナツパパ | 2010年2月 8日 (月) 08時19分

>米国製のM48でしょ?

M41では?

投稿: 戸川流 | 2010年2月 8日 (月) 22時21分

くだんの車の年式が分かりませんが、1954年頃までベトナムは仏領インドシナで、フランスの影響が大きかった時代の名残?かも。第三世界の状況は過酷だったんでしょうね。

投稿: 四方山果無 | 2010年2月 8日 (月) 23時43分

下から2番目の写真、現地の人と間違われませんでしたか?

投稿: mmdaichi | 2010年2月 9日 (火) 00時34分

なつぱぱさん
>堂々と
ですねぇ、日本じゃ酷く自虐的にしか捉えられて無くて武器所か国旗掲揚にもいちいち噛み付いて騒ぐ分子が跋扈してますからね。
歴史は有るがまま客観的に残すべしかと?

投稿: うんつく | 2010年2月 9日 (火) 13時50分

T川流さん
M41では?

何ですかね?
説明プレートは見て無くて単にそう思っただけなんですが。
あれこれ調べて見るとこの時代の戦車って試行錯誤してて混沌としてた様です。
まあこの類いのネタは博士にお任せって事で。

投稿: うんつく | 2010年2月 9日 (火) 13時57分

四方山さん
>仏領インドシナ
前のネタでルーブル美術館前でベトナム人にされた時の犯人はかなりの年配のおばちゃんでした。
若い人達は過去に東南アジアでやった事を正しく認識してるんでしょうかね。
ただくるまで言うと現在ではフランスの欠片も無いです。
敢えて言うと古い建物と公園に道路位かな?
それからフランスパンが美味い事。
あちらの人達は逞しいです。

投稿: うんつく | 2010年2月 9日 (火) 14時07分

ちょうど動かし方が載ってました。
http://www.webcg.net/WEBCG/essays/makkina/e0000022494.html

投稿: gop | 2010年2月 9日 (火) 17時51分

MのM山さん?(爆)
>現地の人と間違われませんでしたか?
 でで・・ですからベトナム以前にパリでベトナム人だと決め付けられてしまってますからねワタシ。
 所でM山さんは何人に間違われます??ワタシ思うにフィリピンがインドネシア辺りかな??と??
実は??でしょ??

投稿: うんつく | 2010年2月 9日 (火) 20時40分

Gopさん
>動かし方が載ってました。
 てっきり戦車の操縦マニュアルかと思いきやシトローエンね。
 しかしバカにしちゃイケません、ちょいと古い車はそれなりの儀式を終えないとエンジンさえ始動出来ませんでしたからね。
 

投稿: うんつく | 2010年2月 9日 (火) 20時42分

シトロエンはウインカーが腕木式ではないので戦後型でしょう.
その下のワゴンは,オペルかボグゾールあたりか.
タウナスは私も懐かしいです.17Mは日本にも結構入っていたのではないかな.

話は全然関係ないですが,今日成田にアントノフ225が来ていたんですね.
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/214639.html

一回り小さいアントノフ(An-124)は,ときどき福生に来ているようです.米軍がチャーターしているようで.

見たかったなあ.

投稿: akira isida | 2010年2月 9日 (火) 21時31分

航空評論家ishidaさん
>ときどき福生に来ているようです
 はいはい!時々巨大な機体が駐機してるのを見かけます。
ただ流石にR16号から見るだけで目の前で拝んだ事は無いのですけれど。
 しかしアントノフ以前にC5だって目の前で拝むと巨大過ぎて・・・よくあんなもんが空を飛ぶもんだとビックリです。
所でC5って元々B747ジャンボ機と競作に勝って採用されたんですがねぇ・・・ボーイングは競作に破れそれを旅客機に改造して大成功で方やロッキードはマーチンに吸収され倒産。
 世の中判らんもんです

投稿: うんつく | 2010年2月 9日 (火) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの車:

« 都電に乗って | トップページ | ベトナムの交通事情 »