« エバポOH完成とコンデンサの装着 | トップページ | エバとコンプの装着 »

2009年6月12日 (金)

真空管のギターアンプをレストアする

煩悩多き人生の様でして、あれもしたいコレもしたい、あれ欲しいのこれ欲しいので欲望は際限無く。

今回そんな私の煩悩の餌食になったのは真空管式ギターアンプでして、製造会社は今は無きエーストーン社製の「Rocky」(やたらベタなネーミング)。

 スペックは推定ながらファイナルから考えて最大でも出力20W程度なんですが回路図を読むとこれが又名機の名を欲しいままにしたフェンダーのツインリバーブのそのまんまのパクリでは?

6BQ5のプッシュプルで位相反転は12AU7のPP分割、ヘッド部も同じく12AU7を半分コで更にスプリングエコーとトレモロ迄12AX7と6AV6ですもんね。

聞いた事無い会社かも知れませんが実はこの会社、電子楽器ではコルグと並ぶ名門ローランドの始祖であり「日本ハモンド」と同じ会社でした。http://haku.sakura.ne.jp/metro/suminoe.html

さてこのアンプの出所ですが実は○十年前私がガキだった頃小遣い+お年玉+高校入学祝いを全部叩いて買ったアンプ、以来数年間愛用した逸品でして、このGWに帰省した折無事レスキューしたのですが・・・・・こんな(涙)。1

長らく放置した怠慢を心の中でアンプに詫びながら一生懸命洗剤を吹きつけ雑巾でお掃除したのですが全然綺麗になりません。

これはまあホムセンで壁紙でも買って来て張り替える事にし(←多分やらんと思う)肝心のアンプ部分をチェックしました。2

あの・・ワタシ素人ながらアンプ作ったりするんですけどね・・・下手ですけどね・・・この配線はワタシよか下手だと断言出来ます。

 なんかその辺のアルバイト君でも集めて配線させてみたくでお粗末の一言。ぶつぶつ言いながらツマミも外して洗浄して 4 シャシー上面の埃を拭いなんとか見られる所迄来ました。

3んが!これでイキナリ火入れする程アホでは有りませんで取りあえず真空管は全部抜いて電源ON!と最悪の場合突然ケミコンが「ドカン」なんてシーンも予想したのですが何事も起きませんでした。

今回は疲れて作業はこれ迄。

所で肝心の真空管なんですが6BQ5と12AU7と12AX7は行方不明なんで仕事のついでに秋葉原の専門店で新に購入しました。

ただ国産品はバカ高いので6BQ5のペアはロシア製のエレハモ製EL84で、12AX7も同じくロシアSOVTEK社製12AX7WA、12AU7はチェコのJJ社製のECC83Sにしました。

5 そんな真空管を全部並べて記念撮影♪

ナンデか真空管を見ると自然に顔が綻んで落ち着いた気分になっちゃうです。所で実は今回採用したタマで不思議が二つ。

一つ目はチェコ製のJJなる会社なんぞ全然知りませんでしがラジオセンターに有る馴染みのお店のおやぢ曰く「オススメの掘り出し物だよ!」との事ですしやたら安いので購入しましたが正体はどうやら旧Tesla社らしい事が判明。http://www.garrettaudio.com/Tube.html

それともう一つこのアンプを掃除していてスプリングエコーユニットの脇に謎の真空管が転がってました。

壁面を見ると「Fleetwood」と記されておるもののそんな会社は聞いた事も無く勿論買った覚えも無く一体何処からやって来たのは全く不明ながらプレート構造を見るに12AU7である事は間違い無さそうです。

 ううう・・・久々に熱くなってブログ書いちゃった。

 次回は全部真空管を指して大好きなヘフナー(モドキ)を繋いで音出しのつもりですがどうなりますやら??

でわ寝ます・・・・バタッ♪

|

« エバポOH完成とコンデンサの装着 | トップページ | エバとコンプの装着 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

人間味?のある配線ですねぇ(笑)
昭和50年頃、仕事でmade in U.S.Aの機械をさわる機会があったのですが、電装部がまさに写真のごとく何も考えずAとBを繋ぐとゆう配線に驚きました。
でも修理する時は日本的きれいに纏められた配線より判り易かったですね。

投稿: red117 | 2009年6月12日 (金) 18時22分

最近どうもTomさん見かけないと思ったら隠れて秘密工作に勤しんでたんですねえ・・・。
って、自ら公開しちゃって良いのぉ?(爆)

投稿: スギメチャ | 2009年6月13日 (土) 06時31分

スプリングエコー!!
なんて懐かしい機構でしょう。初めてこれを見た時はウソだろ・・・・とおもいました。
ギターアンプをお持ちと言うことはギターの演奏が出来るんですね。うらやましい。

投稿: 四方山果無 | 2009年6月13日 (土) 07時31分

A柳さん
>何も考えずAとBを繋ぐとゆう配線に驚きました
 無線屋に配線させると「二点間の最短距離」でやる人が多いですが、オーディオ屋さんにやらせると「芸術的」配線になっちゃうです。
 ワタシ二股なんでどっちつかずですけどね。
 それと!旧式の米国製無線機等は正に芸術的配線をしてましたがねぇ・・・元々アバウトな国民性ですもんね。

投稿: うんちく | 2009年6月13日 (土) 08時11分

おスギさん
>自ら公開しちゃって良いのぉ?
 おおお~~~ママ・・マズい!背後にポン子ちゃんが・・・写ってる訳無いって。
 所でTomくんは冬眠中です、起こしてきましょうか??テクテク

投稿: うんちく | 2009年6月13日 (土) 08時13分

四方山さん
>初めてこれを見た時はウソだろ
ですよね、奇想天外と言うか遅延かけるのにスプリングそのマンマ使うか?フツーって思いますもん。
 ラジオドラマの効果音では便所にスピーカー二個つけてエコーかけてたとか?聞いてます。

>ギターの演奏が出来るんですね
 出来ると言うて良いのやら?人様に聞かせるテクなんぞございませんで・・・

所で四方山さんなら文中のタマのラインナップ見ただけで回路図が目に浮かぶでしょぉぉ??
白状しなさい!

投稿: うんちく | 2009年6月13日 (土) 08時17分

>所で四方山さんなら文中のタマのラインナップ見ただけで
>回路図が目に浮かぶでしょぉぉ??
>白状しなさい!

もーお馴染みの球ばかりですね。全て使ったことあります。当時はアンプを作っては壊し、作っては壊し・・・要するに部品が高価で買えなかったので使い回ししていたんですね。アウトプットトランスなんてタンゴのプッシュプル用が1組あるだけだったもんね。我が家が裕福であれば当時の作品?が残っていたかもしれないけど・・・・無い方がよかったか・・・ハハ。

投稿: 四方山果無 | 2009年6月13日 (土) 20時03分

ヤフ○○見てたら、ジャンク特集
http://special.auctions.yahoo.co.jp/whatshot/other/junk_paradise/
ジャンクと言えば最近はうんちくさんが思い浮かびます。
そう言えばあのジャンクな真空管はどうなったの~?

投稿: neri e bianchi | 2009年6月13日 (土) 21時37分

股悪い癖でこんな時間に起きちゃった(涙)。
四方山さん
>全て使ったことあります
わははは♪でしょ?この後ワタシは6CA7と2A3の狭間を彷徨う事になります。
>タンゴのプッシュプル用が1組ある
 お~~!それがUシリーズならプロレタリアート認定ですがFWシリーズならブルジョアですな。
 てか??何書いてるか判るのは117関係者では四方山さん位?

>我が家が裕福であれば
 御意!「全部ビンボが悪いんやぁぁぁあ」(岡林風で)

投稿: うんちく | 2009年6月14日 (日) 03時47分

ぴあさん
>ジャンク特集
 すんません・・・モシモシ?午後9時前に寝て2時頃起きて1時間以上そのジャンク特集で時間浪費したじゃ無いですか(じゅるじゅる)

>ジャンクな真空管はどうなった
 おお~~!例のMIL規格のタマでせうな?
 手作り台座に乗せられてしっかりテレビの上でオブジェしとりますがな。
 アンプにするにはもう一本無きゃ・・え?買え?シクシク・・・「皆ビンボが悪いんやぁぁぁ」・・股始まった・・・

投稿: うんちく | 2009年6月14日 (日) 03時52分

今日は行かれなかったのですね。
昨日、これご覧になりましたか(^^?>多摩川上水
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/090613/index.html

投稿: gop | 2009年6月14日 (日) 09時56分

おぅ懐かしい型のアンプですな〜〜〜
うちに有ったのは、もう少し四角だったかな?でも友達が持っていた物と同じかも鴨彡(-_-;)彡

投稿: keme | 2009年6月14日 (日) 12時38分

書類を整理していたら某JR関係の広報誌(業界向けのね)要りますか?
ブログでも書きましたけど、必要でしたらご連絡ください。
あと、もう1件業務連絡がありますが、こちらはメールします。

投稿: neri e bianchi | 2009年6月19日 (金) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真空管のギターアンプをレストアする:

« エバポOH完成とコンデンサの装着 | トップページ | エバとコンプの装着 »